Aランク

グレインフリードッグフード「リガロ」を評価【評判・口コミ】

投稿日:2018年2月12日 更新日:

グレインフリードッグフード「リガロ」を評価【評判・口コミ】

リガロ(RIGALO)はグレインフリーが特徴のアメリカ産のドッグフードです。

公式サイトを見る限り、消化や吸収に配慮された犬に優しいドッグフードなのかなという印象を受けます。

しかし、本当に安心、安全なドッグフードなのでしょうか?

このページでは、リガロの原料評価、口コミや評判を解説します。

リガロの評価

リガロの評価

リガロはAランクです。

グレインフリーで犬のアレルギーに配慮されている点や、生肉が主原料で、副産物などを一切使用していない点はかなりの高ポイントです。

比較的安心して与えられるドッグフードだと感じました。

しかし、ヒューマングレード(人間でも食べることが出来る原料をつかっている)かわからない点が残念でした。

リガロ「ラム」原料を解説

今回はリガロのラインナップのうち、「ラム」の原料を例に解説していきます。

ラム生肉、乾燥サーモン、エンドウマメプロテイン、乾燥ラム、乾燥エンドウマメ、赤レンズマメ、乾燥ヒヨコマメ、乾燥ジャガイモ、天然フレーバー、ヒマワリ油*、乾燥トマト繊維、乾燥サツマイモ、乾燥ビール酵母、挽き割りフラックスシード、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、タウリン、乳酸、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ユッカフォーム抽出物、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(塩化コリン、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸)、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、糸状菌、枯草菌)*ミックストコフェロールで保存

引用元:原材料【リガロ公式サイト】

アレルギーに配慮

アレルギーに配慮

グレインフリー

穀類は、本来肉食の犬にとって消化し辛いだけではなく、アレルギーを起こしやすい原料でもあります。

リガロは「小麦」や「とうもろこし」などの穀物を一切使用していないので、消化に優しいのはもちろん、アレルギーの心配が少ないので安心して与えることが出来ます。

グレインフリーのドッグフードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事に詳細が載っていますので良かったら読んでみてくださいね☟

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

たんぱく源の種類を絞っている

「ラム」の第2主原料に乾燥サーモンが入ってしまっていますが「ターキー」と「フィッシュ」は「ターキー生肉」「ホワイトフィッシュ生肉」が原料です。

・ラム:ラム生肉、乾燥サーモン
・ターキー:ターキー生肉
・フィッシュ:ホワイトフィッシュ生肉

肉の種類を絞り「単一たんぱく源」とすることで、万が一アレルギーになった場合でも原因を特定しやすいため、アレルギーに配慮されたドッグフードだと言えるでしょう。

参照元:商品ラインアップ【リガロ公式サイト】

品質について

副産物の使用はなし

リガロは主原料に良質な生肉を使用していますが、それ以外に乾燥ラム等の「乾燥肉」も使用しています。

乾燥肉とは、肉を乾燥させ、粉状にしたものです。

ドッグフードに含まれる「粉状」のものはどこの部位を使用しているのかわからない粗悪なものが多く、基本的に不安な原料の1つです。

しかし、リガロで使用されている乾燥肉に関しては

「内臓など副産物は含まれていない、安全性の高い可食部を使用している」

と公式サイトに明記されていました。

その言葉を信用するならば安心だといえるでしょう。

参照元:乾燥ラム、乾燥ターキー、乾燥ホワイトフィッシュの乾燥とはどいう意味ですか?【リガロ公式サイト】

中国産の原料の使用はなし

原料は、主にアメリカ産のものを使用しているようですが、ラムはオーストラリア・ニュージーランドより輸入しています。

ニュージーランドなどは特に、畜産物に関しての規制も厳しく、ラム肉の質に関してはかなり安心できる気がします。

野菜類など、他の国からの輸入で補う場合もあるようですが、中国産は使用していないとの事だったので、そこまで心配する必要はないでしょう。

参照元:製造国はアメリカですが、原材料もアメリカ産ですか?【リガロ公式サイト】

ヒューマングレードなのかは不明

原料の品質に関しては、良さそうでしたが「人が食べられるレベル」のものかどうかは不明です。

そこまで明記してくれていれば、安心して私も食べれるのにな。と思いました(笑)

リガロのラインナップと価格

ラインナップと価格について

価格は高め

リガロは「ラム」「 ターキー 」「フィッシュ」の3種類のたんぱく源から選ぶことが出来ます。

前述したように、ターキーとフィッシュに関しては単一たんぱく源となっており、よりアレルギーに配慮されたフードになっています。

それぞれの価格は、以下の通りです。

たんぱく源の種類 価格(税抜)
ラム 2,200円/900g
ターキー 2,200円/900g
フィッシュ 2,000円/900g

ラインナップの中では、「フィッシュ」が若干安めとはなっていますが、全体的に見ると、ドッグフードとしては、やや高めの部類に入るでしょう。

参照元:商品ラインアップ【リガロ公式サイト】

返金制度あり

万が一愛犬に合わなかった場合、返金制度を利用することができます。

但し「900g」の商品であること、半分以上残っていることが条件です。

また、ネット通販やその他通販での購入は対象外となってしまうようなので、初めて購入する場合は、よく確認してからのほうが良いでしょう。

公式ホームページからサンプルも取り寄せが出来るようなので、サンプルと返金制度を上手に活用すると良いですね。

参照元:RIGALO おいしさ保証返金申込書【リガロ公式サイト】

口コミ・評判

口コミ・評判

原料を見る限り、なかなか良さそうなリガロですが、実際に使用している方は満足しているのでしょうか?

いくつか口コミをご紹介していきますね。

ワンコにもなるべく長く、元気で居てほしいとともに、なるべく美味しいものを食べさせたいとも思いました。

価格が価格なので、リピートは悩んでますけど、とりあえず黙々と食べてくれます。

美味しい?と聞いても、黙々と食べてます、

それが返事ということでしょう。

引用元:黙々と食べます【Amazon カスタマーレビュー】

ウチのワンコは今まで、肉味のカリカリしか食べたことがなかったのでこれを与える時どのような反応を示すか不安でしたが、まず匂いをかいだ瞬間からとても興奮し始めました。

お皿にいれて実際に与えてみると、今まで以上の食欲でガツガツ食べ始めました。

その後、味と匂いが気に入ったのか皿をずっと舐め続けていました。

肉食ワンコにも絶対に気に入る餌だと思います。

また超高タンパクで低GIなので肥満気味のワンコのダイエット食としてもいいと思います。

引用元:肉しか食べたことないうちのワンコが【Amazon カスタマーレビュー】

犬の祖先であるオオカミは肉食であるので、犬も穀物の消化が不得意なのだそうだ、ということで、ラムとターキーが中心で、小麦などの穀物でなく、消化の良い豆類を使っているとのこと。

確かに肉の量が多いようで、普段にも増して食いつきがよい。

ただ1キロだと10日間ぐらいしか持たない。

プレミアムフードなので高いのはある程度は仕方がないが、せめて半月ぐらいもつ量(1.5キロ~2キロ)で同じぐらいの値段にしてほしい。

品質は良いだけに、もう少し安いとベストだと思う。

引用元:食いつきは最高。品質も良いが、もう少し安いとベスト。【Amazon カスタマーレビュー】

老いた小型犬がこのカリカリを楽しみにしています。

同時期に買った別の商品を出すとあきらかに「チガウ?!」とがっかりした顔。

毛艶もよくなり、おなかも調子も安定しています。

少しお高めな気もしますが、もっと高価なものと比べても引けを取らない優良フードだと思います。

引用元:犬が待ちかまえてます【Amazon カスタマーレビュー】

リピーターです。我が家の柴犬は、便が柔らかだったのですが、このフードに変えて、とても良い便になりました、

引用元:【Rakutenみんなのレビュー】

Mダックス 6歳を飼っていますが、ある日突然嘔吐と下痢を繰り返すようになり、病院で検査してもらった結果、アレルギーによる腸炎になっているとのこと、それから色んなアレルギー食を試してみましたが、このリガロにしてからは、食いつきもよく、体調を崩す事もなくなりました。

値段が高いのが痛いですが、わんこの健康には変えられません。

味を変えてみても食いつきは全ていいです。

これからも食べ続けさせてあげたいと思います。

引用元:アレルギーもちにはオススメ【Rakutenみんなのレビュー】

とても美味しそうに食べてくれますが、少量にしないとうんちが緩くなります。

なのでご褒美として日々のおやつとして与えています。それで問題はありません。

引用元:試供品で頂いて【Rakutenみんなのレビュー】

4歳のマルチーズです。 最初からトッピング無しで食べてくれました。

涙も少なくなり、涙焼けの改善に期待してます。

引用元:プレミアムキッチンリガロ フィッシュ【ペット用品通販 ペピイ】

評判良し

口コミを見る限り、かなり評判は良いようです。

食いつきが良いとの意見が多かったです。

中でも「フィッシュ」は人気があるようで、口コミがたくさん見つかりました!

フィッシュが単一主原料のドッグフードはあまり数が多くないので、フィッシュに挑戦してみたい方には、原料的にも安心で良いのかもしれませんね。

悪い口コミとしては価格が高い、ウンチが緩くなったという意見がありました。

価格に関しては確かに高いので納得ですね。

ウンチが緩くなったのは、もしかしたら高たんぱくのドッグフードなので、胃腸がびっくりしてしまっているのかもしれませんね。

切り替える時は、便の様子はきちんと確認したほうが良さそうです。

涙やけにも効果が期待できる

もう一つ、涙が少なくなったので涙やけに期待しているという意見がありました!

消化吸収に優れているフードは涙やけにも効果的と言われています。

消化吸収率の良いフードにする事で、涙に含まれる老廃物を減らす事ができ、鼻涙管の詰まりを軽減することができるからです。

リガロは、以前こちらのサイトでも評価したことのあるソルビダと同じ会社が取り扱いをしています。

ソルビダも消化吸収に優れた質の良いチキンが主原料で、涙やけに効果がありそうだったのですが、リガロもなかなか期待できそうですね。

ソルビダに興味がある方はこちらの記事も参考にどうぞ☟
ソルビダ・ドッグフードを徹底評価、涙やけ・口コミ・評判

まとめ

リガロはホームページの内容を信じるのならば

  • グレインフリーなのでアレルギーの心配が少ない
  • たんぱく源を絞っているのでアレルギーの特定がしやすい
  • 高品質で安心、安全

なドッグフードでした。

ヒューマングレードかどうかわからなかった点は残念でしたが、食いつきも良いようですし、涙やけへの効果も期待できそうですので、総合的に判断して優れたドッグフードであると言えるでしょう。

フードローテーションを始めてみようと考えた方は、メリットデメリットを良く理解した上で、愛犬の体を第1に考えて、くれぐれも慎重に行ってくださいね!

フードローテーションをするのであれば、こちらのドッグフードもオススメですよ♪
おすすめ!ドッグフードランキング

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.