ドッグフードの選び方

無添加で安全なドッグフードを比較!コツは?おすすめは?

更新日:

無添加で安全なドッグフードを比較!コツは?おすすめは?

「愛犬の健康のため、安全なドックフードを食べさせたい」

「でも、どうやって選んだらいいの?」

「とりあえず今のドッグフードを食べさせているけれど、本当にこのドッグフードでいいのかなぁ?」

そんなあなたに、アナタにもできる安全なドッグフードの見分け方を伝授しますよ。

ドッグフードジプシーの方も、必見♪

無添加で安全なオススメのドッグフードもご紹介しますので、お楽しみに。

安全なドッグフードの見分け方

無添加で安全なドッグフードを比較!コツは?おすすめは?

安全なドッグフードを見分けるには、いくつかコツがありますよ。

ドッグフードを選ぶとき、是非とも参考にしてみてくださいね♪

原材料をチェック

パッケージの表(国産表示や無添加表示、キャッチコピー)だけで判断しないことが大事。

チェックするべきは、パッケージの裏(または側面)の原材料ですよ。

【その1】最初に表示してある原材料をチェック

ドッグフードの原材料は、一番多く含まれているものから順に記載してありますよ。

安価なドッグフードは最初に穀類が表示されることが多いですね。

「なぜ、穀類が一番目に表示されていたらダメなの?」

→犬は本来肉食性で、犬にとって一番必要な栄養素はタンパク質なので、肉類が一番最初に表示されているものがオススメ。

穀類メインのドッフフードは犬が消化吸収するとき、負担になってしまうんですね。

肉類メインのドッグフードに栄養価が高く比較的吸収されやすい穀類が入っている分にはOK。

もちろん、グレインフリー(穀物不使用)にこだわってもOK。

でも、穀類メインで小麦・トウモロコシ・脱脂大豆などの表示があるときは要注意。

小麦・トウモロコシ・脱脂大豆などは、かさ増しのため安価なドッグフードによく使われていますが、低品質のため消化吸収が悪く、アレルギー源になりやすいといわれていますよ。

また、原材料の記載順位を下げるために、トウモロコシをトウモロコシとコーングルテンミールやコーングルテンフィードなどにわけて記載してあるドッグフードもあるので、注意してくださいね。

【その2】原材料が加工品なのか素材そのものなのかをチェック

原材料に記載されている人工添加物よりコワイのが、記載されていない原材料そのものに含まれている合成添加物です。

〇〇ミールや〇〇パウダー、〇〇エキス、動物性油脂などは注意が必要。

「〇〇等」や「〇〇他」という表示で、そもそも何が入っているのかわからない不誠実なドッグフードも避けた方がいいですね。

【その3】合成添加物をチェック

ドッグフードは保存食ですから、保存料は必要です。

日本で使用量制限があるエトキシキン・BHA・BHT・亜硝酸ナトリウムはなるべく避けたいですが、使用量制限がありますから賛否ありますね。

添加物には人工的なものと天然由来のものがありますから、ハーブなどの天然由来の添加物がオススメですよ。

【その4】原材料はどこからきたの?肉の飼育環境や野菜類の産地は?

原産国は最終加工場所を表示するため、国産と表示されていても全てが国内で作られたものとは限りません。

特に原材料の段階で加工されているものの場合、注意が必要ですね。

「どこの国の肉なの?」「野菜の産地はどこ?」

「何の肉でどの部位を使っているの?飼育環境はどう?」

原材料の詳細を公開していないドッグフードは要注意。

高品質のドッグフードは、原材料の詳細を公式ホームページで全て公開していますよ。

そんなヒューマングレードの原材料を使っているドッグフードを選びたいですね。

「カナガン」「ナチュラルドッグフード」「オリジン」を比較

無添加で安全なドッグフードを比較!コツは?おすすめは?

「安全なドッグフードの見分け方で、全ての条件をクリアしているオススメのドッグフードってあるの?」

→ありますよ♪

プレミアムドッグフード人気ランキング上位常連の御三家「カナガン」「ナチュラルドックフード」「オリジン」です。

それぞれの特徴を一緒にみていきましょう。

カナガンってどう?

カナガンの一番の特徴はグレインフリー(穀物不使用)ですね。

イギリス産の平飼いのチキンが原材料の半分以上を占めています。

もちろん、人工添加物も不使用

カナガンは市販されていません。

輸入販売正規代理店からの直接購入のため、新鮮なドッグフードが確実にあなたの手に。

公式HPで購入すると、割引特典もあるのでお得ですよ♪

カナガンのコスパは1日167円(成犬6㎏78g換算)

注)コスパは割引特典によってかわります(1日133~167円)購入金額によっては別途送料がかかります。

カンガンはプレミアムドッグフードのなかでは、原材料・コスパ・購入方法など、総合的にみてバランスがとてもいいのでオススメですよ♪

「カナガン」の詳細はコチラ↓
カナガンドッグフード評判や評価は?徹底比較

NDFナチュラルドッグフードってどう?

NDFナチュラルドッグフードは合成添加物100%無添加のドッグフードです。

栄養豊富でヘルシーなイギリス産のラム肉が原材料の半分近くも贅沢に使われています。

アレルギー源になりやすい原材料は不使用。

しかも、カナガンと同じ代理店の公式HPから購入できますから安心ですね。

ナチュラルドッグフードのコスパは1日150円(成犬6㎏70g換算)

注)コスパは割引特典によってかわります(1日120~150円)購入金額によっては別途送料がかかります。

カナガンにするかナチュラルドッグフードにするか迷われるときは、ドッグフードとの相性をみるため愛犬に両方食べさせてみるのもありだと思います。

公式HPから両方一緒に購入できますから、フードのローテーションもできますね。

愛犬の体重管理したい飼い主さんには、ナチュラルドッグフードがオススメ♪

「ナチュラルドッグフード」の詳細はコチラ↓
ナチュラルドッグフードの評判や口コミは?アレルギーの成分は?

オリジンってどうなの?

最高級ドッグフードといえばオリジン。

グレインフリー(穀物不使用)、そして人工添加物も不使用。

野生の犬の食事を再現した肉類80%、フルーツと野菜20%、穀類0%という原材料比。

ヒューマングレードのこだわりの原材料。(放し飼い鶏・放牧赤身肉・天然魚など)

原材料はすべて地元カナダ産。

自社工場でこだわりの加工法によって作られた理想のドッグフードです。

オリジンの1日のコスパは178円(2.27㎏購入時・体重6㎏成犬72g換算)

注)コスパは購入量によってかわります(1日122円~240円)別途送料・代引手数料がかかります。割引特典はありませんが、容量が多いドッグフードを購入すると割安に。

また、ネットでは劣化の可能性がある並行輸入品がでまわっているので、正規代理店から正規品を購入することが重要ですよ。

「オリジン」の詳細はコチラ↓
オリジンドッグフードを徹底評価!激安価格や最安値は危険?

安全なドックフードのまとめ

簡単なコツをおさえれば、ドッグフードに対する見方もかわってくると思います。

近所のホームセンターでパッと買って、それなりのドッグフードが手に入ればいいのですが、現実は粗悪なドッグフードがいっぱいありますから見る目を養うことが大事。

法律の範囲内で何とかして原材料をごまかそうとしているドッグフードと、愛犬の健康を考えて研究・製造されたドッグフード、あなたはどっちを選びたいですか?

プレミアムドッグフードは一般のドッグフードより栄養価が高く、給与量は一般のドッグフードに比べて少なめなので、意外とコスパがいいのでオススメ♪

ドックフード選びに神経質になり過ぎるのは良くないので、安全なドッグフード選びを楽しんでほしいなぁと思います。

慣れてくると人間用も含めて色んな食品の原材料見るのが楽しくなっちゃいますよ。

食べるものを選べるってこと自体が幸せなことですね。

ドッグフードには愛犬との相性がありますので、愛犬の健康状態をよくチェックしながら食べさせてあげてくださいね。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.