Cランク

ファーストチョイスの安全性は?原材料を評判と共に評価

投稿日:2016年11月1日 更新日:

ファーストチョイスの安全性は?原材料を評判と共に評価

量販店でよく見かけるファーストチョイスのドッグフード。価格は安いですが、品質はどうなのでしょうか?

安全性に気を使っているとのことですが、不安になる口コミも。

ファーストチョイスの原材料を口コミや評判とともに評価したいと思います!

ファーストチョイスの評価

商品名 ファーストチョイス 成犬 小粒 チキン
総合評価

Cランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【ドッグフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:×コーン

その他原料: コーングルテンミール 、ビートパルプ

酸化防止剤:ビタミンE

人工添加物: なし

「ファーストチョイス」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 カナダ
第一原料産地 カナダ
内容量と価格 ・1,078円/1.2kg
・1,236円/2.7kg
・2,492円/6.7kg
※全て税込、アマゾンより
対応年齢 1歳以上
販売元 アース・ペット株式会社
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 コスパ

ファーストチョイスの評価はCランクです。

人口添加物の使用がない点や、安全管理が徹底されているところはとても良いです。

しかし、原材料のメインが「コーン」であること、炭水化物が多いことが気になります。

また、口コミでは異物混入の報告もあり、やや不安が残るためこの評価となりました。

ドッグフードの評価別一覧を見る

ファーストチョイスの特徴は?

ファーストチョイスの特徴は?

ファーストチョイスは、家庭用殺虫剤や防虫剤で有名な「アース製薬」の子会社である『アース・ペット株式会社』が輸入販売している商品です。

カナダで製造されており、原材料は主に「カナダ産」と「アメリカ産」のものを使用しています。

ファーストチョイスは1990年にカナダで動物栄養学博士のアドバイスのもと作られた製品ですが、きちんと日本向けに開発されたドッグフードです。

日本の生活環境を考えられて作った商品なので、必要な栄養素やミネラル、脂肪分まできちんと日本の犬に合うように配合されています。

ファーストチョイスの安全へのこだわり

ファーストチョイスの安全へのこだわり

ファーストチョイスは様々な安全へこだわって取り組んでいます。

グローバルな監査クリアの基準

ファーストチョイスを生産しているPLB社は、様々な機関からの監査をクリアしています。

EU(欧州連合)規則をクリアし、米国農務省やカナダ食品検査庁の監査も受けているのです。

EUは動物関連の法律規則がとても厳しい国です。

ペットフードの生産管理にも厳しい基準を敷いており、生産工場は、規則に準じているかの認証を受ける必要があります。

EUの基準を満たしているということは、世界で認められるような高水準の管理体勢で生産されているという指標にもなります!

ドレーサビリティー制度で安心

ドレーサビリティー制度で安心
トレーサビリティとは、製品の原材料情報、生産情報、流通経路などが追跡できるという仕組みです。

製品パッケージ1つ1つに印刷してある製品番号により、

  • いつ製造されたものか
  • 原材料はどこから仕入れられたものか
  • どのような経路で販売されたか

などがすぐに明らかにすることが出来ます。

生産中の製品に不具合があればすぐに回収できますし、不正な原材料入手での製造などを防ぐ事ができます。

人工添加物などは使用しない

ファーストチョイスは、発がん性や蓄積毒性などの心配のある人工化学添加などは不使用です。

品質を保つために保存料は使用されていますが、自然のものを使用しています。

また動物に必要のない着色料や、後付けの香料などは不使用です。

ファーストチョイスの原材料を評価

ファーストチョイスの原材料を評価
ファーストチョイス 成犬 小粒 チキン をみてみましょう。

コーン、鶏肉、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプ、たん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)

参照元:原材料 ファーストチョイス公式サイト

粗たん白質 24%以上
粗脂肪 9%以上
粗繊維 5%以下
粗灰分 9%以下
水分 10%以下

コーンが一番。コーングルテンミールも配合

コーンが一番最初に表記されています。

コーンはかさ増しの為に入れられる事が多い食材なので、肉よりも多く入っているのはかなりマイナス点です。

炭水化物に分類されますので、血糖値が上がりやすく太りやすい食材です。

その上、アレルギーを起こしやすい原料でもありますので、注意が必要です。

使用している肉は悪くない

使用している肉は悪くない
ファーストチョイスでは、クチバシ、トサカ、羽毛などの「副産物」を使用していないきちんとした鶏肉を使用しています。

どのような品質の肉を使用しているかわからないドッグフードが多い中、評価出来る点だと言えるでしょう。

しかし、配合量が少ないのが残念です。

せっかく、きちんとした肉を使用しているので、第1主原料を「コーン」ではなく「鶏肉」にしてくれれば、もう少し評価出来たのになと感じます。

米も含まれている

コーンに加え、米が配合されています。

米も、かさ増しやつなぎに使用される事が多い材料です。

主だった材料がコーン・鶏肉・米・コーングルテンミールで占められてしまい、肉の量が少ないことがわかります。

タンパク質量が少なめ

タンパク質量が少なめ
コーンや米が多いからか、タンパク質量は24%と低めです。

日本のペットフード基準は満たす内容ではあるものの、高水準とは言えない数字です。

ビートパルプの使用あり

ビートパルプとは、「サトウダイコン」から「砂糖」を搾り取った後の絞りカスで、食物繊維が豊富に含まれます。

食物繊維は、腸内の老廃物を絡めとってくれるので、少量の摂取なら腸内の掃除をしてくれる効果が期待できます。

しかし、その反面、うんちの量を増やして固める作用があるため、うんちから健康状態がわかりにくくなる可能性があります。

与える際は、「うんちの調子がいい!」と感じても、ビートパルプによる影響の可能性があることを、念頭においておきましょう。

ファーストチョイスのラインナップについて

ファーストチョイスのラインナップについて
ファーストチョイスはラインナップが豊富で、愛犬の年齢や体型に合わせて全18種類から選べるようになっています。

世代別プレミアムフード

パピー、成犬、シニア、ハイシニアと4つの世代に分けられています。

粒サイズも小粒と中粒があるので、体の大きさや口のサイズに合わせて選べるのは便利ですね。

成犬の小粒サイズのみ、ラム肉を主原料としている「ラム&ライス」と「インドアドッグ(室内犬用)」も選べます。

ダイエット

ダイエット
肥満ぎみのワンちゃんや、去勢、避妊したワンちゃん用のラインナップです。

通常のラインナップに比べて、脂肪分が大幅にカットされていますので、ダイエットしたいワンちゃんはこちらを選ぶと良いでしょう。

アレルゲンケア

食物アレルギーに配慮されたシリーズです。

原料に白身魚やさつまいも、えんどう豆を使用しています。

食物アレルギーに配慮されているのは良いですが、「えんどう豆」が第1主原料である点が残念です。

ダイエタリーケア

ダイエタリーケア
通常のシリーズの他に、療法食の給与が終了した犬に与える、健康維持を目的とした「ダイエタリーケア」というシリーズがあります。

下部尿路(膀胱から尿道の出口まで)の健康に配慮した「下部尿路の健康維持」、さつまいもとフィッシュミールを主原料とした、「食物アレルゲンケア」の2種類から選べるようになっています。

以前までは体重減量後のリバウンドが気になる犬用に「ウェイトケア」もあったのですが、生産終了になったようです。

参照元:製品一覧【ファーストチョイス公式サイト】

ファーストチョイスの口コミや評判

ファーストチョイスの口コミや評判

アレルギーが出たワンちゃんもいる

このフードを食べさせ始めてから、「カイカイ」になってしまいました!アレルギーが出ているのかも?

コーンが多いので、もしかしたら穀物類にアレルギーが有るのかもしれません。

身体に異常がある場合は、フードが原因かもと考えましょう!

異物の混入があった

異物の混入があった

12月16日に注文した商品に、異物が混じっていました。

今日(1月11日)犬のエサ入れにドッグフードを袋から入れたところ、フードと同色、ほぼ同じサイズのボタンのようなものが入っていました。

異物の写真も撮りましたので直接メーカーに伝えたいのですが、アマゾンのカスタマサービス止まりとなってしまい、写真の添付方法も不明なので筋違いですがレビューで報告します。

返品交換を求めるつもりはありませんが、品質管理にはさらに気をつかっていただきたいと思います。

Amazon経由で購入された方のレビューです。

ファーストチョイスは安全性に関してかなり気を使っているようでしたが、異物混入があったようです…

注意が必要ですね。

トレーサビリティー制度もあるので、メーカーに直接問い合わせたほうが良さそうです。

価格は安い

この量でこの価格はほんとリーズナブル!

うちの子達は喜んで食べてくれてます(*^^)v

価格に関しては満足との声が多いように感じました。

アマゾンで見ると、2018年現在、6.7キロで2,500円前後で購入が可能ですので、確かにコスパは最高ですね。

ですが、この先何年も健康でいてもらうためにも、たまには「肉」が主原料のドッグフードを食べさせてあげてほしいなと感じます。

参照元:ファーストチョイス成犬小粒【Amazonカスタマーレビュー】

まとめ

安全性にはこだわっていると思いきや、口コミに異物混入があったとの評価があったので、一気に不安になってしまいました。

コーンの配合が多く肉が少ないので、価格は抑えられています。

その分タンパク質量も少なくなってしまっているので、原材料の品質をと考える方にはあまりオススメ出来ません。

当サイトおすすめのドッグフードランキングを見る

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Cランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.