ドッグフードの選び方

注意すべきドッグフードの原材料4つを徹底解説

投稿日:

愛犬の為に注意すべき原材料はコレ!噂の4Dミートの事実

愛犬のドッグフードを選ぶ際、まずチェックすべき4つの原材料を解説します。
  1. 肉類の種類
  2. 穀物類の有無
  3. 油脂類の種類
  4. 化学添加物の有無

パッケージの裏側にある原材料表記を見た際に、まず見てほしいのは、これらの項目です!

これらの原材料表記で

「何をチェックしていったら良いのか」
「これは入っていないほうが良い!と筆者が考える原材料」

を順に解説していきます。

1、ドッグフード原料「肉類」

ドッグフード原料「肉類」

まず肉類では、ミール肉・肉副産物・家禽・パウダーなどと記載されているものに注意が必要です。

これらはクズ肉同然の、あまり品質の良くない肉を使用している可能性があり、激安のドッグフードなどによく配合されています。

アメリカでは4Dミートとよばれる、人間が食べられない品質の悪い肉が使用されている例もあります。

肉類は一番大切な原材料ですので、まずはじめに確認しましょう!

肉副産物

肉副産物と書かれている場合、この原材料は混ざり物です!

肉副産物とは、屠畜体からお肉の部分を採取した後の残りの皮、内臓(ヒトが食べられない部位)、骨、脂肪、頭などのことをいいます。

参照元:日本畜産副産物協会|畜産副産物とは

人間の食用肉の部位を採取した後、残りのいらない部分をペットフードの製造用にまわされることが多いのです。

肉のみを食べたほうが栄養価は高いのであまり良い食材とはいえません。

しかしヒトが食べられないような捨てる部位の再利用ですので、材料の原価は安くコスト削減になります。

また肉以外の部位がたくさん入っているので、良いかさ増しになります。

激安フードにはよく使用されている原材料ですので、原材料の品質にこだわる方には避けて欲しい食材です。

ミール肉

ミール肉

原材料の欄にミール肉と書かれている場合は、家畜のどんな部位が入っているかわからないので注意が必要です。

ミール肉とは、肉副産物やクズ肉などをごちゃまぜにしてミンチ状にした状態の肉のことをいいます。

メーカーによっては「肉副産物を使用していないミール肉です」との記載がある場合もありますが、記載がないミール肉には肉副産物が含まれていると考えて良いでしょう。

家禽ミール肉

家禽ミール肉と記載されている場合は、鶏肉の種類を問わず家禽類を混ぜてミンチ状にした肉類製品のことです。

鳥類の種類によってアレルギーが出る子もいるので注意が必要です。

主に日本で食肉として流通する家禽とは、法律上は

鶏・あひる(あいがも等の家きん化されたカモを含む)七面鳥

引用元:やまぐち農林水産ねっと|流通規制|食肉に対する規制

となっています。

ペットフードに使用される肉類は主に人間の食用に使用できない余った部分などを使用しているので、これらの家禽が使用されているでしょう。

※外国の場合は家禽の定義に関する法律が違うので、どんな鳥類が使用されているのかわかりません。ですので外国産のフードで家禽ミールの記載がある場合はさらなる注意が必要です。

噂の4Dミートとは

4Dミートとは、

  1. dead(死亡している)
  2. dying(死にかけている)
  3. disabled(障害のある)
  4. diseased (病気のある)

という状態にある家畜の肉のことです。

かなり品質の悪い肉類で、これらはヒトが食べる事ができないので動物用飼料として利用されることの多い肉類です。

4Dミートと呼ばれる品質の肉類はミール肉などにして販売・流通されているといわれています。

本当に使用されている?

一部では4Dミートは都市伝説であり実際には使用されていない!という噂もあります。

しかし調べてみると実際にアメリカでは現在もこれらの肉が使用されており、米国食品医薬品局(FDA)は与えた動物にも、その動物を扱うヒトにも危険であると警告を出しています。

CVM is aware of the sale of dead, dying, disabled, or diseased (4-D) animals to salvagers for use as animal food. Meat from these carcasses is boned and the meat is packaged or frozen without heat processing. The raw, frozen meat is shipped for use by several industries, including pet food manufacturers, zoos, greyhound kennels, and mink ranches. This meat may present a potential health hazard to the animals that consume it and to the people who handle it.

翻訳文

CVMは死亡している、死にかけ、障害を負っている、または病気のある(4-D)動物の動物用食品としての使用に向けての販売を認識しています。これらの屠体からの肉は骨が折れており、肉は熱処理なしで包装され、または凍結されています。生の冷凍肉は、ペットフードメーカー、動物園、グレイハウンド犬舎、およびミンク牧場を含むいくつかの産業で使用するために出荷されています。この肉は、それを消費する動物やそれを扱う人々に健康に有害な可能性があります。

参照元:U.S FOOD&DRUG ADMINISTRATION| Inspections, Compliance, Enforcement, and Criminal Investigations|Compliance Manuals|Compliance Policy Guides

またアメリカでも調理をしていない生の4Dミートを出荷することは法律に準拠しておらず規制の対象になるようです。

Uncooked meat derived from 4-D animals is adulterated under Section 402(a)(5) of the Act, and its shipment in interstate commerce for animal food use is subject to appropriate regulatory action.

翻訳文

4-D動物由来の未調理の肉は、法第402条(a)(5)に準拠していません。また、動物用食料品の州間取引での出荷は適切な規制措置の対象となります。

参照元:U.S FOOD&DRUG ADMINISTRATION| Inspections, Compliance, Enforcement, and Criminal Investigations|Compliance Manuals|Compliance Policy Guides

使用している肉類が4Dミートであるとの記載は一切されません。

実際には、ペット用の肉類加工製品はこれらの肉が使用されている可能性が大いにあり、まだまだ品質の悪い肉の流通はなくならない現状のようです。

「ミール肉」や「家禽ミール」などは輸入されたものをメーカーが使用している場合もありますので、原材料の産地まで確認すると良いです。

できれば「使用されている肉の部位が詳細に記載されていないペットフード」は与えないほうが良いといえるでしょう。

安い国産ドッグフードがおすすめできない3つの理由

2、ドッグフード原料「穀物類」

ドッグフード原料「穀物類」

穀物類は、トウモロコシやその加工製品、小麦粉に特に注意です。

また特に、大型犬は大豆製品に注意をする必要もあります。

トウモロコシやトウモロコシ加工商品

トウモロコシは消化に悪い

犬は猫と違い、雑食動物であるので穀物類も消化することが出来ます。

しかし、コーンは穀物のなかでも特に消化し辛い食品です!

トウモロコシの外皮には、セルロースと呼ばれる食物繊維の成分が入っています。

セルロースは雑食動物の消化液では消化出来ない成分で、水分を含んで膨らみますが消化はされずにそのまま便として排出されます。

トウモロコシは入っていても栄養素としては利用しにくい食材ですし、安価のため材料費削減でかさ増しに良く添加される食材です。

ですので、入っていないほうが良い食材と言えるでしょう!

コーングルテンミール・コーンスターチ

コーングルテンミール・コーンスターチ

コーングルテンミールやコーンスターチもトウモロコシ由来の食材で、かさ増しに使用されることの多い食材です。

原材料をかさ増ししているような食材が入っていた場合、原材料費をあまりかけたくないという製造元の意図がわかります。

激安品のフードなどにはこれらの穀物類が多量に入っている事が多いです。

かさ増しが入っている分肉類の栄養素は少なく、栄養が添加されている場合もあるのでちゃんと食材から栄養を摂取できるドッグフードでは無いということになります。

小麦・小麦粉

小麦や小麦粉は、近年アレルギーの発症が多い成分ですので入っていないほうが良い原材料です。

ドッグフードに肉類のつなぎとして使用されることが多くなったので、毎日小麦を摂取しアレルギーを発症する子も多くなったのでしょう。

今現在アレルギーが無い子でも、小麦製品が入っているフードを与えている場合、今後発症する可能性が高くなります。

アレルギーを発症すると、今後おやつのクッキーなど小麦製品を一切あげられなくなってしまいます。

小麦が入っているドッグフード毎日与えることは控えたほうが良いといえるでしょう。

グルテンフリーとは?

グルテンフリーとは、穀物類を一切使用していないという意味です。

近年はグルテンフリーのドッグフードも多くなってきています。

穀物類アレルギーの子も与えることができますし、穀物を添加していない分肉類の含有量が多く、毛艶が良くなったり便の状態が良くなった!という声も多く聞かれます。

ただし穀物でかさ増ししていない分少し値段が高くなってしまう事と、栄養満点のため給餌量に注意しないと太ってしまうという子もいるようです。

穀物不使用!グレインフリーとはどんな効果があるの?

大型犬は大豆製品に注意

ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバー、グレートデンやニューファンドランドなどの大型犬・超大型犬はドッグフードの与え方・成分に注意する必要があります。

これらの犬は胃捻転・胃拡張症候群という病気を起こしやすく、発症した場合は死につながってしまう危険性があります。

参照元:FPC株式会社|FPCのペット保険|犬の病気辞典|胃拡張・胃捻転

近年大豆製品の含有が多いドッグフードがあります。

大豆製品は体内でガスを産生しやすい食材でありますし、更にこれらを与えた際に胃の中で一気に水分を含み膨らんで胃拡張・胃捻転症候群へとつながってしまう危険性があるのです。

大豆製品が入っているドッグフードは避けたほうが良いといえます。

これらの食材が入っているドッグフードは「水でふやかしてからゆっくり食べるように与える」などの一手間が必要です。

3、ドッグフード原料「油脂類」

ドッグフード原料「油脂類」

動物性油脂の表記には注意が必要です。

油脂は必須の栄養素であるので多くのドッグフードに記載されている成分ですが、「動物性油脂」「獣脂」「鶏脂」「牛脂」「魚油」「家禽油脂」など様々な記載がされている場合があります。

このなかで安全なのは「鶏脂」「牛脂」「魚油」などきちんと油脂の原料である動物の種類が記載されているもののみです。

動物性油脂

動物性油脂

動物性油脂とは、家畜の食用にならない部分をレンダリング(加工)して採取した油脂のことです。

原材料は肉の脂肪部分の他、骨や内臓などから採取しています。(油以外は肉副産物となります)

骨からも採取するということで、一時期狂牛病が問題になった際には動物性油脂の製造に関して詳しい製造方法と認可が必要と規制が厳しくなりました。

参照元:独立行政法人農林水産消費安全技術センター|飼料|各種申請・届け出|動物由来たん白質等の製造工程に関する農林水産大臣の確認手続|動物性油脂

しかしここ数年で日本に狂牛病の危険性のある肉類の輸入や発生がないことから、狂牛病の危険性に対する規制もゆるくなり、動物性油脂の製造に関しても規制が緩和された現状です。

参照元:農林水産省|ペットフード原料としての動物由来物質の取り扱いについて

規制が緩和されてしまい、今まで以上にどんな原材料から絞りとられたのか不安が残る原材料になってしまいました。

ですので、動物性油脂はドッグフードに入っていないほうが良い食材となります。

良い油脂ってなに?

良い油脂は、「鶏脂」「牛脂」「魚油」など原材料の名前がきちんと記載されている製品です。

鶏肉にアレルギーがある犬は鶏脂でもアレルギーが出てしまうので、それぞれの肉にアレルギーがある子もアレルギー成分を避ける事ができます。

4、ドッグフード原料「化学添加物」

ドッグフード原料「化学添加物」

化学添加物としては、着色料・保存料・栄養素の添加の表記に注意が必要です。

着色料

激安のフードなどでは特に使用しているのが多いのが着色料です。

安い原材料を使用しているのでフードの色がくすんでしまい、消費者に美味しそうに見えない…という欠点があります。

動物は色で美味しい/美味しくないを判断することはしないので、本来色付けは全く不要です。

しかし少しでも飼い主の購買意欲をそそるようにと添加されるのが着色料です。

全く必要のない添加物ですし、入っている場合は安い原材料を使用しているという指標にもなります。

着色料が入っているフードは購入を控えたほうが良いでしょう。

発がん性がある?

着色料のなかには、発がん性があるとされている着色料もあります。

現在食品に使用されている着色料でも、多量に摂取すれば発がん性があるとわかっている製品もあるのですが、食品で摂取する程度の少量であれば危険性はないとされ、含有量はきちんと法律で規制されています。

しかし、いくら量が規制されているとはいえ、少しでも発癌の可能性があるとされる製品は愛犬に与えたくないと感じる方が多いと思います。

見た目の良さは犬にとって必要の無いものですし、着色料は入っていないほうがよい原材料といえます。

天然色素にも注意

天然と表記されている天然着色料にも注意が必要です。

セイヨウアカネから採取されたアカネ色素は、天然着色料として食品添加物に使用されていましたが、1997年と2004年に発がん性の疑いがあるとして食品添加物としての使用が禁止されました。

このように安全と思われていた着色料でも後に発がん性が疑われるという例もあるので、着色料は不使用の製品が安心と言えるでしょう。

実は着色料にもアレルギーの危険あり

着色料でもアレルギーが出てしまう子がいますので注意が必要です!

コチニールという赤色の着色料は、虫から採取した着色料です。

生体から採取した着色料なので、まれにこの着色料でアレルギーがでてしまう犬もいるのです。

ヒトの場合もこのアレルギー症状が問題になり、消費者庁が注意喚起を行う自体になりました。

参照元:消費者庁|コチニール色素に関する注意喚起

もしフードを与えていてアレルギーが出た場合、着色料の表記もきちんと確認する必要がありますね。

保存料

保存料もよくある添加物です。

食品の腐敗や劣化を抑える効果がある添加物ですが、ヒト用の食材でも近年は使用が控えられていますね。

保存料のよくある表示

保存料は、いくつかの種類に分類されています。

使用用途 主な品名
指定添加物・保存料 対象食品および使用量基準が設けられている。 安息香酸類・ソルビン酸など
既存添加物・保存料 指定添加物のような使用基準は設定されていないが、①含有量が相当高い ②保存性が化学的に立証されている ③製品の細菌の繁殖を阻止できる濃度が合成保存料に匹敵するもの などは保存料として表記される。 ポリリジン・プロタミンなど
日持ち向上剤 短期間(数日間内)の腐敗,変敗を抑える目的で使用する。表示は物質名の表示のみで使用。 有機酸類・グリシン・チアミン・ラウリル硫酸塩・リゾチーム等・各種抽出物(ニンニク,ローズマリー,孟宗竹,ワサビなど)

このなかでは指定添加物と既存保存料ができれば入っていないほうが良い保存料です。

無添加フードなどと表示されているものでも、この表では日持ち向上剤に分類される『ローズマリー抽出物』などが配合されているのをよく見ますね。

全く入っていないものも少し不安

とはいえ、全く保存料が入っていないのも少し不安ではあります。

保存料が入っていないと、フードの劣化が早く、すぐにカビなどが生えてしまう可能性があるからです。

保存料や日持ち向上剤が入っていないものが一番ですが、その場合はきちんとしたフードの保管が必要です

正しく保存してますか?餌の保管方法とおすすめ保存容器

栄養素の添加

添加物とは、保存料や着色料だけではありません!

よく表示を見てみると、栄養素も添加しているフードがあります。

ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)など

こういった栄養の添加はドッグフードではよくみられる原材料表示です。

栄養がない食材を使用している?

このような表示があった場合、まず原材料に栄養のないものを使用しているのか?と感じます。

原材料が栄養豊富なものを使用していれば、栄養素を足す必要はありませんよね。

ただ、どんなに良い材料を使用していてもドライフードにする加工の段階で足りなくなってしまう栄養素があります。

ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸などは添加が必要

ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸は添加物としての添加が必要な材料の一つです。

ドライフードにする加工の段階で原材料からは失われてしまう場合があり、動物の健康を保つためにはある程度の添加が必要でもあります。

本来これらの物質を栄養強化の目的で使用する場合、ヒトの食品であれば表示が免除される添加物ですのでこれらは安全性の高い食品添加物といえるでしょう。

まとめ

  • 肉の種類はきちんと表記されているか?
  • 穀物類の含有はあるか?グルテンフリーがおすすめ!
  • 油脂類の種類は詳しく記載されているか?
  • 化学添加物は入っているか?天然添加物も注意が必要!

ドッグフードを選ぶ際には、一度フードの原材料表記に記載されているこれらの注意すべき原材料を見て頂ければと思います。

当サイト、オススメのドッグフード

ドッグフードランキングはコチラ

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-ドッグフードの選び方

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.