ドッグフードの選び方

愛犬のフードの食いつきが悪い8つの理由

投稿日:2018年12月2日 更新日:

愛犬のフードの食いつきが悪い8つの理由

「愛犬がドッグフードを食べない」
「最初は食べていたのに飽きてまた食べなくなった」

フードを食べないから別のフードを与え、また食べなくなったからまた別のフードを探すというドッグフードジプシーの飼い主さんが増えています。

愛犬のフードの食いつきが悪いのには、何か理由があるはずです。

今回は、愛犬のフードの食いつきが悪い8つの理由と、食いつきをUPさせる方法を解説していきます!

実際に試してみて、我が家の愛犬の食いつきが良かったフード5つも、ランキング形式でご紹介していきます♪

食いつきでお悩みの方、是非参考にしてください!

我が家の愛犬の食いつきの良かったフードを見る☟(下へ飛びます)

愛犬のフードの食いつきが悪い8つの理由

1.お腹がすいていない

1.お腹がすいていない

食事量が多すぎる

人間も同じですが、お腹がすいていないときに無理して食べるのはツライですよね。

よほど美味しく「別腹」になり得る食べ物だったら食べるかもしれませんが‥。(贅沢言ってスミマセン‥謝)

食いつきが悪い場合は食事量が多すぎる可能性があるので、残した分は20分程度で黙ってさげましょう。

運動が足りていない

運動は足りていますか?

運動してカロリーを消費すれば体がカロリーを要求します。

食事量はその犬の必要エネルギー量なので、運動をしてお腹がすけば選り好みせず食べる場合が多いです。

食事の前に十分な運動を習慣付けることで、食いつきの問題の大半は解消されるでしょう。

また、食事後は消化のためにもしっかり休ませること。

「運動する→食べる→休む」このくり返しが大切ですよ。

2.ストレス

2.ストレス

犬は人間社会にあわせて生きているため、ガマンが多い生活を送っています。

「散歩に行きたいのに連れて行ってもらえない‥」
「飼い主が外出していてひとりぼっち‥」
「落ち着けるスペースがない‥」
「飼い主に気持ちが伝わらない‥」など。

ストレスがあっても、うまくストレス解消する機会があれば問題ないのですが、常にストレスを感じていると病気になることもあるんです。

犬がイライラしているときに、以下のような行動を取ることがあります。

  • 自分の体を舐め続ける
  • 自分の尻尾を追いかける
  • 同じところをグルグル歩き回る

また、食欲がなくなり、繰り返し吠えたり、落ち込んだ様子をみせたりします。

このような行動をする場合は、ストレスではなく体に異常がある場合もあるので、普段と違う様子がみられるときは病院へ。

人間と生活する上で多少はガマンしてもらう分、わたしたちも愛犬がストレス発散できる機会(運動・遊び・一緒に過ごすなど)を積極的につくりましょう。

愛犬に楽しみをつくり、ハリがある暮らしを。

悩みに早く気づけるよう、愛犬のしぐさや行動を観察し、ストレスの原因をなるべく減らす努力をしてくださいね。

3.発情期

3.発情期

年に2回、犬の女の子(メス)には発情期があります。

発情期のメス犬はホルモンバランスが変化し神経過敏になるため、食欲がなくなる傾向があります。

また、オス犬は発情期のメス犬の尿や膣から分泌されるフェロモンに誘われて、いてもたってもいられなくなり食欲がおちます。

発情期のメス犬を散歩させるときはオス犬に会わないよう時間帯をずらしたり、フェロモンでオス犬を刺激し欲求不満にさせないよう、他の犬があまり通らない場所で散歩しましょう。

メスの発情期の匂いは2キロ先まで届くので、オス犬にストレスをかけない配慮を。

去勢・避妊手術をすること、また手術ができない場合はきちんと管理することが大切です。

4.体調不良

4.体調不良

犬は体の不調を言葉で飼い主に伝えることができません。

食欲の有無も愛犬の健康状態を知るための重要なチェックポイントです。

普段は食欲がある愛犬が徐々に、または急に食欲を失うなど、日ごろと異なる症状がみられる場合は、何らかの病気の可能性(内臓器疾患やケガ・感染症など)があります。

早めに獣医師へ相談しましょう。

5.おやつ

5.おやつ

おやつを食べることによってお腹がいっぱいになり、フードを食べないことがよくあります。

おやつはカロリーが高い上に、塩分や糖分・調味料や人工添加物が入っているものが多いので注意が必要。

しつけの上でご褒美を与えるときには、安全なものをごく少量与えましょう。

人間が食べているものを欲しがっても与えないでください。

愛犬がおねだりする様子が可愛いからといって根負けしないように。

欲しがっているからと言って与えると、主導権を愛犬に握られますし偏食になるので、しつけの上でも健康面でも良くありません。

愛犬のために、食べ物で甘やかさないようにしましょう。

6.季節による食欲低下

6.季節による食欲低下
犬は毛皮をまとっているため夏の暑さに弱いです。

気温が高まるにつれ、体温が上昇し脳に刺激を与えるため、食欲がなくなります。

しかも夏場は、犬は体温を下げるためにパンチング(口を開けて舌をだし早い呼吸をすること)をし、多くのエネルギーを消耗してしまいます。

エネルギーが必要な夏に食欲がおちると栄養不足になってしまうので、少量で栄養がとれる高品質のフードがおすすめです。

冬は体温を保持するために一番エネルギーが必要な季節ですから、栄養豊富なフードをほかの季節より多めに与えてくださいね。

秋は自然と食欲がでてくる季節なので与えすぎないように。

7.フード自体を食べたくない

7.フード自体を食べたくない

いつもフードをお皿に入れたまま置いていると「いつでも食べられる」と思い、食べなくなります。

放置したフードが劣化することでさらに食欲が低下するので、食事が済んだら残っていても片付けましょう。

また、食事を用意した時点で既にフードが酸化していたら愛犬が気の毒です。

人工添加物が入っていない安全なフードは、賞味期限が長くないので、開封したら適切に保管し一か月以内に使い切るようにしましょう。

また、粗悪なフードを本能的に食べない犬もいるので本当に体に良い安全なフードを与えてくださいね。

適切なフードの保管方法とおすすめ保存容器はこちら

8.うんちを我慢

8.うんちを我慢

犬はもともと居住スペースをきれいに保つ習性があります。

トイレトレーニングが成功し室内の所定の場所で用をたせば良いですが、散歩のときにしか用をたさないワンちゃんは、飲み水や食事量を散歩の時間に合わせて調整することもあります。

愛犬が外でしかウンチをしない場合は、ガマンさせないよう1日に数回は決まった時間にお散歩を(もちろんマナーは守ってくださいね)。

出すものを出さないと、食べるに食べれませんから!

食いつきをよくするための6つの改善策

愛犬がフードをと食べない場合に試してほしい、「食いつきを良くするための方法」を6つご紹介していきます!

1.フードや容器を温める

1.フードや容器を温める

フードをひと肌(野生動物の体温である40度前後)に温めると、ニオイが増すため食いつきが良くなるといわれていますよ。

容器をお湯で温めるだけでもOKです。

手でフードを混ぜ、適温であるか確認をすると、飼い主のニオイや体温もフードに加わり食事で愛情も伝えられるのでオススメです!

2.速やかに食器をさげる

速やかに食器をさげる

多頭飼いの場合は、食事をしているときも競争相手がいるので、1頭飼いに比べて早くいっぱい食べると言われています。

1頭だけ飼っている場合、競争相手がいないのでのんびり食べる癖がつくことがあります。

のんびり食べるのは良いですが、ダラダラ食いにならないように。

ある程度、時間を決めてから食事をさげることで「飼い主に食事をさげられる前に食べなくちゃ」という競争相手にかわる心理が働くので時間内に食べるようになるでしょう。

3.ドッグフードと水しか与えない

3.ドッグフードと水しか与えない

ドッグフードが自分の食事だと認識させる

ドッグフードと水だけで栄養バランスがとれ健康が維持されるフードを「総合栄養食」といい、ペットフード公正取引委員会が基準を設け管理しています。

総合栄養食のフードと水だけを与え、食べない場合はさげることでほかの選択肢を作らず愛犬にフードを食べさせます。

待っていてもおやつや人間用の食事を食べることができないと覚えさせ、「ドッグフードだけが自分の食事なんだ!」と愛犬に理解してもらいます。

栄養バランスの良いフードを選ぶ

もともと食が細い犬には少量で栄養バランスがとれるフードを与えるなどの工夫をしましょう。

フードと水のみを与える方法では、愛犬の体をつくる食生活をドッグフード会社に100%お任せすることになるので、安価で低品質なフードを避け、信頼できる会社から信頼できる安心&安全なフードを選ぶことが最も大切です。

安心&安全に与えられるおススメのドッグフードはコチラ。
当サイトおすすめのドッグフード

4.動物性タンパク質がメインのフードにする

4.動物性タンパク質がメインのフードにする

市販されている安価なフードはとうもろこし・小麦・大豆などの穀類の割合が高いため、本来肉食動物である犬は消化吸収するとき負担になります。

犬はお肉が大好きですし、動物性タンパク質を消化吸収するのが得意です。

栄養面と食いつきの両方を考えてみても、動物性タンパク質メインのフードを選択することをおすすめします。

5.完全手作り食

手作り食には専門知識と手間が必要

食いつきが一番良いのは手作り食

「毎日加工食品だけ与えると愛犬も味気ないだろうから、愛情がこもった食事を与えたい」と考える人も増えてきています。

完全手作り食は一番食いつきが良いといわれていますので、愛犬のためにずっと頑張れる!という方は試してみると良いかもしれません。

知識と手間が必要

しかし、専門知識と手間が必要です。

栄養学の知識を身に付け、自分で納得した食材を選び、栄養バランスが整った食事を毎日用意するのはけっこうハードルが高い方法です。

手作り食を与えていたのに、飼い主の事情で途中からドッグフードのみにするなど、食事に一貫性がないと、手作りの味を覚えてしまった愛犬は食事が変わることにストレスを感じてしまい食欲がなくなります。

レシピ本を買っていきなり完全手作り食を始めるのではなく、これから先もずっと手作り食を続けられるかどうかよく考えてから決めてくださいね。

手作り食は歯石がつきやすい

また、ドッグフードに比べ手作り食は歯石がつきやすいのでハミガキをしっかりできる飼い主さん向けだと言えるでしょう。

(きちんとしたハミガキはかなりレベルが高いしつけの一つです)

6.手作り&ドッフフードのミックス

6.手作り&ドッフフードのミックス

栄養バランスを一から考える必要がないのが利点

手作りとドッグフードを併用するという手もあります。

方法としては、

  • トッピングとして与える
  • 2~3割手作りにする
  • 半分手作りにする
  • 朝ドッグフードで夕は手作りとフードのミックスにする

などいろいろありますが、手作り&ドッフフードのミックスの場合、完全手作り食のように栄養バランスを一から考える必要はないのがメリットですね。

ですが、犬が食べてはいけないものは最低限知っておく必要があります。

ドッグフードの栄養バランスを生かすためにも、トッピングか、2割程度まで手作り食ぐらいがよいでしょう。

犬が食べてはいけないものについてはコチラの記事で解説しています。
犬に与えてはいけない12の食べ物

ドッグフードときちんと混ぜること

ドッグフードにトッピングをする時に、トッピングだけ食べてしまいフードを残すワンちゃんがいます。

ドッグフードを食べ残さないように、トッピングとフードをしっかり混ぜることをおすすめします。

よく混ぜることによって、フードに手作りのニオイや味がうつるので普段食べないフードの食いつきもUPします。

食いつき重視ではなく品質重視で選べる

「トッピング」で嗜好性を高める工夫をすれば、ドッグフードを「食いつき」重視で選ぶ必要がなくなるので、フードジプシーからも卒業できるかもしれません。

「無添加で安全」な「健康に良い」品質を重視したフード選びが出来るようになりますね。

「動物性油脂」などでベタベタにコーティングされていたり、人工の調味料や添加物、食塩などで嗜好性を高めてあるような安価なフードは愛犬に優しくありません。

動物性油脂は酸化しやすいので人工酸化防止剤を必要としますが、動物性油脂そのものに人工添加物が使用されている場合もあります。

愛犬に安心安全な食事を与えたいのであれば、質の良いドッグフードに「味付けなし」の手作りトッピングをした方良いでしょう。

飼い主自ら嗜好性を高めてあげられるので、愛情が愛犬に伝わること間違いなしです!

当サイトで試した食いつきの良かったフード5つ

当サイトで実際に試してみて、「安全」かつ「愛犬の食いつきが良かった」ドッグフードをランキング形式でご紹介していきます♪

味には好みがあるので、絶対食いつく!とは言えませんが、安全で食いつきの良いドッグフードをお探しの方は、試してみると良いかもしれません。

1位「ブッチ」

ブッチ

我が家の愛犬が、過去にないくらいに1番目を輝かせて食べたのは、ブッチドッグフードです!

ぶっちぎりの1位!!

やっぱり、ドライフードに比べると、ウエットフードは、犬の食いつきが違いますね。

愛犬の食いつきにお悩みなら、是非与えてみて欲しいと思います(^_^)

主食だけではなく、トッピングとしても使えるので、普段のドッグフードに混ぜてあげると良いですね!

味も3種類から選べるので、愛犬の好みに合わせて選んであげることができますよ。

ブッチのレビュー記事はこちら

2位「オリジン」

オリジン

第2位はオリジン。

オリジンも、愛犬がすごい勢いで食べていました!

原材料の80%がお肉なので、食いつきがいいのも納得です。

食いつきも「最高級」ですが、価格も「最高級」なのがネックです。

愛犬の食いつきのためなら、価格は気にしないという方におすすめです。

お試しサイズも販売されているので、興味がある方は試してみてみてはいかがでしょうか。

オリジンのレビュー記事はこちら

3位「モグワン」

1.モグワン

飼っている愛犬達の中で、好き嫌いの激しい子も食べたのが、「モグワン」。

好き嫌いの激しい子がガツガツ食べてくれるのは、飼い主にとって本当に嬉しいですよね。

試しに、違うフードと混ぜて与えたら、モグワンだけ選んで食べている子もいましたよ♪

犬も美味しい物が好きなんですね(笑)

モグワンのレビュー記事はこちら

4位「Dr.ケアワン」

3.Dr.ケアワン

Dr.ケアワンも食いつきが良かったです。

うちの愛犬は、写真撮影のためにテーブルに置いたドッグフードを、横取りするほどの食いつきをみせました!

涙やけでお悩みのワンちゃんやシニア犬におすすめのドッグフードです!

Dr.ケアワンのレビュー記事はこちら

5位「馬肉自然づくり」

馬肉自然づくり

私が食べたところ、味も香りもそんなに強くなく「淡泊」なイメージだった馬肉自然づくりですが、愛犬の食いつきは非常に良かったです!

食いつきに関しては文句なし!!

珍しい馬肉が主原料なので、アレルギー対策としても有効ですよ。

フードローテーションの1つに取り入れても良いかもしれませんね。

馬肉自然づくりのレビュー記事はこちら

食いつきの良かったドッグフード一覧表

ランキング 1位 2位 3位 4位 5位
商品名 ブッチ オリジン モグワン Dr.ケアワン 馬肉自然づくり
商品画像 ブッチ オリジン モグワン Dr.ケアワン 馬肉自然づくり
特徴 愛犬の食いつきはぶっちぎりの1位! 食いつきも価格も最高級!価格が気にならない方に 好き嫌いの激しい愛犬も食べたフード! 涙やけでお悩みの方やシニア犬におすすめ! アレルギー対策としても有効!馬肉が主原料のドッグフード
タイプ チルド ドライ ドライ ドライ ドライ
原産国 ニュージーランド アメリカ イギリス 日本 日本
主原料 ビーフ・ラム・チキン・フィッシュ 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ チキン、サーモン 鶏肉 馬肉
品質 ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード ヒューマングレード
安全性
価格 1,170円/800g ※定期コースの場合 1,300円/340g 3,564円/1.8kg※定期コースの場合 2,480円/800g※定期コース(初回) 2,400円/1kg※定期コース(初回)
詳細 ブッチ オリジン モグワン Dr.ケアワン 馬肉自然づくり

まとめ

食いつきをアップする方法などいろいろご紹介しましたが、自分に合った方法で一貫性をもって続けてくださいね。

食いつきを良くするためにレベルアップしていくと、あとあと大変になりますから、無理なく続けられる方法を選んでください。

愛犬の舌を肥えさせるような食事を与えて甘やかすのではなく、運動・排泄など基本的な犬の欲求を満たした上で健康に役立つ食事を与えましょう。

食事に愛情をひと手間(温める・手でまぜるなど)加えるだけでも十分です。

食いつきを良くするための優先順位を間違わないよう、基本的なところからチェックして見直していきましょうね。

トッピングなら、ブッチドッグフードがおすすめです。
ブッチ『ドッグフード』の通販レビューと辛口評価

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.