Aランク

米では好評価?話題のアーテミスの原材料や評判を調べます

投稿日:2016年11月6日 更新日:

米では好評価?話題のアーテミスの原材料や評判を調べます

ネットでは評判の良いアーテミスのドッグフード。

本社のあるアメリカでもかなり好評価をもらっているフードです。

  • 原材料の品質や内容はどうなのか?
  • 日本の犬にきちんとあっているのか?

アーテミスの「フレッシュミックス」をきちんと評価したいと思います。

アーテミスの評価

商品名 アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグ
総合評価

Aランク

A~Cの3段階で評価

当サイトの評価基準は【ドッグフード一覧ランキング】にて解説

評価項目

第一原料:フレッシュチキン・ドライチキン

その他原料:ターキー・ダック・サーモン等

酸化防止剤:ローズマリーエキス・ビタミンE

人工添加物: なし

「アーテミス」の原料チェックに飛ぶ☟

原産国 アメリカ
第一原料産地 不明
内容量と価格 ・3,743円/3kg
・6,750円/6kg
・12,297円/13.6kg
※全て税抜、公式サイトより
対応年齢 中・大型犬成犬用 1~6歳
販売元 株式会社ケイエムテイ
公式サイト 公式ページを確認する
特徴 プレミアムドッグフードヒューマングレード

アーテミス フレッシュミックスの評価はAランクです!

ヒューマングレードの材料を使用していて、健康なワンちゃんには安心して与えられるドッグフードです。

しかし、複数の肉や穀類を使用しているため、万が一アレルギーになった際に、原因の特定が難しいという不安はあります。

たんぱく源を絞った、グレインフリーの「オソピュア」というラインナップも発売されているので、心配な方はそちらを選ぶと良いでしょう。

また、楽天やアマゾンなどでも購入できますが、並行輸入品も出回っており、品質が悪い可能性もありますので注意してください。

全てのドッグフードの評価を見る

アーテミスはどんなフード?

アーテミスはどんなフード?

アーテミス社は1998年にアメリカ・カリフォルニア州の北ハリウッドで創立された会社です。

世界25カ国で販売されており、アメリカの犬専門雑誌「ホールドッグジャーナル」で最高級品質と評価されている製品です。

原材料には、「ヒューマングレード」である人間の食品基準の素材を使用しています。

アメリカの農務省(USDA)では、食用の素材の安全基準を設定しており、その基準の最高が「human grade(人間向け)」最低が「Feed Grade(家畜向け)」となっています。

アーテミスのフレッシュミックスは、USDAの最高ランク「ヒューマングレード食材」を使用したペットフードですが、激安のドッグフードでは、最低ランクの「家畜向け」に使用されるような品質の悪い肉を使用している事が多いです。

アーテミスの原材料を評価

アーテミスの原材料を評価
アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグの原材料をみてみましょう!

フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー・大麦・玄米・オーツ麦・黍・えんどう豆・えんどう豆粉・卵・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理済)・トマト搾り粕(リコピン)・フレッシュダック・フレッシュサーモン・フラックスシード・チキンスープ(天然風味料)・ドライ魚肉・サーモンオイル(DHA源)・塩化コリン・乾燥チコリ根・ケルプ・人参・リンゴ・トマト・ブルーベリー・ほうれんそう・クランベリー・ローズマリーエキス・パセリフレーク・グリーンティエキス・大麦エキス・L-カルニチン・ラクトバチルスアシドフィルス・ビフィドバクテリウム アニマリス・ラクトバチルス ロイテリ・ビタミンE・キレート鉄・キレート亜鉛・キレート銅・硫酸第一鉄・硫酸亜鉛・硫酸銅・ヨウ化カリウム・チアミン硝酸塩・キレートマンガン・酸化マンガン・アスコルビン酸・ビタミンA・ビオチン・パントテン酸カルシウム・硫酸マンガン・亜セレン酸ナトリウム・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ビタミンB12・リボフラビン・ビタミンD・葉酸

引用元:アーテミス フレッシュミックス アダルトドッグ【株式会社ケイエムテイ】

穀物類を使用

穀類が多め

大麦・玄米・オーツ麦・黍(きび)を使用しています。

穀物類の中では比較的栄養価が高いものを使用していますが、含有量はやや多めです。

穀物類の含有量が多いと、その分肉の量が減ってしまいますね。

穀物アレルギーに注意

穀物類にアレルギーを持っているワンちゃんもいます。

小麦やトウモロコシに比べるとアレルギーになりにくい穀物類ではありますが、アレルギー体質のワンちゃんは注意が必要です。

穀類アレルギーが心配な場合は、「オソピュア」というグレインフリーのラインナップがありますので、そちらを選びましょう。

ドッグフードのグレインフリーとは?効果を解説

人工添加物は不使用

人工添加物は不使用

天然の酸化防止剤を使用

人工添加物はドッグフードの保存期間を長くし、品質を保つ効果があります。

しかし最近では”人工添加物が入っているフードを食べると涙やけが起こる”などの口コミもあり、懸念されている物質です。

アーテミスではこれらの人工添加物は使用していません。

天然成分の物質を酸化防止剤として使用し、フードの劣化を抑えています。

人工添加物に比べると保存期間が短い

しかし、やはり人工添加物に比べると抑制力は弱いです。

一般的な人工添加物を使用しているフードに比べると消費期限は短くなってしまうので、開封後は、極力早めに使い切るように心がけましょう。

ドライ魚肉について

原料に「ドライ魚肉」と記載があり、何の魚を使用しているのか不安な方もいると思います。

公式サイトによると、ニシン科の「メンハーデン」という魚を使用しているとの事。

原材料の肉部分のみを乾燥させているとのことなので、ドライ魚肉の品質に関しては心配する必要はなさそうです。

日本の犬に合ったフード?

日本の犬に合ったフード?

日本向けにつくられてはいない

アーテミスは、日本で販売されているといっても、日本の犬の生活環境や体質に合わせて作られた商品ではないようです。

ドッグフードによっては、日本の気候や日本の犬の運動量などに合わせて、正規品の原材料を調整して輸入している場合があります。

しかし、アーテミスに関しては公式サイトにそのようなことは一切記載されていませんでした。

日本向けに調整しているのであれば、どこかしらにそのことが記載されていると思いますので、特に日本の犬に合わせて原料などの調節はされていないのでしょう。

日本の犬は運動不足

日本の犬は運動不足
日本では散歩の時間が少なかったり、自由に遊べるスペースが少なかったりしてアメリカに比べて運動不足な犬が多いです。

カロリーなどは計算されていますが、きちんと愛犬の運動量を考えてご飯の量を調整する必要があります。

日本の犬はアレルギー持ちが多い

一昔前に比べて、近年の日本の犬達はアレルギー持ちの子が多くなってきました。

人間と同じく、ハウスダストや花粉などでアレルギーを起こす子もいますし、食物アレルギーに悩んでいる犬もたくさんいます。

アレルギー持ちの犬が多くなった原因として、

  • 清潔な環境で飼育されるようになった
  • 様々な化学物質などに暴露される機会が多くなった
  • 毎日同じドッグフードを食べることで、アレルゲン物質が蓄積されてしまった

などが考えられます。

ご飯の管理には注意が必要ですね。

アーテミスのラインナップを紹介

アーテミスのラインナップを紹介
アーテミスには3つのシリーズがあります。

全ラインナップをまとめたので参考にしてください。

シリーズ名 ドライ・ウエット 商品名 対象の犬 特徴
オソピュア グレインフリー ドライフード サーモン&ガルバンゾー 全犬種・全年齢対応 ・白米、小麦、トウモロコシ、麦類を一切使用しないグレインフリータイプ
・たんぱく源もある程度絞られている
バッファロー・サーモン&ガルバンゾー
ダック&ガルバンゾー
缶詰 チキン缶
ダック缶
ターキー&サーモン缶
ラム缶
アガリクス アイエス ドライフード アガリクス I/S 中粒 全犬種・全年齢対応 ・犬の免疫力や自己治癒力UPのために人間用サプリメントで話題の「アガリクス茸」と「乳酸菌」を配合
・複数のタンパク源を使用
アガリクスI/S 小粒
アガリクスI/S ヘルシーウェイト 小粒 成犬・老犬・ダイエット向き
フレッシュミックス ドライフード スモールブリードパピー <小粒タイプ> 小型犬幼犬用離乳期〜12ヶ月以下 ・素材が持つ栄養とおいしさを最大限に活かしたベーシックなシリーズ
・複数のタンパク源を使用
スモールブリードアダルト 小型犬成犬用 1〜7才
アダルトドッグ 中・大型成犬用 1〜6才
ウェイトマネージメント アダルトドッグ 肥満ぎみ・減量が必要な成犬用
ウェイトマネージメント& スモールシニアドッグ 肥満傾向の小型成犬
シニア犬用

上記ラインナップのうち、「アガリクス」と「フレッシュミックス」は多種類のたんぱく源を使用しています。

特定の原料にアレルギーがある場合は、必ず原料名をきちんと確認してくださいね。

参照元:【株式会社ケイエムテイ】

アーテミスの口コミと評価

アーテミスの口コミと評価

食いつきよし

うちはパグの男の子6才です。

このフードにしてからの食いつきがハンパない!笑

食いつきは上々のようです。

ヒューマングレードの新鮮な素材を使用しているので食いつきも良いのでしょう。

皮膚疾患の改善が期待できる

皮膚疾患の改善が期待できる

このフードにして、一ヶ月程してから皮膚の状態が明らかにいい方向になってきました。

たくさんのフードを試しましたが今のところこれが一番あってるようです。

ウンチも少し小さくいい硬さになりました。水で10分程ふやかしてからあげていますが食いつきもよく、しっかり食べてくれます。

いままで皮膚疾患に悩んでいた子も改善がみられたようです。

アーテミスにはサーモンオイルが配合されています。

サーモンオイルは皮膚に良いとされているオメガ3脂肪酸が含まれているので、皮膚に良い効果が現れたのかもしれません。

アレルギーへの効果は

ウチの犬が耳が悪くなりやすく体も他の子より痒がる感じなのでフードを変えてみました。

まだ食べ始めたばかりですが期待を込めて。

アレルギー体質の子は外耳炎になって耳ダレが出たり、耳が悪くなる子もいます。

身体も痒がるようなので、いままでのフードではもしかしたらアレルギー症状が出ていたのかもしれませんね。

アーテミスはきちんと原材料を全て記載していますが、肉や穀物類など、原料に様々な食材が入っているので、どれが原因だかわかりづらいという欠点もあります。

ただ犬二頭に健康面での問題がややあるせいなのか、肌が赤くなってしまったりという事がありました。

何が原因なのかはわからないのですが、合わなかったのでしょう。

品物自体に問題はありませんでした。

アーテミスは穀物類を数種類使用していますし、チキンにターキーと肉も違う種類のものを使用しているので、何かでアレルギーが出てしまったのかもしれません。

環境や洋服でアレルギーが出ることもあるので、一概に食事が原因とは言えませんが注意が必要ですね。

参照元:Amazonカスタマーレビュー「アーテミス フレッシュミックス アダルト」

まとめ

アーテミスは高品質な食材を使用しており、総合的には安心して与えられるドッグフードであると感じました。

しかし、たくさんの種類の肉や穀物を使用しているため、アレルギー持ちのワンちゃんは注意が必要です。

また、価格設定がやや高めの部類に入るため、最安値で買いたい!と感じるかもしれませんが、アマゾンや楽天で購入する際は注意が必要です。

アーテミスには、品質が悪い可能性がある「並行輸入品」が出回っているため、購入の際は、なるべく信頼できる販売元から購入しましょう。

アーテミス以外のAランクのドッグフードを見る

良く読まれる記事

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたおすすめのドッグフードランキング。

1、原材料

2、生産国

3、価格

この3つ軸からドッグフードを比較しました。

グレインフリーって何がいいの?

穀物不使用(グレインフリー)ってよく聞くけど、どんな効果があるの?

グレインフリーの「良い点」「悪い点」「おすすめフード」を徹底解説しました。

ドッグフードの全一覧

ドッグフードランキング

当サイトでレビューしたドッグフードをA・B・Cの3ランクに分けました。

本当に良いフードはどのフード?

-Aランク

Copyright© ドッグフードのABC , 2018 All Rights Reserved.