Cランク

ファーストチョイスの安全性は?原材料を評判と共に評価

更新日:

ファーストチョイスの安全性は?原材料を評判と共に評価

量販店でよく見かけるファーストチョイスのドッグフード。価格は安いですが、品質はどうなのでしょうか?

安全性に気を使っているとのことですが、不安になる口コミも。

ファーストチョイスの原材料を口コミや評判とともに評価したいと思います!

ファーストチョイスの評価

ファーストチョイスの評価はCランクです。

  • カナダ産であるが安全管理はかなり徹底されている
  • 原材料は、コーンが一番最初に。炭水化物が多い
  • 人工添加物などは不使用
  • 肉の分量は少ない・タンパク質量は少なめ
  • 口コミでは異物混入の報告も

ファーストチョイスの特徴は?

ファーストチョイスは、大塚製薬、大塚食品などで有名な「大塚グループ」のひとつ。『アース・バイオケミカルグループ』が輸入販売している商品です。

日本向けに研究・開発されたフードです

カナダで製造されており、原材料はカナダ産とアメリカ産のものを主に使用しています。

ファーストチョイスは1990年にカナダで動物栄養学博士のアドバイスのもと作られた製品ですが、きちんと日本向けに開発されたドッグフードです。

日本の犬は運動不足であることが多く、肥満の犬が多くいます。
しかしファーストチョイスは生活環境を考えられて作った商品であるので、必要な栄養素やミネラル、脂肪分まできちんと日本の犬に合うように配合されています。

ファーストチョイスの安全へのこだわり

ファーストチョイスは様々な安全へこだわって取り組んでいます。

グローバルな監査クリアの基準

ファーストチョイスを生産しているPLB社は、様々な期間からの監査をクリアしています。
EU(欧州連合)規則をクリアし、米国農務省やカナダ食品検査庁の監査も受けているのです。

EUは動物関連の法律規則がとても厳しい国です。
ペットフードの生産管理にも厳しい基準を敷いており、生産工場は、規則に準じているかの認証を受ける必要があります。

EUの基準を満たしているということは、世界で認められるような高水準の管理体勢で生産されているという指標にもなります!

ドレーサビリティー制度で安心

トレーサビリティとは、製品の原材料情報、生産情報、流通経路などが追跡できるという仕組みです。

製品パッケージ1つ1つに印刷してある製品番号により、
・いつ製造されたものか
・原材料はどこから仕入れられたものか
・どのような経路で販売されたか
などがすぐに明らかにすることが出来ます。

生産中の製品に不具合があればすぐに回収できますし、不正な原材料入手での製造などを防ぐ事ができます。

人工添加物などは使用しない

ファーストチョイスは、発がん性や蓄積毒性などの心配のある人工化学添加などは不使用です。

品質を保つために保存料は使用されていますが、自然のものを使用しています。
また動物に必要のない着色料や、後付けの香料などは不使用です。

ファーストチョイスの原材料を評価

ファーストチョイス 成犬小粒チキン をみてみましょう。

コーン、鶏肉、米、コーングルテンミール、鶏脂、ビートパルプ、チキンエキス、レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)
粗たん白質 24%以上
粗脂肪 9%以上
粗繊維 4%以下
粗灰分 8%以下
水分 10%以下

コーンが一番。コーングルテンミールも配合

コーンが一番最初に表記されています。
コーンなどはかさ増しの為に入れられる事が多い食材なので、肉よりも多く入っているのはかなりマイナス点です。

炭水化物に分類されますので、血糖値が上がりやすく太りやすい食材です。

米も含まれている

コーンに加え、米も配合されています。
こちらもかさ増しやつなぎに使用される事が多い材料です。

主だった材料がコーン・鶏肉・米・コーングルテンミールで占められてしまい、肉の量が少ないことがわかります。

タンパク質量が少なめ

コーンや米が多いからか、タンパク質量は24%と低めです。
日本のペットフード基準は満たす内容ではあるものの、高水準とは言えない数字です。

ファーストチョイスの口コミや評判

このフードを食べさせ始めてから、「カイカイ」になってしまいました!アレルギーが出ているのかも?

コーンが多いので、もしかしたら穀物類にアレルギーが有るのかもしれません。
身体に異常がある場合はフードが原因かもと考えましょう!

12月16日に注文した商品に、異物が混じっていました。今日(1月11日)犬のエサ入れにドッグフードを袋から入れたところ、フードと同色、ほぼ同じサイズのボタンのようなものが入っていました。異物の写真も撮りましたので直接メーカーに伝えたいのですが、アマゾンのカスタマサービス止まりとなってしまい、写真の添付方法も不明なので筋違いですがレビューで報告します。返品交換を求めるつもりはありませんが、品質管理にはさらに気をつかっていただきたいと思います。

Amazon経由で購入された方のレビューです。ファーストチョイスは安全性に関してかなり気を使っているようでしたが、異物混入があったようです…
注意が必要ですね。

トレーサビリティー制度もあるので、メーカーに直接問い合わせたほうが良さそうです。

容量が減って(-0.3kg)、やや価格上昇。
品質的には以前使っていた○stチョイスさんよりは匂いが相当マシ。
上を見ればキリがありませんが、この価格帯では満足しています。

ファーストチョイスは過去に何回か価格が上昇したようです。

容量も減ったようですので、原材料の品質に影響が出ないか心配です。

参照元:Amazonカスタマーレビュー ファーストチョイス成犬小粒

https://www.amazon.co.jp/1st-choice-ファーストチョイス-成犬小粒チキン6-7kg/dp/B014R2804O/ref=pd_sim_199_2

まとめ

安全性にはこだわっていると思いきや、口コミに異物混入があったとの評価があったので一気に不安になってしまいました。

コーンの配合が多く肉が少ないので、価格は抑えられています。

その分タンパク質量も少なくなってしまっているので、原材料の品質をと考える方にはあまりオススメ出来ません。

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Cランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.