ドッグフードの選び方

シニア用おすすめドッグフード3つ・切替時期と選ぶポイント

投稿日:

シニア用ドッグフードへの切替時期と選ぶポイント5個

ペットショップのドッグフードやおやつコーナーに行くと良く見かける「7歳からの」という言葉。

「ドッグフードは7歳からシニア用に切り替えるもの」と思っている方も多いのではないでしょうか?

我が家の愛犬も昨年7歳を迎え、実際にシニア用フードへの切り替えを検討しました。

このページでは私の体験談を交え

  • いつからシニア用フードに切り替えるべきか
  • シニア用フードの選び方

を解説していきます。

シニア向けのおススメドッグフードもご紹介していきますので、愛犬がシニア期に突入し、フード選びに悩んでいる方は是非参考にしてください。

シニアに「おすすめドッグフード」に飛ぶ☟

シニア犬ドッグフードへの切替年齢

シニア犬ドッグフードへの切替年齢

何歳からがシニア犬?

環境省によると、ワンちゃんの「高齢期」とは、約7歳から8歳以降の時期を指します。

実際に、犬の年齢と人間の年齢を見比べてみましょう。

年齢換算表

参照元:飼い主のためのペットフード・ガイドライン【環境省】

成長の仕方は、体のサイズによって違い、

大型犬・・・成犬になるまでの成長は遅いが、老化が早い
小型・中型犬・・・成犬になるのは早いが老化が遅い

と言われています。

7歳の場合、大型犬で54歳、中・小型犬で44歳。

高齢というよりは、中年ですが、人間でも白髪が増えてきたり、四十肩、五十肩になってしまったり、老化を感じ始める年齢です。

女性なら特に共感していただけると思いますが、老化を感じ始めたらエイジングケアに取り組みたいものですものね。

シニア犬用のフードが「7歳から」となっているのも、納得です。

ちなみに、愛犬の年齢が表の中にない場合、以下の計算式で計算できますよ。

大型犬・・・12+(犬の年齢-1)×7
中型・小型犬・・・24+(犬の年齢-2)×4

参照元:犬の年齢計算式|Q&A【京都中央動物病院】

年齢はあくまで1つの目安

平均寿命は延びている

約7歳からシニア世代に突入することがわかりましたが、実際にシニア用ドッグフードへの切り替え時期が気になりますよね?

実は切り替え時期には、正解というものがありません。

人間と同じように、犬の老化のスピードも個々によって違います。

「○歳になったから」と言って切り替えるのではなく、愛犬の様子を観察しながら切り替えるべきだと言えるでしょう。

私は、愛犬が7歳になった時に「シニア用に切り替えなきゃ」と焦り、ドッグフードの販売・アドバイスの仕事に就いている友人に相談しました。

ところが、その友人が進めてくれたドッグフードはなんと「成犬用」でした。

そのドッグフードメーカーにはシニア用が販売されているのにも関わらずです。

私「あれ、うちの子7歳だけど、シニア用じゃなくていいの?」

友人「特に、運動量が落ちたとか、太ったとか感じてないんでしょう?なら無理にシニア用にしなくて大丈夫。年齢はあくまでも目安だから。」

私「じゃあ、そういう症状を感じてからでいいの?」

友人「うん。けど、質の悪いドッグフードだと、老化を早めちゃう可能性もあるから、歳とってきたら質は考えてあげたほうがいいけどね。」

私「へ~」

・・・という事で、私は、現在8歳の愛犬に、成犬用のドッグフードを与えています。

けれど、高品質なたんぱく質が主原料のドッグフードを選んでいます。

「何歳になったから」という理由で切り替える必要はありません。

私のようにマジメな人ほど(笑)焦って考えがちですが、焦る必要はないですよ(^_-)-☆

  • 毛並みが悪くなってきた気がする
  • 食欲が落ちて来た
  • 太ってきた
  • 食べづらそうにしている

など愛犬の変化を感じたら、徐々にシニア用のフードに切り替えていくと良いでしょう。

ただし、今現在穀物メインのドッグフードや激安フードを与えている方は、老化現象を遅らせるためにも、少しずつ、高品質なフードへ切り替えてもいいかもしれませんね。

シニア犬ドッグフードの5つの選び方

シニア犬ドッグフードの選び方

シニア犬には一体どのようなドッグフードを選ぶべきでしょうか。

ここでは、シニア用フードを選ぶ5つのポイントを解説していきます。

1.シニア犬にもたんぱく質は必要

一般的にシニア用ドッグフードというと腎臓を保護する為に「低たんぱく」となっていることが多いです。

「高たんぱく食は腎臓に負担をかける」というイメージがあるかもしれませんが、それは健康なワンちゃんには当てはまりません。

シニア犬でも、人間の約4倍のたんぱく質が必要なことに変わりはなく、むしろたんぱく質不足になると、衰えた筋肉すら保てなくります。

たんぱく質の「量」を気にするよりも、「質」に重点を置きましょう。

良質なたんぱく質を使用しているドッグフードは、消化吸収にも優れているので体への負担が少ないです。

愛犬の腎臓に病気があり、獣医さんからたんぱく質量の制限を受けていないのであれば、高品質なたんぱく質を主原料にしているドッグフードを選ぶべきだと考えます。

参照元:老犬に与えるべき食事【松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ】

2.低カロリーのフードを選ぶ

2.低カロリーのフードを選ぶ

高齢になると、ワンちゃんは基礎代謝が落ちてくるだけでなく、運動量が減ってしまう為、若い頃と同じようなカロリーを摂取していると肥満の原因に。

人間同様、太りすぎてしまうと、足腰に負担をかけるのはもちろん、肺や心臓にも負担をかけてしまいます。

日々の食事でカロリーを摂りすぎないように、十分に気を付けてあげてくださいね。

低カロリーが良いとはいえ、脂肪分が少なすぎると、皮膚や毛づやが悪くなってしまいますので、質の良い脂肪を適度に含んでいるものを選びましょう。

3.抗酸化作用のあるフードを選ぶ

老化の原因の1つに「活性酸素」というものがあります。

活性酸素は老化だけでなく

  • ガン
  • 生活習慣病
  • 白内障
  • 関節炎
  • 認知症

といった様々な病気の引き金にもなり得ます。

元々ワンちゃんにも人間同様、「活性酸素」を抑えるための「抗酸化酵素」が備わっているのですが、年齢とともに徐々に減少してしまいますので、シニア犬は、食物から積極的に抗酸化成分を摂り入れることが必要なのです。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化成分を多く含む食材を使用しているドッグフードを選ぶと良いですね。

4.食べやすいフードを選ぶ

4.食べやすいフードを選ぶ

高齢になると、歯が弱くなってしまい、ドライフードを嫌がることがあります。

食欲が衰えると、一気に弱ってしまいますので、フードをふやかしたりして与えたりするなどと工夫が必要になります。

ドライフードなら愛犬が食べやすい、小粒のものを選びましょう。

ウエットフードを取り入れるのも良いですね。

食べやすいドッグフードを選ぶのはもちろんですが、食器を食べやすい高さにしてあげると尚良し!です。

5.食物繊維も必要

シニア犬になると、腸の運動能力も衰えてくるため、便秘になりやすくなります。

食物繊維には、腸の掃除をしてくれるという効果も期待できますので、シニアには適度に食物繊維が入ったドッグフードを選ぶと良いでしょう。

おすすめ「シニア向けドッグフード」3選

私が色々調べて検討した結果、シニア犬におススメ出来ると感じた「高品質のたんぱく質」がメインのドッグフードを紹介します♪

全てこのサイトでS評価を付けているドッグフードですので、安心して与えることが出来ます。

シニアに突入したけど、まだまだ若い!というワンちゃんにもピッタリですのでドッグフードを選ぶ参考にしてください。

1.馬肉自然づくり

1.馬肉自然づくり

馬肉メインのドッグフードは、高タンパク、低カロリーなのでシニア犬にオススメです。

馬肉自然づくりは、シニア犬でも食べやすい小粒サイズですし、穀類(食物繊維)も適度に使用しています。

ポリフェノールを含む黒豆も配合されていますので抗酸化作用も期待できるでしょう。

実際に愛犬に与えてみて、馬油効果なのか、愛犬の毛艶が良くなりました。

毛並みが悪くなったと感じるシニア犬に特におススメです。

馬肉自然づくりのレビュー記事はこちら。
動画レビュー有、馬肉自然づくりの口コミ・評判まとめ

2.モグワン

2.モグワン

モグワンに使用されているサーモンには、抗酸化力の高いアスタキサンチンや、老犬のボケ防止にも効果的なDHA、EPAが含まれています。

その他、リンゴやベリーにも抗酸化作用がありますし、関節に優しいグルコサミンやコンドロイチンまで入っています。

シニア犬に優しい原料が豊富に使用されていますね。

よく「モグワン」と比較検討される「カナガン」も原料自体は良かったのですが、今回はシニア犬向けという事で、

  • カナガン・・・脂質17%
  • モグワン・・・脂質12%

という点でヘルシーなモグワンの勝利です!

シニア犬をバランスよくサポート出来るドッグフードだと感じました。

モグワンのレビュー記事はこちら。
モグワンと激安ドッグフード食べ比べ【口コミ評判は無視】

3.ブッチ

3.ブッチ

食べやすさと食いつきではダントツでおススメのブッチ。

高タンパク、低カロリーで、穀類(食物繊維)も適度に使用しています。

なんといっても、使用している原料がニュージーランド産なので安心・安全です。

食欲がなかったり、ドライフードを食べづらそうにしているシニア犬におススメです。

ブッチのレビュー記事はこちら。
ブッチ『ドッグフード』の通販レビューと辛口評価

まとめ

ドッグフードをシニア用に切り替えるのに決まった年齢はありません。

愛犬の様々な体の変化を見逃さず、体の変化に合わせて「高品質なたんぱく質」を含むドッグフードを選んであげましょう。

老化現象を緩やかにするために、抗酸化成分を含むフードも効果的です。

月日が経つのは早いもの。

まだまだ子供だと思っていた愛犬もあっという間にシニア犬になります。

大切な家族だからこそ、質の良いフードを与えて、元気に歳を重ねていってもらいたいものですね。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.