Aランク

ナチュラルハーベストを愛犬に与えた評価【口コミも掲載】

投稿日:2018年7月22日 更新日:

ナチュラルハーベストを愛犬に与えた評価【口コミも掲載】

ナチュラルハーベストは、千葉県にある㈱バンガードインターナショナルフーズが手がけたドッグフードです。

原産国はアメリカですが、実は日本の企業が開発しています。

ネットを見ても、口コミや評判がなかなか良いようなので、実際にサンプルを取り寄せてみました!

サンプルを貰った、「メンテナンススモール・ターキー」と「シュープリーム」の2種類の原料を評価したいと思います。

我が家の愛犬の食いつきなどもお伝えしていきますね。

ナチュラルハーベストの総合評価

ナチュラルハーベストの総合評価

ナチュラルハーベストの評価はAランクです。

原料の産地が全て公開されている点や、フードローテーションに対応できるラインナップは、とても良いと思います。

しかし、品質や安全性に関しては100%安心しきれないと感じ、この評価となりました。

当サイトで評価した全てのドッグフードのランクを見る

メンテナンススモール・ターキーの原料を評価

メンテナンススモール・ターキーの原料を評価

ターキー、ターキーミール、ポテト、タピオカスターチ、えんどう豆、ビートファイバー、鶏脂肪(ビタミンE、クエン酸で酸化対策済)、加水分解チキンエキス、亜麻仁、ビール酵母、海塩、炭酸カルシウム、塩化コリン、ブルーベリー、クランベリー、月見草油(低温圧搾)、グルコサミン塩酸塩、タウリン、コンドロイチン硫酸塩、ビタミンE、硫酸鉄、キレート亜鉛、ナイアシン、キレートマンガン、キレート銅、硝酸チアミン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、塩酸ピリドキシン、セレン酸ナトリウム、リボフラビン、ビタミンD3、ビオチン、ビタミンB12、ヨウ化カルシウム、葉酸、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、サーモフィルス菌、フェシウム菌)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

引用元:ベーシックフォーミュラ・メンテナンススモール・ターキー【ナチュラルハーベスト公式サイト】

生肉が主原料

ナチュラルハーベストのメンテナンススモール・ターキーは、第一主原料にアメリカ産のターキー(七面鳥)の「生肉」を使用しています。

本来肉食である犬にとって、第一主原料が「肉」というのは消化吸収しやすく、好ましいです。

ターキーは高タンパク、低カロリーで栄養が豊富なので、ダイエットしたいワンちゃんにも最適ですね。

ちなみに、以前までは「ターキー生肉」と表記されていましたが、「生の肉を加熱せずに使用しているようにみえる」と言う意見があったため、生肉という記載をなくしたようです↓↓

生肉という記載

消費者の意見をきちんと取り入れてくれる、企業の姿勢には好感が持てますね。

チキンアレルギーに配慮?

アレルギーに配慮?

鶏脂肪の使用あり

メンテナンススモール・ターキーは、「チキン」が犬のアレルギーの原因になりやすいことから、主原料を「ターキー」にしているとのこと。

しかし、鶏脂肪が使用されていますね~。

稀に、鶏脂肪でもアレルギーを起こすワンちゃんがいます。

鶏肉にアレルギーのある子は注意したほうが良いかもしれません。

鶏タンパク質は除去されているのか不明

鶏脂肪を使用していても「鶏タンパク質を除去してあるため、鶏アレルギーの犬でも食べることができます。」という記載のある、ドッグフードも存在しています。

ナチュラルハーベストの公式サイトをくまなく探してみましたが、「鶏タンパク質を除去してある」との記載を見つけることは出来ませんでした。

ただ書かれていないだけならば良いのですが、鶏タンパクを除去していない可能性もあります。

いずれにせよ、気になる方は避けておいたほうが無難でしょう。

加水分解チキンエキスもアレルギーの可能性あり

また、加水分解チキンエキスは、タンパク質を分解しているためアレルゲン性は低いですが、アレルギーを起こす可能性はゼロではありません。

参照元①:「Kia Ora(キアオラ)」とは?【ペットダイニング】
参照元②:鶏肉のアレルギーがあると言われていますが・・・【アゼットジャパン株式会社】

グレインフリー

メンテナンススモール・ターキーは、穀類の消化が苦手だと言われる犬のために、穀物不使用(グレインフリー)となっています。

穀類にアレルギーをお持ちのワンちゃんにも安心して与えられるのでこの点は良いですね。

グレインフリードッグフードの効果を解説

添加物不使用

着色料や香料、合成の酸化防止剤が不使用なので、安心して与えることが出来ます。

公式サイトに

天然の原材料を使用し、人工の着色料や香料を使用していないため、色やにおい、粒の大きさに違いが見られます。

引用元:使用上のご注意【ナチュラルハーベスト公式サイト】

とかかれていますが、これは安心材料になると思います。

当サイトでも評価の高い「カナガン」も、粒の大きさや色、ニオイに違いがあります。

余計なものを使用していない証拠ですね(*^^*)

カナガンのレビュー記事を見る

品質について

品質について
一見安全そうな「ナチュラルハーベスト」ですが、個人的には、品質に若干の不安が残ります。

詳しく解説していきます。

中国産不使用

過去には中国産原料の使用あり

ナチュラルハーベストは安全性にこだわりがあり、全ての原料の原産国を公式サイトで見ることが出来ます。

この点は高く評価ができ、実際に「メンテナンススモール・ターキー」の原料の原産国をチェックしてみたところ、特に心配な点はありませんでした。

しかし、よくよく調べてみると、以前は中国産原料を使用していたようです。

そのことから、「原料にかけるコストを極力抑えたい!」という考えの企業なのかなと感じました。

「最適な供給元が見つからないから」と言う理由で、原料の一部に中国産を使用していた時期もあったようなので、今現在でも原料を選ぶ際に「価格の安さ」を重視しているのでは?という不安が残ります。

まあ、企業というものは、原価を抑えなければならないものなので仕方がないのかもしれませんけどね(-_-)

参照元:ナチュラルハーベストの原材料が全てチャイナ・フリー(中国産原材料不使用)へ【UGペットブログ】

公式サイトを見てもやや不安

ホームページを見ても、品質に関しては

人間への使用が禁止された原材料は使用しません。

良質の原材料を厳選しています。

引用元:こだわり【ナチュラルハーベスト公式サイト】

とのこと。

これは、「人間が食べられるレベル」という受け取り方をするべきか、「人に使用ができない危険な原料を使用していない」と捉えるべきか悩みます。

「良質の原材料」とは書かれていますが、今いち安心感に欠けますね。

使用している「ミール」についても、「副産物を使用していない」などの記載はなく、やや不安が残ります。

ドッグフードの危険な原料を解説

パッケージについて

ナチュラルハーベストのパッケージは、新鮮な状態を保つために、「真空パック」や「脱酸素剤」を取り入れています。

その点に関してはとても良いと思います。

しかし、やや残念だったのがサンプルの届き方です。

透明の袋に「カタログ」と「透明な袋に入れられたサンプル」が入っており、ドッグフードが日光浴びまくりの状態でポストに入っていました↓↓

サンプル

先日私がレビューした「ナチュロル」というドッグフードが、サンプルにも遮光性のあるパッケージを使用していたため、つい比較してしまいがっかり。

もう少しサンプルの扱いにもこだわって欲しかったかな~。

まあ、この点に関しては、ナチュラルハーベストが普通で、ナチュロルが特殊なのかもしれません(笑)

ナチュロルドッグフードのレビューを見る

シュープリームの原料を評価

シュープリームの原料を評価
続いて、もう一つのサンプル「シュープリーム」の原料を見ていきましょう!

ワイルドボアー、ターキー、ポテト、ターキーレバー、ターキーハート、えんどう豆、ターキーミール、チキンミール、えんどう豆繊維、鶏脂肪(ビタミンEで酸化対策済)、ポテトプロテイン、メンハーデンミール、トルラ酵母、ビール酵母、加水分解チキンエキス、タラ肝油、亜鉛酵母、海塩、イヌリン、月見草油(低温圧搾)、クランベリー、ブルーベリー、昆布、プロバイオティクス、(アシドフィルス菌、カゼイ菌、フェシウム菌)、キレート銅、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸塩、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、タウリン、ビタミンE、CoQ10、ユッカ抽出物、ビタミンC、グレープシード抽出物

引用元:プライムフォーミュラ シュープリーム【ナチュラルハーベスト公式サイト】

複数のたんぱく源

ドッグフードでは珍しいワイルドボアー(イノシシ)を筆頭に、ターキーやチキン、メンハーデン(ニシン科の魚)など複数のたんぱく源を使用しています。

動物性のお肉を多く取り入れることで、犬の嗜好性が上がることが期待できますし、色々なお肉から栄養素を摂取できるので健康に良さそうです。

複数のたんぱく源を使用したドッグフードは「特定の原料にアレルギーを持った犬」には使用しづらいですが、アレルギーがないわんちゃんには魅力的です。

特定のたんぱく源を食べ続けるとアレルギーを発症しやすいとも言われているからです。

シュープリームは今現在アレルギーを持っていないワンちゃんには向いているでしょう。

素材からなるべく栄養を

シュープリームの、「食材が持つ自然の栄養素だけでAAFCO※栄養基準適合を目指した」という点はとても魅力的です。

色々な栄養添加物を加えて、無理やり基準に合わせたドッグフードがある中で、食材だけで栄養バランスが整っているので安心して与えられるでしょう。

ブルーベリーやクランベリーなど抗酸化力の高い原料やグルコサミン、コンドロイチンが含まれているのでシニア犬にも良さそうです。

※AAFCO・・・ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関するガイドラインを設定している「米国飼料検査官協会」の略称。

グレインフリー

シュープリームもグレインフリーなので、穀類アレルギーをお持ちのワンちゃんにも安心して与えられますね。

ナチュラルハーベストのラインナップと価格について

ラインナップと価格について

ナチュラルハーベストのマイナス点として、ラインナップが分かりづらいという点があげられます。

馴染みのないネーミングで、どれを選んだら良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?

ドライフードのラインナップを一覧にまとめたので参考にどうぞ。

シリーズ 商品名 おすすめ年齢 特長 値段
ベーシックフォーミュラ ナーサリー 0~7歳 ラムと白米が主原料 1,300円/680g
メンテナンス 1~10歳 ラムと白米が主原料(大粒) 4,200円/3.1kg
メンテナンススモール(ラム) 1~10歳 ラムと白米が主原料(小粒) 2,700円/1.59kg
メンテナンススモール(ターキー) 1~10歳 ターキーとポテトが主原料(小粒)
グレインフリー
2,700円/1.59kg
メンテナンススモール(フィッシュ) 1~10歳 穀物が第一主原料
タラとカレイを使用
2,700円/1.59kg
プライムフォーミュラ マイリトルダーリン 0~7歳 グレインフリー
イノシシ、ターキーなど複数タンパク
1,600円/566g
シュープリーム 1~10歳 グレインフリー
イノシシ、ターキーなど複数タンパク
2,900円/1.59kg
セラピューティックフォーミュラ(療法食) シニアサポート 10歳以降 サーモン、米が主原料 2,900円/1.47kg
レジーム ダイエット用
大粒、小粒あり
チキンミールが主原料
2,200円/1.1kg ~
フラックス 結石ケア用
白米が主原料
2,700円/1.47kg
カロン 皮膚トラブル用
玄米が主原料
3,200円/1.36kg
キドニア 腎臓トラブル用
白米が主原料
2,700円/1.36kg

総合栄養食

キドニアを除く全てのラインナップが総合栄養食です!

栄養バランスが整っているので、安心して愛犬に与えられますね。

フードローテーションに良い

メンテナンススモールのシリーズは主原料が選べるので、フードローテーションに取り入れやすいです。

ラム、ターキー、フィッシュの全ての味がセットになった「ローテーションセット」も販売されているので、手っ取り早くローテーションを初めてみたい人には最適だと思います。

ただし、鶏脂肪やチキンエキスの使用があるので、チキンアレルギーのワンちゃんは念の為注意してくださいね。

フードローテーションについて詳しく解説

ドッグフード以外も充実

ドッグフード以外も充実

ナチュラルハーベストでは、ドライやウエットのドッグフード以外に、おやつ、トッピング、サプリメントも充実しています。

個人的には、「そらころん」というおやつがちょっと気になっています。

最近、愛犬の留守番のために、ファーボというペットカメラを購入したのですが、それに入れるおやつに良さそう♪

ファーボについてはまた後日レビュー記事を書きますね~。

私の口コミ・みんなの評判

私の口コミ・みんなの評判

私の口コミ

与えた様子をレビュー

サンプルを取り寄せて愛犬に食べさせたところ、ターキーもシュープリームも食いつきは悪くなかったです。

粒は両方1センチ程度の大きさで、我が家の愛犬は食べやすそうでした。

うちの子はターキーの方が好きだったようで、同時に並べて与えたところ真っ先にターキーの方へ行きました↓↓
ターキー

そして、シュープリームの方へ・・・↓↓
シュープリーム

食べ終わった後には、ターキーの袋ばかり気にしていました。

やはりターキーが好きなのね(笑)↓↓
ターキーの袋
シュープリームのほうが多種類の動物性たんぱく質を使用しているので、食いつきが良いのかなと思ったのですが、そうとも限らないようですね。

口コミするなら

私が口コミするなら簡潔にこんな感じです。

【食いつき】 良い
【ニオイ】 気にならないが良い香りではない
【ベタつき】 気にならない
【価格】今回はサンプルですが、実物はやや高めだと思う

続いてみんなの感想をご紹介します。

みんなの口コミ・評判

美味しいみたいで一瞬で食べ終わります。

うんちの状態も良いです。

ローテーションしようと思います。

引用元:お客様の声【GREEN DOG】

食いつきよし

食いつきが良いという意見が多いように感じました。

確かに、うちの子もなかなかの食いつきを見せていたので納得ですね。

また、口コミを見ていると、フードローテーションに使用しやすいようで、「ローテーションの1つに加えている」という方が多かったように感じます。

100gのポータブルパックを試したところなかなか良いようなので1.59kgを購入してみました。

真空パックになっていて開けるとそのままの形でまとまって固まってました(笑)

まだまだ切り替え途中なのでなんとも言えないのですが、食付きは抜群です。

7対3くらいですがお腹の調子も今のところOKです。

このまま順調に切り替え出来ればしばらく続けようと思います。

欲を言えば袋にジッパーが付いてると良いですね。

真空パック仕様なので袋も固く閉じにくいので真空容器に移して保管しました。

引用元:お試しです【楽天みんなのレビュー】

小さいサイズあり

「ポータブルパック」というのが、300円/袋前後の値段で売られています。

お試しサイズがあるのはありがたいですね。

食いつきを確認できるので、上手く活用しても良いかもしれません。

ちなみに、公式サイトでカタログを取り寄せると2018年7月現在、無料でサンプルも貰えますよ。(私はこれを利用しました)

参照元:カタログ請求【ナチュラルハーベスト公式】

保存容器への詰替えが必要

ジッパーがついていなくて不便との声が目立ちました。

袋も固く閉じにくいとのことなので、保存容器に移し替えると良いでしょう。

私のおすすめ保存容器をご紹介

まとめ

かなり厳しめに評価しましたが、ナチュラルハーベストは、全体的には悪くないドッグフードだと思います。

実際に愛犬にサンプルを与えてみて、悪い印象も受けませんでした。

だけど私は現品購入はしません。

色々調べているうちに「原料のコストを抑えているのかな~?」という印象を持ってしまったためです。

調べすぎるのも考えものですね(笑)

ただ、フードローテーションには取り入れやすいので、フードローテーションを行いたいと考えている方は試してみても良いかもしれません。

当サイトでおすすめのドッグフードランキング

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.