食事

犬が餌を食べない、元気がない理由や吐く原因とは?

投稿日:

犬が餌を食べない、元気がない理由や吐く原因とは?

昨日までは普通だったのに、急に愛犬が餌を食べてくれない、食いつきが悪い…といったことは多くの飼い主さんが経験あると思います。

また食欲がない上に元気がなかったり、嘔吐したりするととても心配になります。

今回は犬が餌を食べなくなる理由や、その数々の原因について解説します!

餌を食べない7つ理由

餌を食べない7つ理由

犬が餌を食べない理由は様々考えられます。

考えられる7つの理由を記載しますので、どれが該当するのか?を確認してみて下さい。

1、お腹が空いていない

人間と同じくお腹が空いていないとご飯を食べてくれません。

  • たくさんおやつを食べていないか
  • おやつを食べる時間はいつか
  • ご飯の時間の間隔はどれ位か

をまず確認しましょう。

お腹がいっぱいの場合「今は食べないから後で食べる」といったように餌を隠すような行動をする場合もあります。

家族の方がこっそりおやつを与えている事もあるので、しっかり確認してくださいね。

犬に餌を与える際の注意点。最適な時間や回数

2、病気で食べられない

体調が悪いと、ご飯を食べてくれません。

急にご飯を食べなくなったり、何日も食べない、何日も食欲がないのは体調が悪い場合が多いです。

全くご飯を食べないのか、少しは食べるのか。嘔吐や下痢がないかどうか。水は飲んでいるか。

いつもに比べて元気がないかどうか(活動性が低下しているかどうか)きちんと見てあげましょう。

食欲がなくなるのは様々な病気が考えられますが、餌を食べないだけでなく吐いたり、胃液だけ吐くといったこともあります。

水まで飲んでくれない場合は即座に命に関わる場合もありますので、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

病気については後半に詳しく記載します。

3、食べにくい

  • 口腔内の疾患(虫歯や歯周病、口内炎)によって餌が食べにくい
  • 餌が硬くて食べにくい
  • 餌の粒が大きくて食べにくい

こういった場合は、ご飯を食べなかったり食いつきが悪い、残す、といった事があります。

確認できれば口の中に異常がないか確認し、餌の大きさがきちんと噛める適切な大きさのものか見てあげましょう。

4、好き嫌い等のわがまま

いつもと違う餌をあげた時、いつも入れているトッピングを入れていない時、いつもと違う人が餌を与えた時、ドッグフードを変えた時などにご飯を食べない場合があります。

これは一種のわがままであるので、どんな場合でもどんなご飯でも食べてくれるようにしつけが必要です。

小さいうちから数種類のドッグフードを与えてみたり、混ぜたりして味覚を慣らすことで大人になってからドッグフードが変わっても違和感なく食べてくれる様になります。

これらのしつけは、万が一にいつものフードが無くなってしまった時やお留守番で他の人にご飯を与えてもらう時などに有効です。

特にチワワは食のこだわりがある子が多い様に感じます。

おすすめ!ドッグフードランキング

5、ストレスのなど精神的な問題

留守番をしている、ペットホテルに預けられた、いつもと違う部屋、いつもと違う人など、いつもと違う環境である場合に食欲がなくなることがります。

神経質な子は普段と違う環境をとても嫌がります。

お留守番やペットホテルに預けられた際の精神的な食欲低下の場合、お家に帰ってから数日間食欲がない事があります。

その際は一緒に遊んであげたり、好きなものをご飯にかけたりして食べてくれる工夫をしましょう。

何日食べなくて大丈夫なの?と質問をもらうこともありますが、成犬の場合は2・3日は食べなくてもお水を飲んでいれば大丈夫です。

6、年をとって食欲が低下した

人間と同じように、高齢になると食欲は低下していきます。

高齢になると食べる量も減りますし、歯がぐらついたり噛む力が弱くなって食べることに体力を使う場合もあります。

ドライフードの場合、半分ふやかしてあげたりすることで食欲が増すこともありますので試してみてください。

何故ご飯を食べないのか、今までの生活と比較して考えてみることが大切です。

その為にも、普段どれくらいの量をどれくらいの時間で完食できるかよくチェックしておきましょう。

犬の餌の回数や目安は?量や計算方法まとめ

7、夏バテや熱中症

暑さの苦手なワンコは食欲がなくなることが多く、夏は体重が減ってしまう子もいます。

単なる夏バテの場合は人間と同じく、消化の良いものを食べることが大切です。

不純物の少ない消化の良いドッグフードを与えたり、ドッグフードをお湯でふやかして胃腸の負担を少なく、水分もきちんと摂取できるようにしてあげることが大切であると言えます。

元気がない、食欲がない、吐く、下痢をする場合に考えられる病気

元気がない、食欲がない、吐く、下痢をする場合に考えられる病気

元気・食欲が無くなり、下痢や嘔吐をする疾患は数々考えられます。

1、消化器に異常がある場合

胃腸炎、腸閉塞、胃拡張、異物による閉塞、便秘や下痢など様々です。

消化器系の臓器に異常がある場合は真っ先に食欲や元気がなくなります。

嘔吐や下痢が見られた場合には胃腸炎や消化器腫瘍なども考えられるでしょう。

嘔吐とは医学的に一度胃に入ったものを吐くことを言います。

吐いたものがドロドロになったフードであったり、臭いがした場合は胃に入ったものを吐いた嘔吐となります。

似たもので、突出といわれるものがあります。

突出は食道の閉塞や胃の入り口の閉塞が起こって、胃まで食べ物が通過できない場合に吐き出す行為です。

嘔吐と似ていますが、突出の場合は食べている最中に吐き出し、胃液の様な臭いはしないことが多いです。

嘔吐か突出かで考えられる病気が絞れますので、病院に行った際は吐いたものの状態や食後からどれくらいの時間だったかをよく説明してください。

犬に餌を与えてはいけない時、注意すべき時はいつ?

2、痛みがある場合

足が痛い、手が痛い、胸が痛いなど痛みがある場合にも餌を食べなくなる事があります。

直接原因になっているというわけではなく、痛みによってストレスを感じ、ご飯を食べなくなってしまうのです。

3、内分泌系に異常がある場合

糖尿病の場合、血糖値を下げる機能が低下してしまいます。

その為、食事をすると血糖値が急上昇してしまい体調が悪くなるので食欲がなくなります。

4、循環器系に異常がある場合

心臓病や肺疾患を持っている場合、咳き込んだりすることでご飯が食べ辛く、食べるのを途中でやめてしまう場合があります。

餌を食べてくれない時の対策

餌を食べてくれない時の対策

対処法

ご飯を食べてくれない時の対策方法は主に2つです。

  1. 缶詰や好きなもの、トッピングなどを混ぜる
  2. それぞれの食べてくれない理由に合った根本解決

まずどんな場合でも餌を食べないという状態は良くないので、どうにか口に入れてくれるように工夫してあげる必要があります。

①では、缶詰やトッピングを混ぜるとその分カロリーが上がってしまいますので「ドッグフード+トッピング」でどれくらいのカロリーを摂取しているか考えてあげましょう。

そして②のそれぞれの原因に対する根本解決になります。

注意したいこと

病気の場合

病気が原因の場合は、今後療法食を与えるように指導される場合もあります。

しかし、療法食は美味しくない場合が多くなかなか食べてくれない犬が大半です。

療法食も食べてくれなければ良くないので、与え初めは食べられる食材でトッピングをしてあげるなど工夫してあげると良いでしょう。

おやつは食べる

ご飯は食べないけど、おやつは食べる〜といった声を聞く事があります。

もちろんわがままでおやつだけ食べている場合もありますが、体調不良で食欲がないので好きなものしか食べない事があります。

犬は具合が悪いのを隠す動物ですので、飼い主が気付いてあげる必要があります。

まとめ

  • 食欲がなくなる理由は様々。当てはまるものを考えて、原因を特定しましょう。
  • どんな場合でも食べないのはダメ!食べてくれる工夫をしましょう。
  • 食欲がなくてなんだかおかしいな、と感じたらすぐに病院へ!

普段の生活と比べて変わったことはないか、いつもとどう様子が違うか、いち早く気付いてあげることが大切です。

ご飯を与えてその場を去る飼い主さんもいますが、ささいな変化がわかるようにご飯の様子をよく見ていてあげましょう。

また病気の場合は根本治療をしないといつまでも元気になりません。

すぐに対応しないと命に関わる場合もありますので、少しでもおかしいなと感じたら病院に連れて行ってあげることをお勧めします。

動物は口から食べ物を摂取するのが早く元気になる秘訣です。

病気の場合でも食べてくれる工夫を頑張りましょう!

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをS・A・B・Cの4ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-食事

Copyright© ドッグフードのABC , 2017 All Rights Reserved.