犬用品

正しく保存してますか?餌の保管方法とおすすめ保存容器

更新日:

正しく保存してますか?餌の保管方法とおすすめ保存容器

皆さんは普段ドッグフードをどのように保管していますか??

あなたのお家のフードの保存方法は正しいでしょうか?

今回はフードの保管方法についての見直しと、オススメの商品を紹介したいと思います。

ドッグフードの袋にジッパーがついた商品であれば、そのままジッパーで袋を閉じて保管できます。

しかし、ジッパーがついていない商品も多々あります。

また、量が多い場合やまとめ買いをしている場合は特に保管方法に困ってしまいますよね。

ドッグフードの品質を低下させる2大要因と、保管方法のダメな例・良い例をそれぞれ解説していきます。

ドッグフードの保管方法について

品質悪化要因〜酸化〜

正しく保存してますか?餌の保管方法とおすすめ保存容器

ドライのドッグフードは、生物に比べて比較的消費期限が長いものが多く、商品によりますが製造から数ヶ月単位の消費期限を設けられているものもあります。

保存料(酸化防止剤)や添加物などが入っているドッグフードも多く、保存料がたくさん入っているほど、製品の消費期限は長くなります。

しかし、どんなフードにも含まれている脂分は、時間とともにどんどん酸化していきます。

ドッグフードが酸化すると

  • ニオイが変わる(脂っぽくなる)
  • ドライフードが湿気る
  • 栄養価が低下する

などが起こります。

ニオイが変わるので食いつきが悪くなるワンちゃんもいます。

長期間保存して酸化してしまっても食いつきをよくさせるために、香料を添加物で後付けするメーカーも有ります。

酸化した油分は、過酸化脂質と言われる脂質になります。

これは細胞内のDNAを損傷させる作用を持つので発ガン原因になったり、血管の内側に蓄積して動脈硬化を引き起こす原因にもなると言われています。

品質悪化要因〜湿気〜

ドライフードは、食品中の水分量を極限まで少なくしています。

細菌は一定量の水分がないと繁殖できませんので、水分を少なくすることで細菌繁殖を抑制して長期間保存することが可能になっているのです。

しかしドライフードが湿気て水分を含んでしまうと、細菌が繁殖しやすい状態になってしまい食中毒などの原因になります。

今までと同じご飯をあげているのに下痢をしたり嘔吐をした・・・という時には、ドッグフードにカビが生えていないかどうかも確認してあげてください。

ダメな例

  • フードの袋を開けてそのまま開けっ放しで放置
  • 袋の口は軽く輪ゴムやクリップで留めてある

これらはダメな例です!!

ドッグフードが湿気てしまう原因になりますし、空気に触れる状態にしておくと、どんどんフードの酸化が進みます。

良い例

  • ストッカーを購入して入れ替えて保存
  • 小分けのフードを買ってすぐに使い切る

保存容器を別に購入している方も多いかと思いますが、専用のストッカーがあるとなお良しです!

オススメのフードストッカー

管理人がオススメできるストッカーを紹介します!

きちんと密閉できるストッカーがオススメです。

このような除湿剤をストッカーに貼り付けると尚良しです。

おしゃれさを求める方にはこれ!

ただし完全に密閉できないので、上部に除湿剤をつけるか、一週間分のみ入れて残りは除湿剤入りの密閉ストッカーに保存しておきましょう。

ある程度密閉されていないと不安だけど、おしゃれさもほしい…と言う方には、海外製品がおしゃれでオススメです。

収納場所

ストッカーにきちんと入れ替えた!!

そのあとに考えるべきことは収納場所です。

冷蔵庫に保管、棚にしまっている、などご家庭により収納場所は様々あると思います。

しかし収納場所でも注意したい点が数点あります!

なるべく温度変化がない、涼しい場所

冷蔵庫は出し入れの際に、温度変化で容器の内側に水滴がついてしまうことがあります。

湿気につながりあまり好ましくありません。

冷蔵庫ではなく家の中でも涼しい場所に保管しましょう。

日の当たらない場所

温度が上昇すると酸化も進んでしまいます。

品質の良いストッカーに保管していても、日の当たらない場所に保管してあげてくだい。

ニオイの強いものと一緒にしない

ニオイの強いものと同じ場所に保管すると、容易にニオイがフードに移ってしまいます。

ワンコのおやつやフードは、専用の保管場所を作ってあげて保管するのがオススメです。

どんなフードを選べばいい?

そもそも、酸化し辛いフードを選べば良いではないか!とおっしゃる方もいるかもしれません。

しかし酸化防止剤などの添加物で何ヶ月も消費期限を伸ばしたものは、自分が食べると考えるとどうでしょうか…?

  • 添加物などが入っていないが、ある程度の期間保存が可能なもの
  • あまり大袋でなく、更に定期便などで定期的に郵送してくれるフード

これらであれば、毎日新鮮なフードを与えることができます。

まとめ

・品質悪化要因「酸化」と「湿気」を防ぐのはとても大事。
・保管方法を今一度見直しましょう。
・収納場所にも注意が必要!冷暗場所で個別に保管。

毎日与える食事は良いものを与えていても、きちんと保管しないと病気の原因になってしまいます。

フードの品質をきちんと保つために、良い保管方法で保存してあげましょう。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-犬用品

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.