ドッグフードの選び方

評判の良い鹿肉フードランキング!【犬への効果・選び方】

投稿日:

評判の良い鹿肉フードランキング!【犬への効果・選び方】

ペットショップなどで、鹿肉のドッグフードを見かけることが増えてきています。

気にはなっているけど、価格が高めなので、購入をためらっている方も多いのではないでしょうか?

どのような効果があるのかわからないドッグフードに、高いお金は出せないですよね。

そこで、このページでは、

  • 鹿肉の効果
  • 鹿肉のデメリット
  • 鹿肉ドッグフードの選び方
  • 口コミ・評判の良い鹿肉ドッグフード

まで、鹿肉について徹底的にご紹介していきます!

鹿肉の良さを知って、フードローテーションの1つに加えてみてはいかがでしょうか?

おすすめフード一覧表だけ見る☟(下へ飛びます)

見出し

鹿肉の犬への5つの効果とは?

鹿肉の犬への5つの効果とは?

鹿肉の特徴

鹿肉は他のお肉と比べ、脂肪が少なくヘルシーです。

「低カロリー、高たんぱく」て、「鉄分やビタミン豊富」といった特徴があります。

1.アレルギー予防

1.アレルギー予防
鹿肉は、アレルギー対策として有効です。

犬の食物アレルギーは同じものを食べ続け、体内に蓄積されることによって発症する場合があります。

鹿肉は、ドッグフードやおやつに使われている原料としては、それほど多く出回っていないため、食べる機会が少ないです。

普段口にしない珍しいタンパク源のため、まだ体内に蓄積されておらず、アレルギーの予防になるでしょう。

フードローテーションの1つに加えても良いかもしれませんね。

フードローテーションのやり方を解説

2.ダイエット

鹿肉はダイエットにも効果的です。

高たんぱく、低カロリーで、カロリーはなんと牛肉の半分以下!

アスリートがよく食べていると言われる「鶏のササミ」に匹敵します。

脂質やコレステロ-ルも少なく、非常にヘルシーなため、筋肉を落とさずに健康的にダイエットしたいワンちゃんにもおすすめのお肉ですよ。

参照元:ジビエ|aff【農林水産省】

3.脳の発育に

3.脳の発育に
鹿肉には、脳に大きな影響を及ぼすDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。

DHAは青魚に多く含まれることで有名な成分で、他の肉類にはほとんど含まれていませんが、なんと鹿肉には含まれているのです!

子犬の発育に

DHAには、脳を活性化して判断力や処理能力を高める働きがあります。

子犬の頃は、トイレのしつけや、お手、お座りなど、覚えることがたくさんありますよね。

成長期にDHAを摂ると、脳の発育に良いので、鹿肉は子犬にもおすすめのお肉ですよ。

シニア犬の認知症予防に

DHAは、シニア犬のボケ予防にも効果を発揮します。

犬も人間同様、加齢に伴い「考える」「覚える」「思い出す」が苦手になっていきます。

鹿肉に含まれるDHAが、記憶力や集中力の維持をサポートしてくれるため、シニア犬の認知症予防としてもぴったりです。

ちなみに、DHAは視力低下予防にも効果的なんですよ。

アセチルカルニチンも豊富

鹿肉には、DHAに似た働きのある「アセチルカルニチン」という成分が、牛肉の2倍も含まれています。

「アセチルカルニチン」は脳の機能向上や疲労、ストレス軽減にも効果を発揮してくれます。

DHAとのダブル効果で、更に脳へのサポート効果が期待できますね!

参照元:ジビエ|aff【農林水産省】

4.毛並みの改善に

鹿肉には、「不飽和脂肪酸」と「ビタミンB群」が豊富に含まれるため、皮膚、粘膜、毛並みの健康維持にも効果的です。

不飽和脂肪酸

「オメガ3」や「オメガ6」などの不飽和脂肪酸は、犬の毛並みや皮膚の健康を保ってくれる成分です。

わざわざ「オメガ3」や「オメガ6」を配合するドッグフードもあるぐらいなので、その効果が伺えますよね。

ビタミンB群

ビタミンB群には、皮膚と粘膜の健康を維持する効果があります。

また、疲労回復の役割も果たしますので、健康的な生活を送りたいワンちゃんにもぴったりですね。

5.免疫力UP

5.免疫力UP
鹿肉は鉄分が豊富で、牛肉の1.7倍も含まれているんだとか。

鉄分には貧血を予防する効果や、免疫をUPする効果があります。

鉄分が不足すると子犬(パピー)であれば発育不良になることもあるため、しっかり摂りたい成分です。

参考①:鹿肉の効能とおすすめレシピ、食品成分表【栄養BOX】

参考②:鹿肉の栄養価【信州ジビエ普及実行委員会】

鹿肉にデメリットはあるの?

鹿肉にデメリットはあるの?
非常にたくさんの効果が期待できる「鹿肉」ですが、全くデメリットがないわけではありません。

価格が割高

鹿肉のドッグフードは、「チキン」や「ビーフ」が主原料のドッグフードに比べて、やや割高な価格設定になっています。

値段が高い理由は、主に2つ。

  1. 仕入れにコストがかかるから
  2. 供給が安定しづらいから

です。

原因①:仕入れにコストがかかる

鶏肉(チキン)や牛肉(ビーフ)に比べ鹿肉(ベニソン)は流通が少ないため、仕入れにコストがかかります。

鹿肉は、あまり日本の食文化に浸透していません。

スーパーなどでも見かけることはほぼありませんよね。

ですから、鹿肉を使用したドッグフードは、他のドッグフードに比べて、原料にかかるコストが高くなり、割高になってしまうんですね。

原因②:供給が安定しづらい

鹿肉が、「安定して供給しづらい」ことも価格が割高な原因です。

捕獲される頭数のばらつき

鹿肉は「狩猟」で捕獲するのがベースになる為、捕獲される頭数にはばらつきが出てしまいます。

売り物になる部分が少ない

また、鹿は、売り物になる肉部分が少ないため、十分に供給できません。

売れる部位、売れない部位があるため、どうしても売れる部位の値段が高くなってしまうのですね。

鹿肉ベースのドッグフードは、毎日愛犬に与えるごはんとしては、高くついてしまうため、価格に関してはネックかもしれませんね。

参照元:ジビエ・ビジネスの光と影 獣害対策の切り札となるか【株式会社ウェッジ】

すべての鹿肉が安全ではない

すべての鹿肉が安全ではない
鹿肉は、ものによっては、安全面に不安が残ります。

特に、生で犬や猫に与えるのは厳禁です。

捕獲方法にも左右される

鹿肉として使用される鹿は、通常、罠猟(わなりょう・ワナを使って捕まえる)や猟銃(りょうじゅう)を用いた狩猟で捕獲されます。

すべてのハンターが、ルールを守って、きちんとした狩りをしてくれていれば安心なのですが、中には報奨金目的で、罠にかかって数日たった、新鮮ではないシカを業者に持ち込んだりする方もいるようです。

それだけでなく、肉が汚染され、健康被害が出てしまう可能性がある「鉛玉」を使って狩猟をしているハンターさんもいるようです。

参照元①:ジビエ・ビジネスの光と影 獣害対策の切り札となるか【株式会社ウェッジ】

参照元②:原因究明【猛禽類医学研究所】

寄生虫やウイルス保有の可能性あり

野生(ジビエ)の鹿は、家畜である豚や牛とは違い、ホルモン剤による汚染がなく安心できます。

しかし、野生であり「管理されていない」が故に、心配な点もあります。

寄生虫やE型肝炎ウイルスを保有している可能性があるのです。

どの程度の病原菌を保有しているか不明

怖いのは、E型肝炎ウイルスだけではありません。

鹿肉は、獣医師による検査が行われていないため、どのような病原体をどの程度保有し、また感染しているかが明確ではありません。

鹿にどのような病原体がどの程度いるのか、国内外で調査・研究は進められているようですが、解明されていない部分が多いため、100%安全だとは言い切れません。

日本獣医学会では、「犬も猫も、鹿肉の生食は厳禁」としていますので、生で与えるのだけは絶対に避けましょう。

鹿肉のドッグフードを選ぶ際は、きちんと鹿肉の品質を明確にした、信頼のおける製造会社から選んだ方がよさそうですね。

参照元:犬、猫に生の鹿・猪肉を与えてよいか【日本獣医学会】

鹿肉をおすすめのライフステージは?

鹿肉ドッグフードをおすすめ出来る犬とライフステージ

鹿肉ドッグフードは「全ライフステージ」にオススメできるのですが、特におすすめなのはシニア犬です。

鹿肉には、ボケ予防、視力の低下予防に効果的なDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれるため、老化防止の対策になります。

また鹿肉は「高たんぱく、低カロリー」でしかも「鉄分」「ビタミン」等の栄養成分が優れたお肉ですので

  • ダイエットしたいワンちゃん
  • 子犬(パピー)
  • 健康志向のワンちゃん

にも向いています。

その他にも「チキン」や「ビーフ」にアレルギーをお持ちのワンちゃんにも、安心して与えられるでしょう。

鹿肉ドッグフードを選ぶ3つのポイント

鹿肉ドッグフードを選ぶ、3つのポイント

それでは、鹿肉ドッグフードを選ぶ際に、必ず抑えておきたいポイントをご紹介していきますね!

1.鹿肉の質

鹿肉は全てが安全なわけではないため、「安心できる販売元」から購入する必要があります。

必ず販売元のホームページを見て以下のことは確認してくださいね。

  • 主原料が鹿肉かどうか
  • 主原料の鹿肉にどのようなものを使用しているか
  • 安心できるところが加工しているか

乾燥肉より、生肉の方が栄養価が高く味も良いため、生の鹿肉を加工しているものがおススメです。

2.鹿肉以外の原料の種類

鹿肉以外の原料の種類

アレルギーを起こしやすいといわれる「穀類」を使用していない「グレインフリー」のドッグフードがおススメです。

特に、アレルギーを考慮して鹿肉のドッグフードを検討されている方は、必須の項目です。

鹿肉でアレルギーを予防したいと思っていても、その他の原料に、アレルギーを 起こしやすい成分が使われていたら元も子もありませんよね。

せっかくの鹿肉ドッグフードなので、アレルギー予防としても、しっかりと効果を発揮してもらいましょう!

グレインフリーのドッグフードのメリットはこちらの記事に詳しく載っています♪
穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

3.原料の産地

鹿肉の産地はもちろん、その他の原料の産地がきちんと開示されているドッグフードがおススメです。

もしホームページに記載されていないようでしたら、メールや電話で問い合わせてみるという手もありますよ。

問い合わせたにも関わらず、教えてくれない製造者は、思い切って候補から外しましょう。

開示できない、後ろめたい理由があるはずです。

せっかくこだわりの鹿肉ドッグフードを選ぶのですから、産地にまでこだわりたいものですね。

評判の良い鹿肉フードのおすすめ5選

それでは、口コミ・評判の良い鹿肉ドッグフードをランキング形式でご紹介していきます!

鹿肉フードを選ぶ参考にどうぞ。

1位.ZEN「プレミアムドッググレインフリーベニソン」

1位.ZEN「プレミアムドッググレインフリーベニソン

国産で安心感がある

鹿肉は国産

国産ドッグフードZENに使用されている鹿肉は、日本国内で捕獲された野生鹿です。

保健所より食肉処理業の営業許可を受けている、衛生的に管理された食肉工場で処理されているので安心・安全です!

アレルギーへの徹底的な配慮

食物アレルギーを起こしやすい「小麦」や「米」「大豆」「トウモロコシ」等の原料を使用していません。

それだけでなく、製造工場内でも一切不使用なので、製造工程で混入することもなく安心ですね。

みんなの口コミ・評判

  • 色々試した中で一番食いつきが良かった
  • 美味しそうな臭いで、食いつきもいい。よく食べます
  • 腸内環境が整ったようで、綺麗な形と色の便が出てくるようになった
  • すっかりアレルギーの症状が治まりました!
  • 価格が無駄に高いわけではない
良い口コミ

国産ドッグフード「ZEN」の口コミを見ると、かなり評価が高いようです!

特に、「食いつきが良い」という意見が目立ちました。

アレルギー症状がおさまった子もいるようなので、アレルギーにお悩みのワンちゃんは試して見る価値がありそうですね!

悪い口コミ

悪い口コミは特に見当たりませんでした。

価格は高いけれど、価格通りの効果を感じて、満足している方が多いようでした。

国産ドッグフードZENの公式サイトで詳細を見る

2位.ZIWI「エアドライ・ドッグフードベニソン」

ZIWI「エアドライ・ドッグフードベニソン」

一流のドッグフード

ニュージーランド産

数あるプレミアムドックフードの中でも、「最高級」と言われているドックフード「ジウィ」。

ニュージーランド産の自然放牧のベニソンを主原料としています。

ニュージーランドは、食品、農産物の安全性確保に対する意識が非常に高い国で、農・畜産・水産物の生産者に対する安全規格・基準が厳しく定められています。

鹿肉だけでなく、その他原料も全てニュージーランド産なので、安心して与えられますね!

肉・魚の占める割合が凄い

原料のうち、96%が肉や魚介で占められています!

そのため、嗜好性が高く、愛犬も喜んで食べてくれるでしょう。

みんなの口コミ・評判

  • とても喜んで食べています
  • 偏食だったのが、これだと食べてくれました
  • アレルギー持ちのうちの子には、余計なものが何も入ってない点が良いみたい
  • おやつとしても、主食としても両方をこなしてくれるので助かります
  • 普段の主食にするには高いですが、食いつきは抜群です
良い口コミ

好き嫌いの多い子が食べてくれたという意見が多く見受けられました!

偏食気味のワンちゃんでも食べてくれるなんて、よほど嗜好性が高いドッグフードなのでしょう。

また、原料もシンプルなのでアレルギー持ちのワンちゃんにも与えやすいようですね。

悪い口コミ

価格に関してはネックなようです。

2018年3月に、定価が12,400円/1kgまで値上がりしたため、ますます手が届きづらくなってしまいましたね。

おやつとして与えたり、夜だけ与えたりと工夫されている方もいらっしゃるようでした!

アマゾンなどでは、もう少し安い価格で売られているため、購入の際は、価格を色々見比べてから買うと良いでしょう。

ジウィピーク ベニソンの評価を見る

3位.KiaOra(キアオラ)ベニソン

3位.KiaOra(キアオラ)ベニソン

安全、安心の原材料

安心のニュージーランド産

キアオラは、ZIWIと同じで、ニュージーランド生まれの自然放牧の鹿肉を使用したドッグフードです。

ZIWIとの相性も良く、混ぜることで、より肉の摂取量を高めることができるため、ZIWIとキアオラを混ぜて与えても良いようですよ!

ZIWIにはちょっと手が届かないけど、どうしても与えたいという方は、キアオラと混ぜることでコスト削減にもなりますね。

食物アレルギーへの配慮は良い

グレインフリーで、動物性タンパク源を「鹿肉+サーモン」に絞っており、食物アレルギーにも配慮がなされています。

鶏脂から鶏タンパク質を除去してあるため、チキンにアレルギーのあるワンちゃんでも食べることができます!

徹底したアレルギーへの配慮、素晴らしいですね。

みんなの口コミ・評判

  • このフードならば、そのままオヤツにしても食べています。
  • 全く食べませんでした。臭いが気に入らなかったようです。
  • 小腹がすくと、ポリポリと食べているので、味は良いみたいです。おなかの調子も良いです。
  • キアオラ3種買った中で、一番食いつきもよく、腸の様子もよかった。
  • 封をあけてみると何だか臭い・・・?案の定、5ワン皆が全く口にせず廃棄しました。
  • もともと価格が高めでしたが、最近急に値上がりしたのが痛いです…。
良い口コミ

おなかの調子が良い、食いつきが良いといった意見が多く見受けられました!

フードをキアオラに変えてから、しっかりと栄養が吸収されているのを実感されている方もいらっしゃいましたね。

キアオラも、ZIWI同様に「おやつ」として与えている方も多いようです。

悪い口コミ

ちらほらと「食べない」という意見がありました。

サーモンが入っているドッグフードは良く「臭い」と言われがちですね。

独特の香りがして苦手なわんちゃんもいるのかもしれません。

好みが分かれるようなので、初めての購入は小さいサイズから試してみたほうが良いでしょう。

また、2018年6月28日よりキアオラ製品が値上げされたようです。

ニュージーランド産肉原料に対する世界各国からの需要が高まり、原価が高騰しているのが値上げの理由だそうです。

出費は痛いですが、「愛犬に安全なドッグフードを」と願うのであれば、多少の値上げには目をつぶるしかないのかもしれませんね(-_-)

キアオラ公式サイトで詳細を見る

4位.クプレラ「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」

4位.クプレラ「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」

原料が開示されている

鹿肉はオーストラリア産

クプレラのベニソンもおすすめです。

クプレラで使用しているのは、オーストラリアの鹿肉。

オーストラリアも、家畜の主な疫病が発生していない国として、国際的に認知されています。

ホルモン剤、成長促進剤、抗生物質などの薬品を使用していないので安心して与えられるでしょう。

全ての原料の詳細が開示

クプレラの嬉しい点として、公式サイトに原料の詳細な説明が記載されていることがあげられます。

産地はもちろん、どのような目的で配合されているのかがわかるのは安心材料になりますね。

みんなの口コミ・評判

  • 高品質で納得の商品です。
  • 皮膚の状態、お腹の調子も良く、食いつきも良いのでこれ1本でいこうと思います。
  • 美味しいのか食欲も旺盛でセーブするのに大変です
  • ウンチ良好。小型犬には少し砕いてあげた方が食べやすいかもしれません。ただ高い…
良い口コミ

調子が良いという口コミが多く見受けられました!

食いつきも良いようなので、食欲が落ちてきたワンちゃんにも良さそうですね。

悪い口コミ

内容には満足しているものの、値段に関しては「高い」と感じる方が多いようです。

コストをおさえたいのなら、以下に紹介する、クプレラの別シリーズ「べニソン&スイートポテト・ドッグフード」が良いでしょう。

クプレラ公式サイトで詳細を見る

5位.クプレラ「べニソン&スイートポテト」

5位.クプレラ「べニソン&スイートポテト」

価格、品質よし

手の届きやすい価格帯

価格をおさえたい方には、クプレラ「べニソン&スイートポテト・ドッグフード」がおすすめです。

1,900円/900gなので、比較的手の届きやすい価格帯だと言えるでしょう。

グレインフリーではない

クプレラ「べニソン&スイートポテト・ドッグフード」には穀類の使用があります。

使用している穀類は、小麦やとうもろこしなどのアレルギーを起こしやすいと言われるものではなく、燕麦、アマランサスなので、その点に関しては評価できますね!

穀物アレルギーが無いワンちゃんは、価格が控えめな「べニソン&スイートポテト・ドッグフード」を視野に入れても良いでしょう。

みんなの口コミ・評判

  • 2年ほど与えていますが健康で、何も問題は出ていませんので、わが仔には合ってます。
  • 食いつきもまずまずで良いウンコが出ます。
  • 1匹のチワワは良く食べるのですが、もう1匹のダックスがいまいちでした。
  • 内容が素晴らしいのにお値段が抑えられているので大満足です。
良い口コミ

お値段が控えめなのに、内容が良いということで満足している飼い主さんが多いようです。

食いつきに関しても、上位4種類のドッグフードには劣るものの、まずまずなようです。

悪い口コミ

しかし、口に合わないワンちゃんもいるようですね。

どのワンちゃんにも合う、合わないはありますので、鹿肉にこだわりすぎず、他の主原料のドッグフードを視野に入れるのも1つの手だと思います。

クプレラ公式サイトで詳細を見る

一覧表

順位 1位 2位 3位 4位 5位
商品名 ZEN「プレミアムドッグ グレインフリーベニソン」 ZIWI「エアドライ・ドッグフードベニソン」 キアオラ ベニソン クプレラ「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」 クプレラ「べニソン&スイートポテト」
商品画像 ZEN ZIWI キアオラ クプレラ「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」 クプレラ「べニソン&スイートポテト」
特徴 国産鹿肉を使用! 安心できるドッグフード 価格が気にならない方に! 最高品質のドッグフード! 鹿肉は安心のニュージーランド産! アレルギーへの配慮もバッチリ オーストラリアの鹿肉使用!原料の産地も明確で安心 価格が気になる方に! 手の届きやすい鹿肉ドッグフード
原産国 日本 ニュージーランド ニュージーランド オーストラリア オーストラリア
品質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレードかは不明 ヒューマングレード ヒューマングレード
安全性
価格 2,894円/700g 12,400円/1kg 3,600円/900g 3,220円/700g 1,900円/900g
詳細 ZEN ZIWI キアオラ クプレラ「エクストリーム・プレミアム・ベニソン」 クプレラ「べニソン&スイートポテト」

まとめ

鹿肉のドッグフードには魅力的な効果がたくさんありますね!

しかし、安全性の確認は必須です。

きちんと公式サイトを確認し、安心できるところから購入することをおすすめします!

もし鹿肉フードを試してみて食いつきがイマイチだと感じる場合は、無理をせずに、違う主原料のドッグフードも視野に入れましょう。

アレルギー対策であれば馬肉も鹿肉と同じぐらいおすすめです♪

我が家の愛犬に「馬肉」のドッグフードを与えたレビュー記事はこちら

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.