Bランク ニュートロ

ニュートロ・ワイルドレシピ【ラム】の評判と原料を評価

投稿日:2018年6月26日 更新日:

ニュートロ・ワイルドレシピ【ラム】の評判と原料を評価

高タンパク・ グレインフリーが特徴のワイルドレシピ。

ビーフやターキーなど、味の種類がどんどん増えていることからも、人気のあるドッグフードであることが伺えますね!

このページでは、「ニュートロワイルドレシピ」が、本当に良いフードなのか、原料を徹底評価していきます。

口コミ・評判や、ニュートロのドッグフードの特長などもご紹介していきますので、

  • ワイルドレシピの購入を検討している方
  • ニュートロのどのシリーズを買おうか迷っている方

は、是非参考にしてください。

先にニュートロシリーズの特徴を見る☟(下へ飛びます)

ワイルドレシピの評価

ワイルドレシピの評価

商品名 ニュートロ ワイルドレシピ「超小型犬~小型犬用成犬用・ラム」
総合評価

Bランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【ドッグフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:ラム(肉)、チキンミール

その他原料:ビートパルプ、タンパク加水分解物

酸化防止剤:ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸

人工添加物: なし

「ニュートロ ワイルドレシピ 超小型犬~小型犬用成犬用 ラム」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 アメリカ
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・1,640円/800g
・2,512円/2kg
・4,429円/4kg
※全て税込、Amazonより
対応年齢 成犬用
販売元 マース ジャパン
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 プレミアムドッグフード成犬におすすめアレルギーに配慮グレインフリーラム(羊)肉

ニュートロ・ワイルドレシピの評価はBランクです。

高タンパク・グレインフリーで「犬に最適な栄養バランス」という点では高く評価が出来ます。

また、グレインフリーフードの中では価格も控えめなので、今までコストの問題でグレインフリーのドッグフードを試せなかった方でも試しやすいですね。

ですが、原料や品質にやや不安が残ります。

よってこの評価となりました。

当サイトで評価したドッグフードの全一覧

ワイルドレシピの原料について

今回は、ワイルドレシピ・ラム(成犬用)を例に詳しく解説していきます。

原料名

ラム(肉)、チキンミール、エンドウマメ、乾燥ポテト、鶏脂*、タピオカスターチ、フィッシュミール、ビートパルプ、アルファルファミール、鹿肉ミール、タンパク加水分解物、ターキーレバー、ポークハート、ポークキドニー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
*ミックストコフェロールで保存

引用元:ワイルドレシピ【ニュートロ公式サイト】

高たんぱく・グレインフリー

高たんぱく・グレインフリー
たんぱく質30%以上、グレインフリーで、本来肉食のワンちゃんに適した栄養バランスです。

消化しやすく、犬の体に負担がかからないので安心して与えられますね。

この点は高く評価できると言えるでしょう。

グレインフリーのフードのメリットを解説

主原料について

主原料は高品質なラム肉

ワイルドレシピ・ラムの第一主原料は「高品質なラム肉」です。

ヒューマングレードかどうかが分からない点がやや残念ではありますが、きちんとしたお肉が主原料なのは嬉しいポイントです。

複数のタンパク源を使用

「ラム肉」の他に「チキンミール」「フィッシュミール」「鹿肉ミール」「ポークハート」などの使用があります。

複数の動物性たんぱく質を使用しているので、嗜好性は高いかもしれませんが、特定のたんぱく源にアレルギーがあるワンちゃんには与えることは出来ません。

タンパク源を一つに絞っていないので、フードローテーションには取り入れづらいなと感じますね。

フードローテーションの種類とやり方を解説

フードローテーション3つのやり方と期間を徹底解説

ビートパルプ

ビートパルプ

ビートパルプにはうんちを固めてしまう作用があります。

うんちを固めてしまうことにより愛犬の健康状態がわからなくなってしまう可能性があるため、出来れば避けたい原料の1つです。

配合量が少ないため、かさ増し目的で使用しているわけではないと思いますが、やや不安が残ります。

タンパク加水分解物

ワイルドレシピでは、原料に「タンパク加水分解物」を使用しています。

「タンパク加水分解物」は小麦や肉などを原料とする食品の一種で、「うまみ」や「コク」を出すために使用されたりします。

製造方法によっては、発がん性物質が育成されると言われているため、使用して欲しくない原料の1つです。

参照元:タンパク加水分解物【Wikipedia】

原料の産地が不明

使用している原料の産地が明確ではありません。

ニュートロブランドの方針として、トサカや足などの「副産物」は使用していないそうですが、「高品質な原料を使用」というだけでは今いち安心しきれません。

せめて主原料の産地だけでも明確にしてほしいと感じました。

工場内の衛生面や品質管理は、公式サイトを見る限り悪くないようでした。

参照元①:マニフェスト【ニュートロ公式サイト】
参照元②:品質へのこだわり【ニュートロ公式サイト】

ワイルドレシピのラインナップを紹介

ワイルドレシピのラインナップを紹介
ワイルドレシピは、ドライフード5種類、ウェットフード4種類の味から選べるようになっています。

ドライフードのラインナップ

ラインナップ 主原料 その他の動物性たんぱく質の使用 アマゾン最安値(2kgあたり)
チキン チキン(肉) ターキーレバー、ポークハート他 ¥2,512
サーモン サーモン(すり身) チキンミール、フィッシュミール他 ¥2,512
ラム ラム(肉) チキンミール、フィッシュミール、鹿肉ミール他 ¥2,512
ターキー
※子犬用あり
ターキー(肉) チキンミール、ダック(肉)他 成犬用:¥3,400
子犬用:¥3,280
ビーフ ビーフ(肉) ポークミール、チキンミール、イノシシ(肉)他 ¥3,400

参照元:ワイルドレシピ【ニュートロ公式】

ワイルドレシピのドライフードは、全てのラインナップが、複数種類の動物性たんぱく質を使用しています。

嗜好性をあげるには良いですが、どのラインナップも、特定のお肉にアレルギーを持っているワンちゃんには与えづらいですね。

せっかく、穀類アレルギー対策に有効な、グレインフリードッグフードなので、タンパク源を絞ってくれたら使いやすいのになと感じました。

子犬用も新発売

ワイルドレシピに、子犬用の製品が発売されるようになりました。

味の種類はターキーのみですが、売れ行き次第では、子犬用の味のラインナップもどんどん増えていくかもしれませんね!

楽しみです。

ワイルドレシピ 子犬用の詳細を見る

「鹿肉」は販売終了

以前まではワイルドレシピに「鹿肉」のラインナップもあったのですが、廃盤になったようです。

ニュートロに問い合わせたところ、再販の予定はないそうです。

鹿肉も、口コミを見る限り、なかなか評判が良かったようなので残念ですね。

鹿肉ドッグフードのメリットとおすすめできる犬を解説

ウェットフードのラインナップ

ウェットフードのラインナップ
ウェットフードは

  • チキン
  • ターキー
  • ビーフ
  • ターキー&ラム

から選ぶことが出来ます。

参照元:ニュートロ ワイルドレシピウェット【PEPPY】

ウェットフードに関しては、ペットショップで「ビーフ」の試供品を貰ったことがあり、私も愛犬に与えたことがあります。

食いつきは、シュプレモのウェットフードより良く、ブッチドッグフードよりは劣るという感じでした!

ちなみに、価格はどの味も248円/100g(税込)です。

個人的には、定期便で¥1,263/800gで購入できる「ブッチ」をトッピングとして使用したほうが安心&お得かなと感じたため、ワイルドレシピのリピートはしていませんが、格別悪い印象はありませんでした。

ブッチドッグフードのレビュー記事はこちら

ブッチ『ドッグフード』の通販レビューと辛口評価

ニュートロ製品の紹介

ニュートロ製品の紹介
ニュートロ製品には「ワイルドレシピ」の他に、「シュプレモ」と「ナチュラルチョイス」があります。

それぞれの特徴をご紹介していきます。

シュプレモは野菜や果物が豊富

シュプレモの特徴は、野菜や果物を豊富に使用し、様々な食材からバランスよく栄養を摂れること。

素材同士の組み合わせで、栄養素を最大限に引き出すことが出来るように工夫して作られています。

2018年秋に、グレインフリーのラインナップも発売されたので、穀類の使用が気になる方にも対応可能になりました!

同価格帯のドッグフードに比べると安心して与えられるのが、シュプレモの魅力だと感じます。

シュプレモドッグフードの評価を知りたい方はこちら

ナチュラルチョイスは種類が豊富

ナチュラルチョイスは種類が豊富
「ワイルドレシピ」「シュプレモ」に比べてドライフードのラインナップが豊富なのが「ナチュラルチョイス」です。

体型やライフステージ別、食物アレルギーなどの悩みに配慮されたラインナップが充実しているので、愛犬に合わせて選びやすいのが魅力です。

シュプレモにはない「極小粒サイズ」もありますので、シュプレモだと粒が大きいと感じるワンちゃんにも与えられます。

ナチュラルチョイスとシュプレモは、似たようなタイプですのでどちらにするか迷う方が多いと思いますが、

  • 野菜や果物からバランスよく栄養を取らせたい場合は場合はシュプレモ
  • 極小粒サイズや食物アレルギーに配慮したい場合はナチュラルチョイス

というように選ぶと良いでしょう。

ナチュラルチョイスの評価を知りたい方はこちら

口コミ・評判

口コミ・評判
与えている方の口コミ・評判をいくつか抜粋してみました。

全体的には高評価な口コミが多かったです。

大型犬用がない

口コミにも書かれていましたが、ワイルドレシピは超小型犬~小型犬用ですので、体のサイズが大きいワンちゃんには対応していません。

実際に中型犬でも与えている方がいますので、特に問題はありませんが、粒のサイズが小さいので、お口の大きなワンちゃんは丸呑みしてしまうことになりそうですね(-_-;)

体のサイズに対応していないのが、ワイルドレシピの大きなマイナス点と言えるでしょう。

毛艶に効果あり

毛艶に効果あり

まず匂いがおいしそうなんです。

香ばしいお肉の香り。食いつきも良いです。

このシリーズをローテーションで4か月与えましたが、毛づやが格段に(最高に)良くなりました。

ツヤッツヤです。

引用元:毛づやが最高に良くなりました!【アマゾンカスタマーレビュー】

毛艶が良くなったという口コミが多く見受けられました。

たんぱく質が不足すると毛艶や毛並みが悪くなってしまいます。

高たんぱくのワイルドレシピを与えることで毛艶が良くなる可能性は大いにあるでしょう。

毛ツヤの改善方法を詳しく解説

涙やけにも効果あり

これだけでよく食べる。

チワワの涙やけが良くなってます。

引用元:食いつき抜群【アマゾンカスタマーレビュ】

涙やけに効果を感じたという声や、目やにが改善したという声もありました。

消化吸収しやすいドッグフードは、涙やけの改善に効果が期待できます。

ワイルドレシピは、グレインフリーで、消化吸収しづらい穀類が入っていないため、涙やけが改善したのかもしれませんね。

涙やけについて詳しくはこちら

食いつきよし

今まで軟便で回数も多かったのですが、便も健康な便になりました。

毛の艶もよくなり満足しています。

何より良いものを美味しそうに食べている愛犬の姿を見ていると幸せな気持ちになります。

引用元:【楽天みんなのレビュー】

食べ物を美味しそうに食べている愛犬の姿って、本当に幸せな気分になれますよね(*^^*)

ワイルドレシピの口コミでは、美味しそうに食べている、食いつきが良いという意見が多く見受けられました!

便に関してはビートパルプの影響で健康的に見えるということも考えられます。

ビートパルプ入りのドッグフードを与える際は、うんちだけで健康状態を判断しないようにしてくださいね。

まとめ

ワイルドレシピの一番の魅力は、高たんぱく・グレインフリーのドッグフードが安く購入出来るという点です。

しかし、使用している原料や、原料の産地が明確ではない点でやや不安が残ります。

決して悪いドッグフードではありませんが、値段相応のグレインフリーフードだなという印象でした。

品質が良いドッグフードのランキングはこちら

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Bランク, ニュートロ

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.