Cランク

病院専用だから安全は間違い?ドクターズダイエットの評判

投稿日:2016年11月15日 更新日:

病院専用だから安全は間違い?ドクターズダイエットの評判

ドクターズダイエットは、ドクターズ=医者の・ダイエット=規定食という名の通り、動物病院で販売されているドッグフード です。

医師にオススメされるフードなので安心・安全なイメージがありますね。

動物病院のフードは本当に愛犬に良いの?

通販でも売っているけど通販で購入しても大丈夫?

ドクターズダイエットの口コミや評判とともに、徹底的に評価したいと思います!

ドクターズダイエットの評価

ドクターズダイエットの評価
ドクターズダイエットの評価はCランクです。

  • 添加物の使用がないので安心
  • 各年齢・体質にあわせたケアが出来る

という点では評価ができますが、

  • トウモロコシ、小麦などアレルゲンになりかねない物質の含有が多い
  • ミールの使用など、原材料に不安が残る

ことからこの評価となりました。

ドクターズダイエット以外のドッグフードの評価を見る

ドクターズダイエットの原材料について

ドクターズダイエットの原材料について

トウモロコシ、フィッシュミール、脱脂大豆、おから、動物性油脂、ポークミール、小麦粉、全卵粉末、セルロース、チキンレバーパウダー、フラクトオリゴ糖、ビール酵母、ライスブラン、卵黄粉末(グロビゲンPG)、γ-リノレン酸、グルコサミン、セレン酵母、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンB12、塩化コリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

引用元:ドクターズダイエット 犬用 シニア 1.8kg【petgo】

※今回はドクターズダイエット犬用シニア(旧エイジングエイド)を参考にしています。

トウモロコシ、小麦、大豆の使用有

原料にアレルギーを起こしやすいと言われる「トウモロコシ」「小麦粉」「大豆」の使用が見られます。

アレルギーを起こしやすいだけでなく、ドッグフードをかさ増しする為に使用されることもある原料です。

メインの原料が「トウモロコシ」というのは、果たして健康のためなのか、かさ増しのためなのか・・・?

動物病院専用フードなので「体のことを考えて」だと思いたいですが、犬は本来肉食動物です。

体のことを第一に考えるのであれば良質な肉がメインであって欲しいと私は考えます。

不安な原料の使用有

不安な原料の使用有

ミールの使用

不安な原料の1つである「ミール」を使用しています!

しかも、ドクターズダイエットには肉そのものの使用はなく、「ミール」のみです。

激安のフードではありませんので、質の良い生肉を原料に加えて欲しいところですね。

動物性油脂使用

不安な原料「動物性油脂」の使用があります。

質の悪い食材の使用は下痢などを引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

人工添加物の使用は無

人工添加物の使用は無しで、酸化防止剤は天然の成分を使用しています。

着色料の使用なども無いので、安心できますね。

ドッグフード の注意すべき原料について詳しくはこちら。
注意すべきドッグフードの原材料4つを徹底解説

ドクターズダイエットの生産・販売会社は?

ドクターズダイエットの生産・販売会社は?

エランコジャパン株式会社が製造

ドクターズダイエットは、「エランコジャパン株式会社」が製造販売しています。

実は、以前ノバルティス社のグループ会社である「ノバルティスアニマルヘルス株式会社」が販売していましたが、会社が買収統合されたためエランコジャパンに名前が変わりました。

ドクターズダイエットは準療法食

ドクターズダイエットは準療法食
エランコジャパンでは、2種類の商品を取り扱っています。

  1. ドクターズケア
  2. ドクターズダイエット

ドクターズケアは「療法食」、ドクターズダイエットは「準療法食」です。

参照元:ドクターズダイエット 犬用準療法食【松波動物メディカル】

準療法食は、通常市販されている一般食と、療法食の中間にあたります。

療法食との違いは「病気にかかっていないワンちゃんが食べても問題はない」という点です。

治療目的ではなく、予防目的として与えるイメージというとわかりやすいでしょうか。

ですので、健康なワンちゃんが食べても大丈夫ですが、原料を見る限り、長期に渡って愛犬に与えるにはどうかなという感じですね。

わざわざトウモロコシが主原料の準療法食で病気の予防をしなくても、質の良いドッグフードには、肉メインで、なおかつ健康に配慮されたフードがたくさんあります。

違うドッグフード での予防方法を視野に入れても良いような気がします。

当サイトおすすめの質の良いドッグフードはコチラ。
当サイトおすすめのドッグフード

原産国は日本

ドクターズダイエットの原産国は日本です。

中国産などの使用がないので少し安心ですね。

しかし、製造工場の詳細や衛生基準などが不明なため、絶対に安心!!とは言い切れません。

ドクターズダイエットの購入方法

通販でも購入可能

通販でも購入可能

ドクターズダイエットは通販でも購入が可能です。

動物病院まで足を運ぶ手間を考えると、正直、通販のほうが楽だなと感じませんか?

私は感じます(笑)

ドクターズダイエットは総合栄養食ですので、栄養が酷く偏ってしまう心配はありません。

格安で購入できるネット通販を利用するのも1つの手です。

ただし、格安のネット通販の場合、病院に比べ品質の管理がずさんな場合があります。

その点を踏まえた上で、動物病院で購入するか通販で購入するかを決めましょう。

通販だと魅力半減?

通販だと魅力半減?
私が考えるドクターズダイエットの1番の魅力は、「獣医さんに直接相談して決められる」ということ。

通販で購入する場合、この魅力がなくなってしまいます。

通販で購入の際はこの点もきちんと視野に入れましょう!

ドクターズダイエットのラインナップと効果

ドクターズダイエットのラインナップと効果

公式サイトに詳細なし

ドクターズダイエットの公式サイトにはラインナップや原料の詳細が載っていません。

公式サイトをみてわかるのは

  • 国産であること
  • 動物病院専用フードであること
  • 高い嗜好性であること

だけです。

情報少なすぎっ!!(-_-;)

動物病院専用フードなので、敢えて載せていない可能性もありますが、飼い主としては、公式サイトに書かれている情報が1番最新ですし、1番信頼できるもの。

もっと詳しい内容を記載してほしいものですね。

ラインナップと効果について

ラインナップと効果について

商品名 主に期待できる効果
ドクターズダイエット 犬用 シニア
(旧エイジングエイド)
・高齢犬の健康維持
・歯の健康を維持
・本来備わっている抵抗力の維持
・関節の健康維持
ドクターズダイエット 犬用 皮毛管理
(旧 スキンケア)
タンパク源を米とチキン(純国産)に限定し、食物アレルギーに配慮
ドクターズダイエット犬用 体重管理
(旧ライトカロリーエイド)
・筋肉の健康維持
・関節の健康維持
・歯の健康を維持
ドクターズダイエット 犬用 メインテナンス(pHエイド)
(旧レギュラーメインテナンス )
・歯の健康を維持
・健康な皮膚をサボート
・皮膚コンディション維持
・腸内細菌のバランス維持
ドクターズダイエット 犬用 パピー
(旧パピージュニアエイド)
・歯の健康を維持
・健康な皮膚をサポート
・皮膚コンディション維持
・本来側わっている抵抗力の維持
・腸内細菌のバランス維持
ドクターズダイエット 犬用 避妊・去勢 ・低脂肪、低カロリー エネルギー代謝が落ち、太りやすくなる手術後に必要な栄養素を備えている
・生後6ヶ月齢未満で手術を実施する犬にも対応
・尿石症に配慮
・心身の健康維持

というラインナップがありますので「愛犬に合わせて取り入れる」と良いのではないでしょうか。

参照元:松波動物メディカル

ドクターズダイエットの口コミや評判

ドクターズダイエットの口コミや評判

ダイエットも兼ねてお医者様からすすめられて食べさせています。
12歳と13歳のM.ダックスはもう何年食べているかなぁ~、お陰で元気ですよ。

引用元:アマゾンカスタマーレビュー

太りやすいダックスのオーナーさんの口コミです。

食いつきもよく、カロリーも抑えられているのでダイエットにもなっているようです。

うちのパピヨン、13歳オス
腹をこわし、担当の先生のところへ行った時にコレを勧められました

若干肥満ぎみでどうしようかと思っていたところでも有りましたが、食べ始めて3月位経ちましたが、ボディの状態は今までにないくらいに。

背中も丸く背骨も触れないくらいでしたが、触ってはっきりと分かるくらいに。

後ろ足付け根のひだもぺらぺらと摘んで分かるくらいになりひとまず安心しました。

引用元:アマゾンカスタマーレビュー

ダイエット効果はあったようです!

ただし、ダイエットのしすぎにならないように注意が必要です。

動物病院でみていると、愛犬のダイエットを気にしている飼い主さんのワンちゃんは痩せすぎな子が多いです。

痩せれば良いというものでもないので、標準を維持できるようにしてあげましょう。

動物病院で購入するのであれば、定期的に愛犬の身体の状態をきちんと見てもらい、与える期間や量を獣医さんと相談すると良いでしょう。

まとめ

ドクターズダイエットは動物病院で購入できる製品なので、獣医さんに直接相談して選べるのが魅力です。

しかし、動物病院で購入したからと言って、必ずしも良い原料を使用しているというわけではないことがわかりました。

獣医に勧められたからという理由で安心せず、ご自分の目で原料を見る癖をつけると良いですね。

☞ ドッグフード一覧(当サイトでレビュー)

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Cランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.