ドッグフードの選び方

人間も食べられるドッグフード【愛犬のご飯を考える】

更新日:

人間も食べられるドッグフード【愛犬のご飯を考える】

あなたは、ドッグフードを食べてみたことがありますか?

”自分が食べることができるドッグフード”を愛犬に与えることができたら、とても安心だと思いませんか?

このページでは、実際に人間が食べられる位「安心・安全なドッグフード」とはどのようなものかを解説していきます。

愛犬に与えるドッグフードを選ぶ参考になれば幸いです。

人も食べられるフードの2つの条件

人も食べられるフードの2つの条件

プレミアムドッグフード・カナガンのパッケージ裏には「人間も食べられる食材を厳選」と記載してある

人間も食べられるドッグフードの条件は

  1. 質の良い素材・原料を使用していること
  2. 危険な添加物の使用がないこと

が挙げられます。

このようなドッグフードは、人間でも食べてみることが出来ますし、愛犬には安心して与えることが出来ます。

1、質の良い素材・原料

ドッグフードの中には、人の食用にできなかった原料(肉副産物等)を使用しているフードが多く販売されています。

  1. ミール
  2. 肉副産物
  3. エキス

これらの表記をしているドッグフードは、人が食べられない部分を加工した原料を使用しており、どのような肉を使用しているか分からないので注意が必要です。

ひどい場合には、いわゆる4Dミートと呼ばれるものを使用している可能性もあります。

注意すべきドッグフードの原材料4つを徹底解説

人が食べることが出来ない原料を使用しているものは、ドッグフードに加工をしたところで、人が食べることは出来ませんし、愛犬に与えるのも心配ですよね。

愛犬の事を本気で思うのであれば、人間が食べられるレベル(ヒューマングレード)の「肉」を使用して作られている、質の良いドッグフードがありますので、その様なフードを選ぶべきです。

ヒューマングレードのドッグフードランキング

通常は、原材料がホームページに書かれていなくても販売元に問い合わせると、答えてくれます。

答えてくれないようなドッグフードは、愛犬の為にも思い切って候補から外してくださいね。

参考:レンダリングとは【一般社団法人 日本畜産副産物協会】

2、危険な添加物の使用がない

危険な添加物の使用がない

添加物の目的

  1. 栄養バランスを整える
  2. フードの品質を保つ
  3. 美しく、おいしく、食いつきを良くする

これらの目的で、添加物が使用されることがあります。

ドッグフードに使用されている添加物の中には、

・人に使用することが禁止されているもの
・日本では認められているけれど、海外では人に使用することが禁止されているもの

このような、添加物が使用されているドッグフードがあります。

当然、人が食べるのは危険ですし、愛犬が食べるのも危険ですね。

では、ドッグフードにはどの様な添加物が使用されているのかを詳しく見ていきましょう。

1、栄養バランスを整える

素材で足りない栄養を保つためにビタミン、ミネラル、アミノ酸等の添加物が使用されます。

バランスを整える添加物は、危険なわけではありませんが、そもそも、素材がバランスよく配合されていれば、人口の添加物で補う必要がないのではないでしょうか?

多少の使用なら良いのでしょうが、栄養バランスを整えるために「たくさんの人口添加物」に頼っているドッグフードはお勧めできません。

2、フードの品質を保つ

ドッグフードの品質を保つために、以下のような添加物が使用されます。

酸化防止剤 ドライフードに含まれる油脂の酸化を防ぐ
保存料 微生物そのものの繁殖を妨げ、保存性を高める
保湿剤 有害な微生物が増殖するのを防ぐ、しっとりした質感を保つ
PH調整剤 微生物を繁殖しにくくするために、製品のpHを酸性に調整する
乳化剤 乳製品タイプのペットフードに使用。油脂と水分が均一に混ざるように調整

酸化したドッグフードを与えると、嗜好性が低下したり、体調が悪くなるなど、愛犬の体に悪影響を及ぼす場合があります。

これを防ぐために使用される「酸化防止剤」ですが、中には人への使用が認められていないものもあります。

酸化防止剤は

天然の酸化防止剤 クエン酸やローズマリー抽出物(エキス)
ミックストコフェロール等
合成の酸化防止剤 BHA
BHT
エトキシキン等

に分けられます。

天然の酸化防止剤は、比較的安全で、体に悪影響を及ぼすことはありません。

しかし、合成の酸化防止剤は安全ではありません。

日本では食品添加物としての認可を受けていないものや、人への発がん性が疑われるものもあるので、くれぐれも注意が必要です。

ドッグフードを選ぶ際は、「酸化防止剤を使用していない」、または「天然の酸化防止剤」を使用しているドッグフードを選びたいものです。

天然の酸化防止剤を利用したドッグフードは、合成酸化剤を使用したものに比べ、保存期間が短くなるというデメリットがありますが、健康には変えられませんね。

3、美しく、おいしく、食いつきを良くする

見た目や、犬の嗜好性を高め、食いつきを良くするために、以下のような添加物が使用されます。

着色料 収穫時期によって色のばらつきがあるドッグフードの見た目を整える
増粘安定剤 缶詰やレトルトパウチに使用。しっとりした質感やとろみをつける
発色剤 缶詰やセミモイストフードに使用。肉の色を保つ
膨張剤 お菓子タイプのフードに使用。ふっくらした食感を保つ
香料 食品に臭いを付与または増強する
甘味料 食品に甘みをつける

そもそも犬は色の識別ができません。

そのため、ドッグフードに色をつける必要がありません。

着色料は「見た目を重視する人間のため」に使用されていると言ってもいいでしょう。

発がん性を指摘されている「酸化チタン」や、海外では人への使用が禁止されている「赤色2号/赤色102号/赤色106号/黄色4号/青色1号」などといった着色料も、日本では許可されており、ドッグフードにも使用している場合があります。

例え日本で許可されている添加物だとしても、海外で使用が禁止されているのであれば、若干不安ではありませんか?

人間にとっても、犬にとっても、着色料を使用していないもののほうが安全です。

参考:知って納得!ペットフードの表示【環境省パンフレット】
参考:添加物【UGpet.com】
参考:酸化防止剤【Wikipedia】

安心安全なドッグフード

安心安全なドッグフード

当サイトでレビューした「馬肉自然づくり」のホームページには”人間用にさばいた馬刺し”と明記してある

激安フードは危険

2の条件を満たしていないドッグフードは「1,000円/kg」を切る様な安い価格で販売されていることが多いです。

この様な激安フードは、危険な添加物の使用、質の悪い原料の使用に加え、更に、カサ増しするために、犬が消化しづらい「穀類」をメインに使用している場合が多いです。

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

安価で提供できる裏側には、それなりの理由があるのですね。

質の悪い、危険な添加物だらけのドッグフードを人が食べてみるなんて危険ですし、愛犬に与えるのも疑問です。

確かに価格の安さに魅力を感じるのもわかりますが、月々のご飯代をケチって愛犬が病気にでもなってしまったら、本末転倒な気がしませんか?

病院に通うのだって費用がかかります。

日頃から愛犬の健康を考えたフード選びを心がけることが、愛犬にいつまでも健康で長生きしてもらえる秘訣ではないかと考えます。

ヒューマングレードのフードなら安心

最近のドッグフードには、全ての原料に、人が食べられる素材を使用した「ヒューマングレード」のドッグフードもあります。

このようなフードは、 勿論、人が食べても安心です。

中には、素材や材料に自信があって、飼い主に食べてみることを勧めるようなドッグフードもあるのですよ!

品質に余程の自信がなければ「食べてみてください」とは言えないと思いますので、このようなドッグフードはとても安全といえるでしょう。

実際に、私も、そのようなヒューマングレードのドッグフードを食べてみたことがあります。

自分も食べれるものを愛犬に与える事ができるので、非常に安心感がありました。

安心を得るために「手作り食」という選択肢もありますが、どうしても栄養が偏ってしまうため、愛犬の体調を考えるなら、ヒューマングレードの総合栄養食がおススメです。

おすすめ!ドッグフードランキング

犬と人の違い

実際にヒューマングレードのドッグフードを食べてみたことがあります。

においもさほど強くなく、薄味でお世辞にも美味しいと言えるものではありませんでした。

ところが、愛犬は、喜んで食べていました。

これはなぜなのでしょうか?

犬と人間では、味覚や嗅覚に違いがあるからなのです。

私たち人間は、食べ物に「見た目」や「味」も重視しますが、犬がドッグフードを決める優先事項は「におい>食感>味」だといわれています。

犬の嗅覚について

人より優れた嗅覚

犬はほとんどの場合「におい」で食べるフードを選びます。

ドッグフードの「におい」が受け入れられないと犬はフードを食べません。

犬の嗅覚は人間に比べ約100万倍~1億倍優れています。

ただし、これは、100万倍もの強烈なにおいになるというわけではなく「薄くてもにおいを嗅ぎ取ることができる」ということです。

実際のにおいを感じる強さは、人間の10倍位です。

これを知ると、犬がまずドッグフードを選ぶ上で「におい」を重視するというのが納得できますね。

犬の好きなにおい

犬が好きなにおいは、獲物・群れ・家族・大小便・血液・体液・肉のにおい等です。

人間とは、大分、好きなにおいが異なりますね。

メインの食材に、犬の好きなにおいである「肉」を使用しているドッグフードならば、食いつきも良いことが予想されます。

しかし、原材料が「生肉」ではなく、粗悪である「ミール」や「副産物」を使用しているドッグフードは、この新鮮なにおいがほとんど失われてしまっています。

そのため、中には、添加物である「香料」を使用して、食いつきを良くしているドッグフードも販売されています。

天然の香料の使用をしていれば体に害はありませんが、素材そのものに良い肉が使用されていれば特に必要ないものです。

わずかな香りでも、犬は嗅ぎ分けることが可能だからです。

出来れば、香料を使用していないドッグフードが好ましいでしょう。

ちなみに犬は飼い主の靴下のにおいも好きみたいなので、お留守番の時などに用意してあげるといいかもしれませんね(笑)

参考:犬猫の嗅覚について【神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院】

犬の味覚について

犬は味覚が鈍感です。

味は舌の表面にある「味蕾(みらい)」と呼ばれる部分で感じますが、味蕾が約1万個ある人間に対して、犬には約2千個しかありません。

人間よりも1/5とはるかに少ないので、人間の様に繊細に味を感じ取ることがありません。

人間でいう「味覚オンチ 」というやつですね。

犬の感じる味覚には「甘味」「酸味」「塩辛味」「苦味」の4種類があります。

その中でも「甘味」と「酸味」には敏感で、「塩辛味」が鈍感で「苦味」はほとんど感じ取れない様です。

我が家の愛犬も、私がアイスクリームなどを食べているとしきりに欲しがりますが、甘いものに敏感で、美味しく感じるからなのでしょうね。

この犬の味覚を利用して、犬のおやつやドッグフードには甘味料が使用されているものもあります。

こちらも、天然の甘味料ならば、そこまで神経質になる必要はありませんが、合成の甘味料は控えたほうがいいでしょう。

確かに食いつきや嗜好性を高め、ワンちゃんは喜んで食べてくれますが、やはり、添加物は使用されていないに越したことはありません。

においに敏感、味には鈍感

このように、犬はにおいに敏感で、味には鈍感です。

ドッグフードを選ぶ上で、重視するのは「におい」なので「味」にはそこまでこだわりません。

ということは、極端に言えば、においさえ好むものを選んでおけば、粗悪な原料を使用していたとしても、ワンちゃんには判別できないということです。

しかし、味に鈍感だからと言ってどんなものを食べさせてもいいわけではありません。

味に鈍感だからこそ、飼い主である私たちが、厳選して、愛犬の体に良いフードを選んであげる必要があるのではないでしょうか?

参考:犬猫の味覚について【神戸フランダース犬猫皮膚科動物病院】

実際に食べた人の感想は?

ここでは、実際にドッグフードを食べた人の感想を集めてみました。

本当にウマいドッグフードベスト3

よしおさんいわく、「犬のえさは大型犬用より小型犬用のほうが、マイルドな味わいでおいしいですね。匂いが強烈なのは好みが分かれますが、ブルーチーズのように香りが強いもののほうがドッグフード通は好む味になるのです」とのこと。いや、人間が食ったときの味は聞いてないんですが……。

さらに彼は、「本当にウマいドッグフードは私の知る限り3つあります。私はビールのつまみとしてクラッカーの代わりにドッグフードを食べるのですが、いつもその3つなんですよ」と自慢げに語り始めた。彼のオススメする『本当にウマいドッグフードベスト3』は以下のとおりだ。

引用元:【本当にウマいドッグフードベスト3】大型犬用より小型犬用のほうが美味 / 最強はチワワ用 | ロケットニュース24

「ドッグフードを6日間食べ続けた記録」が、正直すぎてオモシロいので紹介

今回ドッグフードを6日食べ続けたアン・カデットさんが選んだのは、ドライドッグフードの「Kibble」。味付けはビーフからチキン、野菜をはじめ9種類から選べる。では早速、日を追って彼女の記録を覗いてみることにしよう。

引用元:食費節約のためにドッグフードを6日間食べ続けた女性の正直すぎる記録がマジでオモシロい!「アゴが疲れる」「北朝鮮の缶詰?」など | ロケットニュース24

「犬のおやつ」ってほぼ酒のツマミじゃね!?

「犬のおやつ」ってほぼ酒のツマミじゃね!?って

「そんな馬鹿な!」と思った人は、この商品の数々を先入観なく見てみてください。

引用元:ドッグフードってほぼ酒のツマミじゃない?と思ったので実際に食べてみた。感想は…… - いまトピ

みなさん、勇気がありますね(笑)

どのサイトでも、実際に食べてみて、においが強い、食感(歯ごたえ)がしっかりしている、甘い、味が薄い などといった感想がありましたね。

犬用のフードやおやつは、犬の味覚や嗅覚に合わせてつくられていることが良くわかりとても参考になりました。

どのサイトでも、ドッグフードを人間が食べることを推奨はしていないので、 実際にあなたが食べてみる時は、ヒューマングレードの素材を使用したドッグフードを選んでくださいね。

まとめ

人も食べられるドッグフードは、

◆質の良い素材・原料を使用していること
◆危険な添加物の使用がないこと

が絶対条件です。

ヒューマングレードのドッグフードなら愛犬に与えるのも安心ですし、実際に飼い主が試してみることもできます。

逆に、激安フードは、粗悪な原料を使用していたり、添加物まみれだったり、不安でいっぱいです。

激安には激安なりの理由があるのです。

安いフードが全て悪いわけではありませんが、ドッグフードを選ぶ上で、価格はとても参考になります。

普段のドッグフード代をケチって愛犬の体調が崩れてしまっては元も子もありません。

愛犬にいつまでも長生きしてもらい、健康でいてもらうためにも、ドッグフードの原料、品質はきちんと確認しましょう。

愛犬の体のことを第一に考え、自分も実際に試してみようと思えるようなドッグフードを選ぶことが肝心です。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.