Aランク

高級ドッグフード「ジウィピーク」を徹底評価

更新日:

ジウィピーク

数あるドッグフードの中でも高級な部類に入る「ジウィピーク」。

お値段相応の価値があるのか気になりませんか?

愛犬の為に、良いドッグフードは与えたいけれど、失敗はしたくないですよね。

このページではジウィピークに高い金額を出す価値があるのか徹底的に評価していきます。

ジウィピークの評価

ジウィピークの評価

ジウィピークは「Aランク」です。

値段が高いだけあって、品質や材料は安心できるものばかりを使用していました。

しかし、ドッグフード選びにはコスパも重要です。

価格が高すぎ、普段メインで与えるには厳しいかなと感じましたので残念ながら「Aランク」となりました。

値段ではなく、質にこだわりのある方にはとてもおススメできるフードです。

では、「エアドライ・ドッグフード ベニソン」を例に、原料を詳しく解説していきますね。

原料について

原料について

ベニソンの原料名

生肉・内臓・魚介類…98%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉、ベニソンラング生肉、ベニソンレバー生肉、ベニソンキドニー生肉、ベニソンボーン、ニュージーランド緑イ貝)、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、海塩、パセリ、ミネラル類(重炭酸カリウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、セレン酵母、マンガンアミノ酸複合体)、ビタミン類(E、B1、D3、葉酸)、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

参照元:ZIWI(ジウィ)日本公式サイト

ベニソンの主原料

「エアドライ・ドッグフード ベニソン」では、メインのたんぱく質に鹿の生肉を使用しています。

「トライプ」や「ハート」と言われても、いまいちピンとこないかもしれませんので、念の為説明しますね。

  • トライプ・・・胃
  • ハート・・・心臓
  • ラング・・・肺
  • レバー・・・肝臓
  • キドニー・・・腎臓
  • ボーン・・・骨

赤身のお肉のほかに、内臓なども使用しています。

犬は本来肉食で、獲物の内臓から栄養を摂取してきました。

その点から、ジウィピークでは通常のお肉の他に「内臓」もバランスよく配合し、素材そのものから栄養がきちんと摂れるように配慮されているようです。

また鹿肉は「高たんぱく」「低カロリー」「鉄分やビタミンも豊富」に含まれています。

アレルギーを起こしづらいので、チキンやビーフにアレルギーのあるわんちゃんのアレルギー対策としても有効です。

緑イ貝(みどりいがい)

緑イ貝とはニュージーランドなどのきれいな海に生息する貝で、グルコサミン、コンドロイチン、オメガ3、オメガ6等が豊富に含まれています。

関節の治癒効果もあると言われているので、関節が気になるワンちゃんやシニア犬にもおススメです。

緑イ貝の犬用サプリメントも販売されているぐらいなので、とても良い食材であることが伺えますね。

参考:緑イ貝(ミドリイガイ)パウダー【ann.】

イヌリン

イヌリンは天然のオリゴ糖の一種で食物繊維の供給源。

食物繊維は以下の効果が期待できるので、少量の摂取は愛犬の健康に良いです。

  • 腸内をキレイに保ち、便秘を予防する
  • 腹持ちが良くなるため、食べ過ぎを防ぐ

また、イヌリンは、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、葉酸などの栄養素も豊富で、善玉大腸菌の活動をサポートしてくれるというメリットがあります。

参照元:乾燥チコリ根【UGpet.com】

気になった点

原料名を見てみると、不安な要素が一つもありませんでした。

お見事です。

続いては評価できる点を解説していきます。

評価出来る点

動物性たんぱく質98%

なんと、動物性たんぱく質が98%も占めています。

ほぼ「お肉」ですね。

残りの2%で、最低限の炭水化物やミネラル、ビタミン類を補い、バランスの取れた栄養食に整えています。

「え?たったの2%で?栄養が偏ってしまわない?」

と気になるかもしれませんが、ジウィピークは最高基準の国際業界規制及び基準(AAFCO, USFDA, NZMAF/NZFSA and EU)にきちんと沿って作られています。

参照元:ZIWI(ジウィ)日本公式サイト

動物性たんぱく質メインなので消化吸収にも期待が出来ますし、原料そのもので栄養を吸収できるように工夫されているので、愛犬に優しいドッグフードであると言えるでしょう。

穀類不使用

多くのドッグフードが、穀類などを使用しているのに対し、ジウィピークは穀類、豆類、芋類は一切使用していません。

食物アレルギーの心配が少なく安心できますね。

危険な添加物不使用

危険な添加物を一切使用していません。

酸化防止剤も天然のものを使用しているので安心して愛犬に与えることが出来ますね。

品質について

品質は間違いなく「良い」と言えるでしょう。

使用されている食材はすべて「ニュージーランド産」と公式ホームーページに明記されています。

ニュージーランド国内の家畜は、防疫管理と法規制が非常に厳しいため、疫病がありません。

それだけでも安心なのですが、更に、薬剤を使用せずに、自然放牧で育てている契約農場から仕入れた肉を使用しています。

私が一番感心したのは、「原材料の供給源をニュージーランドの牧草地と漁場まで追跡できる」との事。

これは本当に素晴らしいことですね。

通常、国や地方までしかわからないと思うのですが、きちんと管理されている証拠でしょう。

ジウィピークの価格・コスパ

ジウィピークは高級ドッグフードです。

その中でも、ベニソンが一番高い価格設定となっています。

もし、試してみたいけれど、「どうしてもこの価格に手が届かない!」という方は、ベニソン以外なら、まだ手が届きやすい価格となっていますので、そちらを選んでみてもいいかもしれません。

価格は高いが給与量は少ない

ベニソンの定価は「9,997円/㎏」です。

1㎏でこの値段はかなり高いですね。

ただ、ジウィピークは栄養が豊富であることから、給与量が通常のドッグフードに比べるとかなり少なめの設定になっています。(こんなに少なくて、足りるかなと不安になるぐらい少ないです。)

我が家の愛犬を例にあげると「5㎏で運動量が少なめ」なので給与量が「60g/日」です。

という事は、1日に換算すると

9,997円÷1,000g×60g=599.82円

約600円/日という計算になります。

購入を検討しているけれど価格が気になっている方は、ホームページに体重別の給与量が記載されているので、ご自分のワンちゃんに当てはめて計算してみてもいいかもしれませんね。

参照元:ZIWI(ジウィ)日本公式サイト

ただ若干心配なのは給与量がこんなに少ないとワンちゃんに満足感があるのかどうかという点ですね。

ベニソンが一番高い設定となっているので、ちょっと高すぎる!と感じた場合は、他のラインナップを検討するという手もありますよ。

では、ラインナップを紹介していきますね。

ラインナップ

ラム「6,701円(税込) /㎏」

羊肉をメインに使用しています。

高品質のたんぱく質と脂肪で、健康な脳と筋肉の働きを助けます。

ニュージーランドグラスフェッドビーフ「6,701円(税込) /㎏」

牧草牛を使用。

低脂肪、低コレステロールで、オメガ3脂肪酸、βカロチン、ビタミンC、E、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富です。

トライプ&ラム「6,701円(税込) /㎏」

羊肉をメインに使用。

グリーントライプ(生の漂白されていないトライプ)という、嗜好性が高く、消化しやすい食品を使用しています。

理想的なバランスでカルシウムとリンを摂取でき、たんぱく質、脂肪、酵素、ビタミン、善玉菌と一緒に働いて、消化と筋肉の健康維持を助けます。

ニュージーランドマッカロー&ラム「6,701円(税込) /㎏」

ニュージーランド近海で獲れる天然のサバを使用。

サバはフィッシュオイルが豊富で、嗜好性が高く、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸源が豊富なお魚です。

参照元:【ZIWI(ジウィ)日本公式サイト】

ラインナップを見ると、羊肉、鹿肉、魚肉を使用しているものが多く、アレルギーをお持ちのワンちゃんに配慮されたラインナップであると言えますね。

価格帯も、ベニソンに比べて約3,000円/kgほどお安くなっているので、こちらなら手が届く範囲かもしれませんね。

購入方法

これまでご紹介してきた金額は全て定価になりますが、Amazonや楽天で検索するともう少し価格を抑えて購入することも可能です。

ベニソンを例にあげると、定価では9,997円/㎏でしたが、検索すると「7,500円~9,000円前後」で購入可能なようでした。

購入の際は、価格や送料を比較検討して購入することをおススメします。

口コミ・評判

購入する上で、実際の口コミも重要ですよね。

いくつかご紹介していきますね。

今までで一番喜んで食べました。非常に高価だと思います。

常食は無理なのでフードに混ぜています。

引用元:エアドライ・ドッグフード ベニソン 【GREEN DOG】

こんなに食いつきのよいフードは今までありませんでした…!

かなりハイカロリーのため、1回の給餌量が多くないので、お腹減らないか心配でしたが、十分でした。

ただ、こんなに美味しいのに、残念な事が。愛犬はオナカが弱いので、肉類90%以上は胃腸に負担が大きかったみたいです。

オナカの弱い子、長期間食べている子は、ちょっと気をつけてあげてみてください。

商品そのものは、素晴らしいと思いますので、今後は、ご褒美に使おうと思います♪

引用元:エアドライ・ドッグフード ベニソン 【GREEN DOG】

2歳の我が家のワンコは、偏食でドライフード嫌いで、これまで様々な40数種類のフードを試してきましたが、何とか食べたのは3種類程度で、それでも1kg食べきる前にトッピングなしでは食べなくなります。

嫌いなフードは出しただけで玄関に逃げていくのはいつもの事。

胃液を吐いても2日間何も食べないこともしばしばで相当な頑固者でした。

それが、このジゥィピークはすごい勢いで食べます。トレイまで舐めます。

あれだけフードで苦労したのにジウィピークであっけなく解決しました。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

ジウィピーク、特にベニソンをよく食べる我が家の女子犬。ドライフードはまったく食べてくれなかったので、食べてくれるのはうれしい。

けど、もう少し安くなってくれたら、もっと喜べるのにな。

引用元:Amazonカスタマーレビュー

普段は手作りご飯ですが、お出かけに便利かと美味しそうで高額なのに興味があって購入。

こんなに脂肪含有率が高いのが気になります。

一回の量は少ないから思ったより回数多くはあげられそうです。

ですが食べた気がしないようですね。

引用元:Rakuten みんなのレビュー

美味しそう!

ドックフードというより、ジャーキーに近い匂いと見た目です。

我が家のキャバリアは、穀物アレルギーですが、何の問題もなく喜んで食べてくれます!

引用元:Rakuten みんなのレビュー

口コミを見て

口コミを見てみると、やはり動物性たんぱく質の量が圧倒的に多いせいか、食いつきに関しては文句なしのようですね。

しかし、やはり値段が高いと感じている方が多く、毎回ではなく、他のフードに混ぜたり、おやつとして与えてるなど、工夫されている方がいらっしゃいました。

私が不安に思っていた、給与量に関してですが「食べた気がしないようだ」との意見も見受けられましたが、ほとんどの方が問題はないようでした。

評判が良い

口コミを見る限り、圧倒的に食いつきに関してのものが多く、愛犬がこんなに喜んで食べてくれるのであれば、多少奮発してもいいかなという気になりますね!

悪い口コミがほとんどなかったので、実際に与えている方はみんな満足しているようでした。

やはり、高いだけのことはありますね。

まとめ

  • 原料は文句なし
  • 品質も安心・安全
  • アレルギーに配慮されたラインナップ
  • 価格がネック(ベニソンが一番高い)
  • 食いつきが良い

ジウィピークは、高いだけあって、品質や材料は最高級だという事がわかりました。

しかし、価格が高すぎるので普段メインで与えるには厳しいかもしれません。

毎回与えるのではなく、普段のフードに混ぜてみたり、おやつとして与えるという手もあります。

ワンちゃんの食いつきも良いようですし、

  • 値段は気にしない
  • 愛犬が喜ぶかどうかを重視する
  • 質が良いかどうかを重視する

という方にはおススメ出来るドッグフードであると言えるでしょう。

☞ ジウィピーク【Amazon】はコチラ

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.