ドッグフードの選び方

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

更新日:

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

「グレインフリー」というドッグフードを聞いたことありますか?

グレインフリーとはどんな意味で、どんなフードなのでしょうか?

良い点、悪い点から評判、おすすめフードまで徹底解説します!

グレインフリーとは?

グレインフリーとは?

グレインフリーとは、穀物(小麦、とうもろこし、米などの穀物全般)を完全不使用という意味です。

グルテンフリーとの違いは?と質問されることがありますが、

・グレイン フリー ⇒ 穀物類 不使用
・グルテン フリー ⇒ 穀物から生成されるタンパク質 不使用

という意味で、どちらも「穀物が入っていない」という意味でほとんど違いはありません。

とりすぎ注意?穀物の危険性

とりすぎ注意?穀物の危険性

実は、穀物類は摂り過ぎると太る、アレルギー、消化不良など、様々な害をもたらすことがあります。

パンやホットケーキ、パスタ、ピザ、ケーキなど、小麦やとうもろこしなどの穀物は私達の生活にありふれており、毎日なにかしらの穀物類を摂取していることでしょう。

巷で売られている安いドッグフードにも、かさ増しやつなぎに穀物類が使われていることが多いです。

私達や愛犬たちがたくさん摂取している穀物類(グルテン)は、体の中で消化されて糖質に変化し、エネルギーとして使われます。

エネルギーになってくれる食材なのに、なぜあまり取らないほうが良いのでしょうか?

詳しくみてみましょう。

太る原因に

太る原因に

砂糖などの「糖質」のとりすぎが肥満につながり、体に良くないということは皆さんご存知かと思います。

穀物類も、体内で分解されると最終形態は砂糖と同じ「糖質」になるんです。

糖質を大量に摂取すると、体内で血糖値が上昇しインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。

このホルモンには、脂肪をエネルギーとして貯めこむ機能があるので、穀物類を多く摂取すると血糖値が上がり、太りやすくなってしまいます。

近頃流行っているライザップの「炭水化物抜きダイエット」もこの糖質をとらないように制限するダイエットです。

糖質を取らないと身体に必要なエネルギーが足りなくなるので、脂肪を使ってエネルギーを作りだそうという機能が働き、痩せるのです。

肥満ワンコももしかしたらご飯を変えたら痩せるかも?

アレルギーの原因に

穀物類のタンパク質は食べ物のなかでもアレルギーになりやすいタンパク質なんです。

今まで平気で穀物類を食べていたワンちゃんも、ある日突然!穀物のタンパク質に反応してアレルギーを起こす可能性があります。

筆者の友人にも(人間ですが)ある日突然!小麦アレルギーを発症してしまい、入院するほど重症になり、それ以降一切小麦が食べられなくなってしまった人がいました。

ワンちゃんの小麦アレルギーも、犬種でいえばダックスフントやチワワ、フレンチブルドックなどによく見られます。

何か一つでもアレルギーを持っている子は他の食材でもアレルギーになりやすいので、特に注意してあげてください。

・フードを食べても吐く、下痢をする
・湿疹や皮膚病が治りにくい

といった心当たりがある方。もしかしてそれは穀物アレルギーのせいかもしれません。

一度病院でアレルギーチェックを行ってくださいね。

犬は穀物を消化し辛い

犬は穀物を消化し辛い身体の作りになっています。

私達人間は、穀物を食べた際に唾液中に「アミラーゼ」という消化酵素が含まれているため、咀嚼と唾液により穀物を口の中である程度分解できます。

ある程度口の中で分解したうえで飲み込み、胃に入っていくので胃や腸への負担が少なくなる効果があるのです。

しかし、犬は唾液中にこの消化酵素「アミラーゼ」を人間のようにたくさん持っていません。

体内に入ってから、膵臓から分泌されるアミラーゼがありますので穀物を全く消化できないわけではありません。

しかし、ほぼ消化されないまま十二指腸まで穀物が到達するのですから、胃や腸への負担があります。

また消化の効率が人とくらべてかなり悪いことになりますので、効率の良い栄養分とは言えません。

グレインフリーフードの良い点と悪い点

グレインフリーのフードにも、良い点と悪い点があります。
みていきましょう。

良い点

・穀物アレルギーの子でも与えられる

・アレルギーになるリスクが低い
 
上記に説明したとおり、アレルギーを発症しやすい穀物が入っていないので、アレルギー体質の子にも与えられます。
(その他入っている食材が体質に合うものかどうかもメーカーごとにしっかり確認してくださいね)

・消化に良い

消化に悪い穀物類が入っていないので、フードを効率よく消化できます。

そのため毛艶がよくなったり便の状態が良くなったりといった評判を聞くこともあり、体質改善の効果も期待できますね。

悪い点

・価格が高め
 
かさましになる穀物類が入っていないので、原材料がほとんど肉のみとなり価格が上がってしまいます。

しかしメーカーによってはまとめ買いや定期便で安くなる制度があるので、ぜひ利用してください。

重いものを運ぶ手間やフードの買い忘れもなくなりますし、良いフードを安く購入出来、メリットだらけです!

おすすめのグレインフリー・ドッグフード

ワンコ飼い主さんたちからの評判が良く、筆者がおすすめするグレインフリーのドッグフードはこちらです!

ランキング形式で評価してみたので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのドッグフード比較ランキング

まとめ

・グレインフリーとは、穀物不使用のフードのこと。
・犬にとって穀物は消化が悪く、太りやすく、アレルギーになりやすい食材です。
・値段は高いけど、やっぱりグレインフリーフードのほうがおすすめ!
・体質改善効果があったという評判もあります。

ドッグフードの成分なんて見たことなかった。そんな飼い主さんもいるかもしれません。

でも、今からでも遅くありません!

愛犬の体調管理のために、グレインフリーのドッグフードを与えてみてはいかがでしょうか。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.