Cランク

プロマネージを調査!原材料と評判や犬種別の違いについて

投稿日:2017年10月25日 更新日:

プロマネージを調査!原材料と評判や犬種別の違いについて

トイプードルやチワワ用など、犬種別シリーズを販売しているドッグフード「プロマネージ」。

  • フードの原材料の安全性はどうなのか?
  • 犬種別シリーズってそもそも何が違うのか?
  • 実際に使っているヒトの口コミや評判はどうなの?

を徹底評価したいと思います!

プロマネージの原材料を評価

プロマネージ

プロマネージの評価はCランクです。

穀類がメインに使用されており、避けたほうが良いといわれる不安な原料を多く使用しています。

愛犬に与えるには不安が残るため、この評価となりました。

「プロマネージ 室内犬用」を元に解説をします。

当サイトで評価したドッグフード【全一覧】

原材料名

米、さとうもろこし、ターキー、チキンエキス、鶏脂、シュガービートパルプ、サンフラワーオイル、フラクトオリゴ糖、トマトパウダー、マリーゴールド、ベータカロテン、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

引用元:室内犬用|目的から探す(一覧)|高品質・高機能 ドッグフード プロマネージ

保証成分値
タンパク質: 20.5%以上、脂質: 12.0%以上、粗繊維: 2.5%以下、灰分: 9.0%以下、水分: 9.5%以下

米
プロマネージは、米の含有量が一番多いです。

犬は本来肉食動物ですので、穀類よりも動物性たんぱく質のほうが消化吸収しやすいと言われています。

何故こんなに米が?と考えると、おそらくかさ増し目的でしょう。

肉類を多く使用するとコストがかかりますから、安い原材料を使用し、コストダウンし、利益率をあげています。

さとうもろこし

「さとうもろこし」もかさ増し目的で添加されることの多い原材料です。

私達人間がトウモロコシを消化しづらい様に、犬もトウモロコシを消化するのは苦手です。

プロマネージの主原料は米とさとうもろこしといった穀類がメイン。

穀類メインのドッグフードは消化しづらいだけでなく、太る原因や、アレルギーの原因にもなりますので、注意が必要です。

穀類の危険性とグレインフリーについて

STPP(トリポリリン酸塩)

STPP(トリポリリン酸塩)

トリポポリン酸塩という食品添加物のことです。

粘度を増したり、脂を乳化して混ざりやすくする乳化剤として添加されます。

人の食品にも、ハムやソーセージなどの加工製品等に添加されることもあります。

しかし、このトリポポリン酸塩は中国で製造されているものも多いんです。

化学添加物である上に中国で合成された製剤の可能性がある…

不安は拭いきれませんよね。

この間テレビを付けたら、STPPの特集をしてたので、つい見てしまいました...

酸化防止剤

BHAやBHTは昭和時代に発がん性が疑問視された添加物です。

しかし近年その発がん性は、明確に確認できないと訂正されています。

BHAやBHTよりも発がん性があると確認されている天然成分が現在何種類かあり、それらを私たちは通常の生活の中で摂取してしまっています。

ですので、絶対に入っていてはいけない!という添加物ではないですが…

私達より体の小さいワンちゃんにとっては負担が大きいですし、避けたほうが良い原料です。

プロマネージの犬種別って何が違うの?徹底解析

犬種別フードの違いやメリットは?

原料に大した違いなし

原料に大した違いなし
プロマネージの犬種別シリーズの原料を見てみたところ、栄養素の添加が1つ2つ違うだけで、わざわざ「犬種別」を与えるメリットが感じられませんでした。

もう少し原材料の違いなどがあるのかと考えていたのですが、残念です。

どうせだったら全部の栄養素を入れてくれればいいのに…と感じてしまいました。

当サイトで評価したことがある、他のメーカーの犬種別のドッグフードも似たり寄ったりでした。

「犬種別ドッグフード」にはあまり期待をしすぎないほうが良いのかもしれません。

肉の含有量はややアップする

犬種別のフードは、原材料のトップに書かれているのがチキンになるので、「室内犬用」を購入するよりも肉の含有量は多いかと考えられます。

しかし、その分犬種別はお値段が高くなってしまうので成分と、コストパフォーマンスという点を考えるとあまり良い製品ではないと感じました。

プロマネージ犬種別のベースとなる原材料

プロマネージ犬種別のベースとなる原材料

チキン、とうもろこし、さとうもろこし、チキンエキス、米、コーングルテン、鶏脂、シュガービートパルプ、家禽類、サンフラワーオイル、フラクトオリゴ糖、トマトパウダー、マリーゴールド、マリンコラーゲン、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

ベースの原材料に、以下の成分が添加されていました。

ミニチュアダックス用

緑イ貝粉末

緑イ貝粉末には、グルコサミン・コンドロイチン・EPAなどのオメガ3脂肪酸が含まれています。

関節にも良いグルコサミン・コンドロイチンの含有することで、関節疾患の多いダックス向けになっているのでしょう。

動脈硬化にも良いといわれているオメガ3脂肪酸は、体内で合成できないものなのでフードで摂取できるのは良いポイントです。

トイプードル用

トイプードル用
ブルーベリーパウダー、ラクトフェリン

トイプードルは月に一度はトリミングが必要な犬種。

ラクトフェリンは皮膚に良い成分と言われており、皮膚の健康の為に含まれているようです。

健康な皮膚と毛並みを作る為に、トイプードル用に含まれているのでしょう。

チワワ用

緑イ貝粉末、低ラクトース乳清、初乳

チワワのフードには、小さく華奢なチワワの為に低ラクトース血清が含まれています。

低ラクトース血清や初乳には、カルシウムやリンを豊富に含んでいるため丈夫な骨を作るために効果的です!

柴犬用

柴犬用
トマトパウダー、ブルーベリーパウダー

柴犬用は、ビタミンC、ビタミンE、タウリン、β-カロテン・リコピンの豊富なトマトパウダーが使用されています。

比較的長生きな子が多い柴犬は、抗酸化作用のあるリコピンや体調管理という意味でビタミンが配合されているのでしょう。

シーズー用

トマトパウダー、ブルーベリーパウダー

シーズー用も柴犬用と同じく、比較的長生きな子が多い犬種です。

ビタミンC、ビタミンE、タウリン、β-カロテン・リコピンの豊富なトマトパウダーが使用されています。

どれも長寿と健康管理に有効な成分です。

ヨークシャテリア用

ヨークシャテリア用
トマトパウダー、ブルーベリーパウダー、緑イ貝粉末

ヨークシャテリアも、長生きな子が多い犬種です。

ビタミンC、ビタミンE、タウリン、β-カロテン・リコピンの豊富なトマトパウダーが使用されています。

また、緑イ貝粉末を含むことで、グルコサミン・コンドロイチン・EPAなどのオメガ3脂肪酸まで含まれており、関節に良い効果が期待できます。

パピヨン用

トマトパウダー、緑イ貝粉末、低ラクトース乳清

パポヨンはフサフサの毛並みがきれいな犬種です。

良い皮膚作りのために低ラクトース血清が含まれていますし、健康な皮膚づくりのためにビタミンが含まれています。

ビタミンC、ビタミンE、タウリン、β-カロテン・リコピンの豊富なトマトパウダーも入っており、抗酸化作用も期待できます。

また緑イ貝粉末を含むことで、関節に良いグルコサミン・コンドロイチン・EPAなどのオメガ3脂肪酸まで含まれています。

ウエルシュコーギー用

トマトパウダー、緑イ貝粉末

ビタミンC、ビタミンE、タウリン、β-カロテン・リコピンの豊富なトマトパウダーが含まれている上、関節疾患の多いコーギーの為に関節に良い緑イ貝粉末も添加されています。

プロマネージの原産国や販売会社は?

プロマネージの原産国や販売会社は?

原産国はオーストラリア

プロマネージは、アメリカの「マースペットケア」が販売しています。

ですが、製品の原産国はオーストラリアです。

原産国が海外で、更に本社が他国であると、万が一異物の混入など問題が起きたときにすぐに輸入や販売をストップできるのか?と感じてしまいます。

オーストラリアは国内の家畜の病気などに関してはかなり厳しい監視がなされており、自国への輸入製品には厳しい印象があります。

ですので、原材料一つ一つの安全性に関してはある程度安心できるかもしれません。

しかし逆に輸出に関しては規定が緩いイメージがありますし、日本の輸入検疫もかなり甘い監視システムであると感じています。

自社製品の追跡システムなどまできちんと行ってもらわないと、安心できる製品であるのかと言った点は少し不安に感じてしまいます。

たくさんの製品あり!研究所も完備

たくさんの製品あり!研究所も完備
マースペットケアは、プロマネージの他に、

などのペットフードを販売している大手ペットフード会社です。

自社で「ウォルサム研究所」と呼ばれる大きな研究施設、栄養学の研究所を持っており、様々な研究を行いながら、外の学会で研究結果を発表したりしています。

プロマネージの口コミや評判

プロマネージの口コミや評判

与え始めて二日後から口臭が気にならなくなりました。

(口元に顔を近づければ少しは臭いますが・・・。)

嗜好性もよく食べ残すこともありません。

飼い主のストレスも大幅に減りました。

欲を言えば、もう少し大きい袋を販売して欲しいです。

現在800gと1.7kgの2種類のみです。

特徴的なハート型の粒の効果でしょうか?!口臭が減ったとの口コミがありました。

フードのサイズが最大でも1.7kgまでしかないのは、不便だとのレビューは他にもみられました。

尿や便の臭いが気にならなくなりました。

愛犬もいつも完食してます。

きちんと噛んで食べてくれることで、消化にもよく便の臭いもなくなってきたのでしょう。

結論から言いますと、原材料(穀物がメイン)ほかに疑問がありましたので、食べさせるのやめました。

まだ、半分くらい残っていますが、捨てようと思っています。

きっかけは、ダックスのほかに新しい家族が来ました。

パピヨンです。

涙やけがひどく、フードのこと色々調べました。

このフードに添加されているBHA、BHTが気になっています。

考えすぎかもしれませんが、かけがえのない家族ですので、今はオリジンに変えました。

犬種ダックス用の口コミです。

原材料に疑問を持ち、与えるのをやめた方もいらっしゃいます。

やはり完全に安心できない材料は入っていない方が良いと考える方が多いようです。

参照:Amazonカスタマーレビュー

まとめ

  • マースペットケアは大きな研究所をもつ大手ペットフード会社
  • 気になる原材料がいくつかあり
  • 犬種別の違いは少しだけプラスされている原材料が異なるだけ
  • 犬種別のほうがチキン含有量は多いですがその分価格が高い

「プロプラン」の犬種別は今まで筆者も何が違うのか?と疑問に思っていました。

調査してみた結果、少しだけサプリメント程度に添加されているものが違う程度でした。

原材料の配合量も室内犬用にくらべると少し変わっておりチキンが多くなっていましたが、その分価格も少し高くなっています。

犬種別にフードを見るというよりも、原材料の内容をみて気になる商品を買ったほうが良いのかなと感じました。

原材料の内容を考慮したドッグフードランキング

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Cランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.