Aランク

セレクトバランス「ラム・チキン」の原料・口コミを解説

投稿日:2018年6月11日 更新日:

セレクトバランス「ラム・チキン」の原料・口コミを解説

セレクトバランスは主原料が「ラム」と「チキン」の2種類から選べるプレミアムドッグフードです。

原産国はアメリカですが、日本に住むワンちゃんに合わせて作られています。

「日本の犬に合わせて」と聞くと、何となく安心、安全なイメージが持てますが、本当に良いドッグフードなのでしょうか?

セレクトバランスの「ラム」「チキン」それぞれの原料を評価してみたいと思います!

口コミ、評判もご紹介していきますので購入の参考にどうぞ。

セレクトバランスの総合評価

セレクトバランスの総合評価

セレクトバランスはAランクです。

「肉」が主原料で、ヒューマングレードの原料を使用しているため、品質としては悪くないと感じました。

ラインナップの全てが、ライフステージや体型に合わせて「ラム」と「チキン」から選べる点では高く評価が出来ます。

しかし、穀類の使用が多めでしたので、この評価となりました。

当サイトおすすめのドッグフード【全一覧】

セレクトバランス・ラムの原材料を評価

セレクトバランス・ラムの原材料を評価

セレクトバランス「アダルトラム」の原料を見たところ、栄養素の添加が多い点や多くの穀類の使用が気になリました。

早速見ていきましょう。

原料名

ラム、玄米、米、ビートパルプ、鶏脂、エンドウ豆プロテイン、チキンエキス、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

引用元:アダルトラム【株式会社 ベッツ・チョイス・ジャパン】

気になる3点

気になる3点

1.栄養添加物が多い

原料を見ると、ビタミン類やミネラル類の栄養添加物が多く使用されています。

本当に良いフードは栄養添加物の使用がほとんどなく、野菜や果物を使用し栄養バランスを整えています。

ところが、セレクトバランスでは、野菜や果物の使用はえんどう豆とクランベリーのみ。

アレルギーに配慮しているシリーズだから、敢えて原料をシンプルにしているのかな?と思ったのですが、そういうわけではなさそうでした。

なぜなら、セレクトバランスのチキンシリーズも同様に野菜や果物の使用がほとんどなかったからです。

チキンの原料については後ほど詳しく後述します。

栄養添加物の使用が全くないドッグフードの例はこちら

2.穀類が多い

セレクトバランスは、玄米、米などの穀類の使用が多めです。

犬は本来肉食ですので、穀類よりも「動物性たんぱく質」の方が消化吸収しやすい体のつくりになっています。

アレルギーを起こしやすいと言われている「小麦」や「トウモロコシ」を使用していない点では評価出来ますが、若干穀類の配合量が多すぎる気がします。

3.ビートパルプ

ビートパルプの使用があります。

配合量が多めですので、カサ増しの為に使用しているということも考えられますね。

ビートパルプ自体は、体に害があるわけではなく、腸を掃除してくれるメリットがあります。

その反面、うんちを固めてしまう作用があり、便秘を引き起こす可能性があります。

うんちを固めてしまうと、愛犬の健康状態がわからなくなってしまう恐れがありますので、個人的には入っていない方が良いなと感じる原料です。

評価出来る4点

評価出来る4点

1.肉がメイン

セレクトバランスは主原料が肉です。

ドッグフードを選ぶ上で、病気など特別な理由がない限り、第一主原料は良質な肉であることが好ましいです。

その点、セレクトバランス「アダルトラム」は良質なラム肉を主原料としており、主原料としては全く問題ありません。

2.品質は良い

公式サイトによると、セレクトバランスに使用される原料は、すべてが人間が食べることが出来るレベルとのこと。

副産物なども使用していません。

「チキンミール」の表記がありますが、心配しなくて良さそうですね。

「品質」に関しては安心して良いでしょう。

参照元:セレクトバランスとは【株式会社 ベッツ・チョイス・ジャパン】

3.合成添加物の使用なし

合成酸化防止剤の使用がないので、安心して与えることが出来ます。

香料や着色料も使用していません。

4.アレルギーに配慮

セレクトバランス・ラムに関してはアレルギーを起こしやすいと言われる原料は不使用です。

「ラム肉」メインですので、フードローテーションとしても取り入れやすいのではないでしょうか。

フードローテーションの方法はこちら

セレクトバランス・チキンの原材料を評価

セレクトバランス・チキンの原材料を評価
セレクトバランス「アダルトチキン」の原料を見てみると、「ラム」に比べてアレルギーを起こしやすい原料が多く使用されていることが気になりました。

評価としては正直なところ、「アダルトラム」よりも劣るかなという感じ。

詳しく見ていきましょう。

原料名

チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、鶏脂、ビートパルプ、チキンエキス、乾燥卵、キャノーラ油、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

引用元:アダルトチキン【株式会社 ベッツ・チョイス・ジャパン】

気になる2点

気になる2点

1.アレルギーを起こしやすい原料

セレクトバランス「アダルトチキン」を見てみると、第2主原料がとうもろこしです。

そしてもう1つ、カタカナで記載されていてうっかり見逃すところでしたが、「ソイビーン」は大豆です。

犬がアレルギーを起こしやすいと言われる食材を2つも使用していますので、アレルギーが心配な方は避けておいたほうが良さそうです。

残念ながらセレクトバランス・チキンは全くアレルギーには配慮されていないようです。

2.その他気になる点

「ラム」シリーズ同様、野菜や果物の使用は少量で、ビタミンやミネラルの添加が目立ちます。

ビートパルプや穀類の使用も気になります。

アレルギーを起こしやすい原料を使用している分、「アダルトチキン」の方が「アダルトラム」よりも劣るかなという印象を受けました。

評価できる点

アダルトラム同様、

  • 危険な添加物の使用がない
  • 原材料の品質

に関しては安心できると感じました!

ラインナップと価格について

ラインナップと価格について

ライフステージ等 商品名 アマゾン最安値
(1kg入りの価格)
子犬
妊娠・授乳期の母犬
パピーチキン ¥1,620
パピーラム ¥1,782
成犬 アダルトチキン ¥1,512
アダルトラム ¥1,620
老犬 シニアチキン ¥1,512
シニアラム ¥1,620
肥満が気になる成犬
運動不足の成犬
ライトチキン ¥1,512
ライトラム ¥1,620

参照元:アマゾン

主原料を選べるラインナップ

子犬~成犬、体重管理など、愛犬の「ライフステージ」や「体型」に合わせて「ラム」と「チキン」の主原料から選べるようになっています。

どれを選べばよいのかがわかりやすいため、選びやすいラインナップですね。

価格について

価格について

公式サイトに価格の記載がなかったため、アマゾン最安値を抜粋しましたが、価格としては高くもなく、安くもなく・・・といったところでしょうか。

若干ラムのほうが金額が高めですが、どちらもプレミアムフードにしては手の届きやすい価格だと思います。

だけど、ドッグフードに1,500円以上出せるのであれば、もう少し金額を足して、もっと安心して与えられるフードを選ぶという手もあります。

一例をあげると、当サイトでも人気の高いカナガンなどは、定期コースで注文すれば3,564円(税抜)/2kgで購入できます。

1kgあたり、約1,782円です。

消費税を考慮しても、そこまで差がありませんよね。

ですので、そこそこの価格を出すのであれば、もう少し色々なフードを探してみることをオススメします。

当サイトで人気のカナガンのレビュー記事はこちら

セレクトバランスの口コミ・評判

セレクトバランスの口コミ・評判

子犬の頃から使用している

ブリーダーさんからの勧めで最初から利用しています。

10ヶ月になるので、次回からはアダルトを購入予定。

近くのお店には売っていないので助かります。

引用元:リピートしてます【アマゾンカスタマーレビュー】

口コミを見ると、ペットショップやブリーダーさんから愛犬を譲り受ける際におすすめされ、それから長期的に使用しているという方が多いように感じました。

生まれたときから同じフードを食べ続けさせていると、安心な気持ちはよくわかります。

けれど、そのドッグフードしか食べられない子に育ってしまうのはあまり好ましくないと私は思います。

いざというときの為に備えて、日頃から何でも食べられるようにしておくことは、我々飼い主はもちろん、愛犬のためにも必要ではないでしょうか?

たまには違うドッグフードも視野に入れてみてほしいと感じました。

好き嫌いが分かれる

好き嫌いが分かれる

子犬のころは子犬用を食べていたのでアダルトに切り替えたのですが、なぜか全く食べませんでした。

健康で毛並みも良く、いい商品だと思っていたのに食べないのでは仕方ありません。

残念です。

引用元:柴好き【アマゾンカスタマーレビュー】

食べやすく、お気に入りのフードです!

これからもセレクトバランス!

引用元:ずっとコレ!【楽天みんなのレビュー】

ワンちゃんによって、好き嫌いが分かれるようです。

どちらかといえば「食いつきが良い」という意見が多かったですが、中には「全く食べない」という方もいたので、不安な方は一度サンプルを使用してみると良いかもしれません。

まとめ

セレクトバランスはプレミアムフードとしては比較的安価で手が届きやすいドッグフードですが、原料を見る限り、積極的に愛犬に与えたいと思えるフードではありませんでした。

品質自体は悪くないので、もう少し栄養素の添加や、穀類の使用が少なくなれば与えやすいのになと感じました。

もし、セレクトバランスでラムとチキンのどちらが良いか?と聞かれたら、間違いなくラムを選ぶことをオススメします。

しかし、ラム肉メインのドッグフードを探すのであれば、もう少し価格を足してでも、当サイトSランクのアランズナチュラルドッグフードのほうが良いでしょう。

アランズナチュラルドッグフードのレビュー記事はこちら

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.